専用ケージ台付き爬虫類用木製ケージ製作

製作をご依頼いただく木製ケージで、メタルラック用木製ケージと並んでご依頼が多いのが専用ケージ台とセットでの製作依頼です。オーダーメイドのケージ台なので設置環境に合わせて様々な形での製作が可能です。

スポンサーリンク

木製ケージ専用ケージ台

底上げ用ケージ台

底上げ用ケージ台

ケージを床に直置きするのではなく、少し底上げすることで底冷えを防ぐ事ができます。また爬虫類は上からの人影に敏感なので少し底上げする事でストレスの軽減にも繋がります。

低いタイプのケージ台

こちらのケージにはボールパイソンが入居されました。メタルラックと組み合わせる事で室内の空間を有効利用できます。

ボールパイソン

通気口から覗く顔が可愛すぎます。

高いタイプのケージ台

高いタイプのケージ台

こちらは高さ600mmのケージ台です。これくらい高さがあればケージ台を収納スペースとして使用可能です。ケージ幅1500mm、奥行き600mmと大型ケージになります。

高いタイプのケージ台設置例

このケージにはラフネックモニターが入居されました。納品後にお客様の方で塗装されたのですが、雰囲気がガラッと変わりますね。塗料によっては木材の耐久性・耐水性を高める事ができるので塗装はとてもオススメです。

タワー型木製ケージセット

タワー型木製ケージ

木製ケージ・ケージ台の下にさらに木製ケージを設置する事で爬虫類タワーの完成です。下のスペースにはガラスケージを設置することも可能ですが、やはり木製ケージで合わせた方が統一感があります。

ニューギニアグールドモニター(ヒャクメオオトカゲ)

上のケージにはニューギニアグールドモニター(ヒャクメオオトカゲ)が入居。ケージ幅は1200mmあるのでまだ広々としていますが、雄の場合は1〜2年で手狭になってしまうとのことです。

ヒョウモンガメ

下の階にはヒョウモンガメが入居されました。最近亀用の木製ケージを作る機会が多くお客様から送っていただくレイアウト写真を見ているうちに、私も亀熱がどんどん高まってきました。

まとめ

ケージ台は高さを自由に決める事ができるので設置環境に合わせて自由に設計が可能です。もちろん市販のキャビネット等を使用することも可能ですが、木製ケージと統一して一つのインテリアとして室内を彩るのもオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)