AIR JAM世代が戻れるはずが無い青春時代に戻れた一日

スポンサーリンク

音楽と出会った小学時代

皆さんは初めて自分のお金で買ったCDを覚えていますか?私が初めて買ったCDはXの『Jealousy』というアルバムと、チャゲ&飛鳥の『SUPER BEST II』です。小学生の私が何故この二枚をチョイスしたのかは分かりませんが、何か惹かれるものがあったのでしょう。

もし「二度と見る事が出来ないかもしれないライブを見れるチケット」が手に入ったとしたら、チャゲ&飛鳥のライブが見たいです。

ビジュアル系バンドと小室ファミリー全盛だった中学時代

中学生になると同級生達の間にはLUNA SEA・GRAY・L’Arc〜en〜Ciel・黒夢などのビジュアル系バンドブームがやってきます。

小学生の時にビジュアル系の元祖とも言えるXが好きだったこともあり一通りCDを借りて聴いてみましたが、私にはいまいちピンと来ませんでした。

時を同じくして同級生の女子が、イェイイェイウォウウォウ言いながら変なダンスを踊る姿をよく目にするようになり、音楽番組では色黒の男女がイェイイェイウォウウォウ言いながら狂気のダンスを踊る姿が。小室ファミリーブームがやってきたのです。

しかしやはり私にはその良さが全く分からず、イェイイェイウォウウォウ言いながら踊る事はありませんでした。

一度だけ文化祭で踊りました。

THE BLUE HEARTSとの出会い

ビジュアル系と小室ファミリーを聴く同級生たちに包囲された私は、相変わらずその良さが理解できずしだいに周りとの距離感を感じるようになっていたのですが、ある日の美術の授業で私の音楽人生に大きなターニングポイントが訪れます。

当時の美術の先生が全く元気が無く、いつものような鋭い眼光も殺意も感じられない日がありました。理由を聞いてみると大好きなTHE BLUE HEARTSが活動休止を発表したというのです。

当時の私はTHE BLUE HEARTSと言うバンド名、リンダリンダという曲名を知っている程度で特に興味も無かったのですが、この先生をここまで凹ませるほどのバンドとは一体どんなバンドなんだと興味を持ち、今まで聴いた事のなかった激しいパンクサウンドに心を奪われました。

Hi-STANDARDとの出会い

高校生になると音楽業界はCDバブル絶頂の時代に突入し、次から次へとミリオンヒットが連発。反抗期だった私の怒りの矛先は何故かJ-POPをロックオンし、アンチJ-POP・アンチオリコンランキングの感情がエスカレートします。

鈴木あみのデビューシングルは買いました。

しかしそんな私の音楽人生に第二のターニングポイントが訪れます。それが、Hi-STANDARDとの出会いです。

激しくメロディックなパンクサウンドで脳に衝撃が走り、次から次へと流れてくる全ての曲がカッコイイ。ハイスタの曲は全て英語だったので最初は海外のバンドだと思っていたのですが、日本のバンドだと知った時は度肝を抜かれました。

虜になってしまった私は、ハイスタについて調べようとしますが当時はインターネットも普及していない上に、滋賀県というど田舎に住んでいた私はほとんど情報を得る事ができませんでした。

インディーズバンドブーム到来

私が唯一ハイスタについての情報を手に入れる事が出来たのが地元のCDショップでした。その店にはハイスタなどインディーズと呼ばれるバンドのCDやフライヤーが置いてあり、私にとって貴重な情報源でした。私はとりあえずハイスタと対バンしているバンドやフライヤーに載っているバンドのCDを片っ端から聴き漁ります。BRAHMAN・SUPER STUPID・HUSKING BEE etc..。ハイスタと同じような音楽なのかと思いきやそういうわけでもなく、全てのバンドが初めて聴くジャンルの音楽でした。

しかし彼らはインディーズバンド。テレビに出る事はないし、オリコンランキングに入る事もありません。ましてやど田舎の高校だったので私の同級生たちはその存在すら知らず、興味すら持っていませんでした。

