日光浴はなぜ必要?フトアゴヒゲトカゲのバスキングスポット

フトアゴヒゲトカゲにとって重要な役割を持つバスキングスポット。もはや当たり前のように使われている言葉ですが、一体どのような役割を持つのでしょうか?

スポンサーリンク

バスキングスポットとは?

バスキングをするギドラ氏

バスキングとは日本語で「日向ぼっこ」や「日光で暖まる」と言った意味があります。本来野生のフトアゴヒゲトカゲはいつでも太陽の下で日光浴をできますが、日本の飼育下(ケージ内)で生活するフトアゴヒゲトカゲはそうもいきません。

そこでケージ内で生活していてもいつでも日光浴が出来るように、ケージ内に人工的に太陽を作り擬似的に日光浴できる場所を作る必要があります。それがバスキングスポットです。

バスキングが必要な理由

そもそも何故フトアゴヒゲトカゲはバスキング(日光浴)をする必要が有るのでしょう?

紫外線を浴びるため

日光浴をする爬虫類のどんぐり氏

フトアゴヒゲトカゲは紫外線を浴びる事で体内にビタミンD3を生成したり、新陳代謝を促進したりします。

爬虫類の飼育に必要な紫外線ランプ。様々なメーカーから多種多様な商品が発売されていてチョイスに悩みます。今回はどんな紫外線設備が最適なのかを考えてみました。&

そのためバスキングをして紫外線を浴びる必要が有ります。

体温を上げるため

気持ち良さそうにバスキングをするギドラ氏

フトアゴヒゲトカゲは体温を上げる事で食欲を増進させたり消化器官を活性化させます。しかし彼らは変温動物なので、自分で体温を上げる事が出来ません。そこでバスキングをして熱を吸収し体温を上げる必要が有るのです。

バスキングスポットの作り方

フトアゴヒゲトカゲにとってバスキングがとても重要な事だとわかりました。ではケージ内にバスキングが出来る場所、バスキングスポットをどうやって作れば良いのでしょう?

人工的に太陽を作る

太陽から照射されているのは「紫外線」と「熱」です。この二つを照射するランプを併用して人工的に太陽を作ります。

①紫外線を照射するランプ

様々なメーカーから紫外線ランプは販売されているので、環境に合わせて適した紫外線ランプを選択します。しかしかなりの種類の紫外線ランプが販売されているのでどれにすれば良いか悩みどころです。私が個人的にお勧めする紫外線ランプは『レプティサン10.0UVB』シリーズです。

②熱を照射するバスキングランプ

こちらも様々なメーカーから販売されています。また、同じシリーズでも数種類のワット数が販売されているので、季節によって使い分けるとケージ内の温度を調整しやすいです。私がお勧めするのは『サングロー タイトビーム』シリーズです。このシリーズは熱をピンポイントで照射するので熱が拡散せず、ケージ内に温度勾配をつけやすくなります。

③紫外線も熱も照射するランプ

現在私が使用しているのは「紫外線」も「熱」も同時に照射する『ソラーレUV70』です。これ一つあれば①と②を併用する必要はありません。

初のメタハラとなるソラーレ UV70を導入しました。紫外線の効果や使用感をご紹介します。

飼育環境によっては使いづらいかもしれませんが、私は今後生体が増えた場合も『ソラーレUV70』しか選択肢はないと言い切れるほどお気に入りです。(※回し者ではございません)

バスキングストーンを設置する

「紫外線ランプ」と「バスキングランプ」で人工的に太陽は作る事が出来ましたが、これだけだと背中だけしか暖める事ができません。そこで照射ポイントにバスキングストーンを設置します。

バスキングストーンの上のどんぐり氏

こうすることでフトアゴヒゲトカゲのお腹も暖める事ができ、効率よく消化器官を活性化させる事が出来ます。設置するのは流木やシェルターでも良いのですが、熱の吸収力や保温力が優れている天然石がお勧めです。

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類に適したバスキングストーンとはどのような材質・形状なのか、どうやって手に入れるのかをご紹介します。

また天然石の大きさや種類によっては暖まりにくい場合が有ります。その場合は溶岩プレートを下に敷くのがお勧めです。

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類に溶岩プレートがオススメです。なぜオススメなの?どこで入手できるの?溶岩プレートに関する様々な疑問を解決します。

まとめ

これでケージ内でいつでもバスキングできる環境を作る事が出来ました。しかし本物の太陽の下でバスキングさせてあげると比べ物にならないほど生体が元気になります。気温の問題も有るので季節によっては難しいと思いますが、出来る限り本物の太陽の元での日光浴をさせてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう