ジェックス オーナメントクリーナーで餌入れを洗浄してみた

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類を飼育する中で、日々のメンテナンスが必要となる餌入れと水入れ。特に餌入れは野菜やフードの汚れがこびり付きやすく、洗浄も一苦労です。

今までは食器用洗剤とスポンジで洗っていたのですが、界面活性剤が十分に流せていなかった時の成体への影響を考えるとやや不安でもあります。

そこで何か良い方法はないかなと色々と考えていたところ、ジェックスの『オーナメントクリーナー』という商品を発見しました。

スポンサーリンク

ジェックス オーナメントクリーナー三つの売り文句

ジェックス オーナメントクリーナー

①天然由来の原材料を使用

『オーナメントクリーナー』の原材料はバチルス菌非イオン界面活性剤となっています。

バチルス菌って何?

  • バチルス菌は、日本では枯草菌という名前で古くから親しまれている微生物です。
  • 枯草・稲ワラ・落ち葉・堆肥・塵や淡水・海水など自然界に広く分布しています。
  • 食品としてお馴染みの納豆菌も枯草菌の仲間のひとつです。
  • 主に酸素を好む好気性細菌です。
  • 水分が20%以上、酸素の存在、温度10℃〜65℃の範囲で活動できます。
  • 活動環境条件から外れると、殻の固い胞子を形成して休眠状態になります。
  • 胞子形成後は、100℃の高温、氷点下付近の低温、紫外線照射などの大きな環境変化に耐え抜く、特徴的な能力を持っています。
  • 栄養源になる有機物があると有機物を分解し、増殖します。
  • 動物の腸内細菌の改善、土壌の微生物叢の改良に利用されています。
  • 食中毒菌である病原性大腸菌O-157やサルモネラ菌の生育を阻害することが、大学等の研究で判明しました。
  • 枯草菌の増殖力は極めて強く、抗菌性物質を分泌し、また他の菌の生活の場を奪います。
  • 皮膚病の治療にも使われています。免疫賦活作用を持つものがいます。

出典:株式会社ビッグバイオ

非イオン界面活性剤って何?

非イオン界面活性剤(ひイオンかいめんかっせいざい、Non-ionic surfactant)は水に溶けてもイオン性を示さないが、界面活性を呈する界面活性剤。
出典:wikipedia

バチルス菌が汚れを分解し非イオン界面活性剤が汚れを浮かせて取るらしいですが、何より生体への影響を心配しなくて良い所が嬉しいですね。

②汚れを取り除く事で、ケージ内の臭いも軽減

そりゃそうでしょう。

③使いやすいスプレー式ボトル

スプレー式なので直接餌入れや水入れ全体に噴射する事が出来ます。一度スポンジに出す必要があるジェルに比べると手間は省けそうです。

オーナメントクリーナーを使ってみる

爬虫類用の餌入れと水入れ

今回『オーナメントクリーナー』で洗浄するのはこの三点です。

フードの汚れがこびりついた餌入れ

フトアゴヒゲトカゲにフードを与える時は水でふやかして与えるので、どうしても乾いた後に餌入れにフードがこびり付いてしまいます。これがカチンコチンで洗っても簡単には取れないんです。

水入れの白い汚れ

水入れで気になるのがこの白い汚れ。水垢なのか石灰なのか分かりませんがブラシでこすっても全然とれません。

餌入れ・水入れに直接スプレーする

オーナメントクリーナーを噴霧した餌入れ

まずは餌入れに『オーナメントクリーナー』を直接スプレーします。餌がこびり付いている部分には多めにスプレーしました。同じく水入れにもスプレーしてから数分間ほど放置します。

ブラシでこする

水入れをブラシでこする

次にブラシでこすり洗いします。スプレー自体は透明の水のような液体なのですが、ブラシでこすると結構泡立ちます。

こすり洗いできたら水で洗い流します。食器用洗剤のようにヌルヌルしていないのでスムーズに洗い流すことができます。

餌入れを天日干し

洗い流したら綺麗な布等で水気を拭き取り乾かします。この日は天気がよかったのでどんぐり氏と一緒に天日干ししました。

洗浄結果

洗い終わった餌入れと水入れ

餌入れはこびり付いたフードも綺麗に取れて、新品のようにピカピカになりました。

水入れの白い汚れ

残念ながら水入れの白い汚れはほとんど取れていませんでした。何なんだろうこの汚れ。

まとめ

率直な感想としては洗浄力は素晴らしいと思いますが、今まで使っていた食器洗い用洗剤も洗浄力はかなりあったので、どっちが上とは一概には言えません。

しかし飼育者の立場からするとやはり生体に影響のない原材料と使っている点が大きいと思います。また食器用洗剤よりも水で洗い流しやすく、毎日の事だと思うと『オーナメントクリーナー』の方がかなり楽になると思います。

価格には若干割高感を感じますがトータル的に考えるととても良い商品なので、我が家では日々のメンテナンスアイテムとして愛用して行こうと思います。あとは水入れの白い汚れをなんとかしなければ。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)