地震などの災害に備えよう!日常備蓄・防災グッズ・防災用品

熊本地震から三週間が経ちましたが未だに余震が続いているようです。地震大国とも呼ばれている日本は、いつどこで地震がやってくるか分かりません。そんな地震等の災害に備えて、防災用品を用意している家庭も増えて来ているようです。

「備えあれば憂いなし」と言う言葉がありますが、我が家でも万が一に備えて防災用品・日常備蓄を用意する事にしました。

スポンサーリンク

非常持ち出し品(一次持ち出し品)

避難した時に当面必要となる最小限の物をリュックなどにまとめておきます。重くならないように必要最低限の物を選別するのがポイントです。

貴重品

健康保険証 身分証明書 母子健康手帳 預金通帳
印鑑 現金 生命保険契約番号  
普段も使う機会があると思うので、リュックには入れずにファスナー付きのビニールケースに入れて保管し、いざと言う時にすぐ持ち出せるようにしておくと良さそうです。

便利品

懐中電灯(予備の電池) ヘルメット・防災頭巾 笛やブザー 万能ナイフ
使い捨てカイロ マスク ビニール袋 軍手・革製手袋 
毛布 スリッパ アルミ保温シート マッチ・ライター
給水袋 雨靴 レインコート ヘルメット・防災頭巾

情報収集品

携帯ラジオ(予備の電池) 小銭 家族の写真 携帯電話
非常用携帯電話充電器 筆記用具    

衣類・医療品

救急セット 常備薬 お薬手帳 タオル
ティッシュ トイレットペーパー 着替え 下着

食料品

非常食 飲料水    

その他

紙おむつ・生理用品・メガネ・コンタクト・杖など自分の生活に欠かせないものを用意しておきます。

日常備蓄(二次持ち出し品)

東京防災

以前我が家に「東京防災」という冊子が届きました。東京の各家庭に配られているようなのですが、これがなかなか役に立ちます。東京以外にお住まいの方にもとても役に立つ情報満載なので、今回はこの「東京防災」を参考に『日常備蓄』の準備をします。

東京防災 日常備蓄

出典:東京防災

日頃から自宅で利用・活用している物を少し多めに購入しておく事『日常備蓄』と言います。地震等の災害が起こったとき、支援が届くまで少なくとも1週間は誰にも頼らず暮らせるように備えます。

参考モデル:夫婦と乳幼児1人、高齢女性1人の4人家族

今回は『東京防災』の冊子で紹介されているモデルケースを参考に見てみましょう。

40歳(教師・カレーが大好き)
36歳(保険会社勤務・現在育児休暇中・コンタクトレンズ使用)
11ヶ月(卵アレルギーがある)
祖母
70歳(高血圧・入れ歯・耳が遠い)

被災地の経験から

日常使い(常にキープしておく分) 災害への備え
水(飲料用・調理用など)2L 12本 簡易トイレ 約30回分(複数回使用)
カセットコンロ 1台・カセットボンベ 6本 懐中電灯 2個
常備薬・市販薬 各1箱 乾電池
  手回し充電式などのラジオ

被災地の避難生活を経験した方が重宝したというアイテムです。中でも「簡易トイレ」「手回し充電式ラジオ」を常備している家庭は少ないのではないでしょうか。

食品

日常使い(常にキープしておく分) 災害への備え
主食(無洗米5kg・レトルトご飯 6個・乾麺1パック・即席麺3個)  
主菜(さばの味噌煮・野菜等の缶詰)各6缶  
レトルト 9パック  
缶詰(果物など) 1缶  
野菜ジュース 9本   
飲料 500ml 6本  
チーズ・かまぼこなど 各1パック   
菓子類 3個  
栄養補助食品 3箱・健康飲料粉末 1袋   
調味料 各1式   

こうして見るとけっこうな量ですが、1週間を暮らすにはやはりこれくらいの備蓄は必要になりそうです。

生活用品

日常使い(常にキープしておく分) 災害への備え
大型ビニール袋・ゴミ袋 各30枚 携帯電話の予備バッテリー 3個(携帯電話の台数分)
ビニール袋 ラテックス手袋 1箱・約100枚
救急箱  
ラップ 1本  
ティッシュペーパー 5個入り×5個   
トイレットペーパー 12ロール  
除菌ウェットティッシュ 1箱 約100枚   
使い捨てコンタクトレンズ 1ヶ月分  
使い捨てカイロ 10個   
点火棒 1個  
生理用品 約60個  
歯ブラシ・歯磨き粉  

「東京防災」には記載されていませんでしたが、個人的に「歯ブラシ・歯磨き粉」はあった方が良いと思ったので追加しておきました。

乳幼児

日常使い(常にキープしておく分) 災害への備え
スティックタイプの粉ミルク 約20本(アレルギー対応)  
離乳食 1週間分以上(アレルギー対応)  
お尻拭き 1パック  
おむつ 約70枚  

高齢者

日常使い(常にキープしておく分) 災害への備え
おかゆなどの柔らかい食品・高齢者用食品 1週間分以上  
常備薬(処方薬) 1ヶ月分  
補聴器用電池 6個  
入れ歯洗浄剤 約30錠  

家族に乳幼児・高齢者がいる場合はさらに配慮が必要になります。また「東京防災」には記載されていませんでしたが、ペットを飼育している場合はペット用品の備蓄もしておく必要があります。

上記リストを参考にして、各家庭にあった物を備蓄しましょう。

まとめ

こうしてまとめてみると食料・生活用品・日用品などかなりの物量になりそうです。しかしこの備えが有るのと無いのとでは、災害が起きた時の状況が全く変わってきます。

また準備しただけで安心せずに、いざと言う時にちゃんと役に立つよう定期的な点検・交換を心がける事も大事です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)