引き続き反抗期だった私の怒りの矛先は同級生に向かい、「J-POPしか聴かないお前らにハイスタの良さがわかるか!」と変な優越感に浸っていたのですが、私の地元が田舎過ぎただけで日本全国のありとあらゆる高校でインディーズバンドブームは巻き起こっていたのです。

AIR JAM

そんな高校生活を送っているある日、とんでもない情報が飛び込んできます。ハイスタを中心に私が普段聴いていたバンド達が集結し大規模なイベントを開催すると言うのです。それが『AIR JAM』です。

Hi-STANDARD・COCOBAT・COKEHEAD HIPSTERS・GARLIC BOYS・GRUBBY・HUSKING BEE・ヌンチャク・SLANG・SUPER STUPID

このメンツを見たときの衝撃を例えるなら「笑っていいとも」の最終回でダウンタウンととんねるずの共演を目にした時くらいの衝撃でした。

どうしても行きたかったのですが、反抗期を終え何故かホッケー部という県内に三校しかない超マイナーな部活に入ってしまった私は、顧問すら見に来てくれない消化試合出場のため断念。その後ハイスタが活動休止するまでに計五回ほど開催されるのですが結局一度もAIR JAMに行く事は出来ませんでした。

時は流れて2011年、東日本大震災をきっかけにハイスタと共に11年ぶりにAIR JAMが復活。

AIR JAM 2011

この日のチケットにはキャパを大幅に上回る応募が殺到して超プレミアチケットに。しかしホッケー部を卒業しハイスタがきっかけで音楽業界に足を突っ込んだ私は運良くゲスト枠を手に入れて念願のAIR JAMを観ることが出来ました。

尽未来際 〜尽未来祭〜

そして2015年11月14日、幕張メッセで開催されたBRAHMANの20周年記念イベント『尽未来際 〜尽未来祭〜』に当時のAIR JAMに出演していたバンド達がBRAHMANのために再集結するということで、今回は自分でチケットを購入して遊びに行ってきました。

午前十時に集合したのですが、すでに物販ブースには長蛇の列が。歳をとると揚げ物と行列を避けるようになります。

尽未来際 〜尽未来祭〜の物販ブース

今回のライブの同行者は私と同い年の友人・アカシタカヒコ氏とその友人の池氏。もちろん二人ともAIR JAM世代。今回は何故かこの二人の写真を撮る役に抜擢されてしまったので、彼らの写真を中心にお送りします。

幕張メッセに入るハイスタ世代の二人

俺たち、35歳。

物販を早々に断念した私たちは会場内へ。彼らは15年ぶりの再会らしいです。

飲食ブースに向かうAIR JAM世代

会場内には飲食ブースがたくさんあり、会場内は美味しい匂いに包まれていました。

BRAHMANの升

ハイスタにハマっていた頃から20年近く経った今、私たちには飲酒という行為が許されます。

ライブに集中するハイスタ世代

この日の会場はやはり同年代のお客さんが多かったのでしょう。時折モニターに映る客席には明らかにハゲ頭が多かったです。

ちなみに、この二人についてはアカシタカヒコ氏がOMSViというウェブマガジンで記事を書いているので、お手隙の際にご覧下さい。

この日のメンツは公式で発表されていたBRAHMAN・BACK DROP BOMB・COCOBAT COKEHEAD HIPSTERS・Hi-STANDARD・HUSKING BEE・MONGOL800・SCAFULL KING・SLANGに加えてシークレットゲストでSUPER STUPIDが復活するという大事件が勃発。同世代にしかわかりませんが、色々あったんです。

個人的に感動したのがモンパチのセットリスト。今のモンパチしか知らない世代には分からないような昔の曲をやってくれて、愛をとても感じました。

またAIR JAM 2011の時もそうだったのですが、ハイスタを聴いて青春時代を過ごした世代は家族持ちになっている事が多く、会場には親子で観戦している姿もたくさん見かけました。

ハイスタンダードを観る親子

世代を超えてAIR JAM観戦。こんな素敵なシーンを観れるのもBRAHMANやハイスタをはじめとしたAIR JAM世代のバンド達が今でも活動を続けてくれているからだと思います。

青春時代に戻る事は出来ないと思っていましたが、この日だけは青春時代にタイムスリップすることができました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)