飼い方・飼育日誌

フトアゴヒゲトカゲのボビングとアームウェービング

ワームウェービングをするハテナ

犬や猫と違い、感情を表情や行動から察する事が難しいフトアゴヒゲトカゲですが、彼らの意思を確認出来る行動が2つ有ります。それがボビングアームウェービングです。

ボビングとは?

主に雄に見られる行動で、自分の縄張りを主張して威嚇したり雌に対する求愛の行動だと言われています。

特徴①顎を真っ黒にして膨らませる

通常時はほとんど白に近い顎が、信じられないくらい真っ黒に染まります。ほんのり黒いとか言うレベルではなく、初めて見たときは目を疑うほどの黒さでした。

ちなみに雌のハテナも何に対してなのかわかりませんが、たまに顎を膨らませて怒りを露わにします。

特徴②頭を激しく上下に動かす

顎を真っ黒にして膨らませた状態で、頭を上下に激しく動かします。その姿はまるでヘッドバンキング。フトアゴヒゲトカゲの雄同士が遭遇するとボビング合戦が始まります。

特にどんぐり氏のボビングは非常にキレがあり、頭を上下に振ると同時に手で地面を叩きつけます。よっぽど腹が立っているのでしょうか。

この動画はどんぐり氏がよりにもよって私の股間で寛いでいる時にギドラ氏と目が合いボビングを始める瞬間です。フトアゴヒゲトカゲの怒りの鉄拳を股間に食らう飼い主もなかなか珍しいのではないでしょうか。

アームウェービングとは?

ボビングとは対照的に、相手に対して敵意が無い事を知らせたり降参の意思を表す行動です。また雌の場合は雄の求愛(ボビング)に応えるという意味もあるそうです。

特徴①手をゆっくりと回す

アームウェービングは片手をあげてぐるりと回します。その姿は手をふるように見えるのでとても愛らしいです。

どんぐり氏がまだベビーだった頃はギドラ氏に対してよくアームウェービングをしていました。

しかし今では完全に立場は逆転しギドラ氏とどんぐり氏のボビング合戦が始まると、すぐにギドラ氏がアームウェービングを始めます。

一応ギドラ氏の方が先輩なのですが、フトアゴ界は実力主義のようです。新入りのハテナも小さい頃にスイッチが入り、延々とアームウェービングを続けたことがありました。

この頃はまだベビーで他の大人トカゲたちが怖かったのでしょうか。今では誰が威嚇してこようと、アームウェービングをするどころか、完全無視です。

ABOUT ME
ウォーキー
ウォーキー
デザイン・イラスト制作/アーティストグッズ企画・製作/ライブハウス・音楽レーベル運営から趣味ブログまで、色んな事をクリエイトしています
木製ケージにしませんか?
木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

気になる価格や仕様をチェック