フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要な紫外線ライト等の設備

1月に爬虫類倶楽部でフトアゴヒゲトカゲと対面し、Lovelyフトアゴ生活入りを決めてから2ヶ月後。春も近付いて来たと言う事でそろそろ受け入れ時期を考え始めました。4月上旬に1週間ほど休暇をとり旅行に行くので生体の受け入れはそれ以降になるとしても、早く受け入れたいという気持ちを紛らわせるために、とりあえず飼育環境だけ整える事にしました。

フトアゴヒゲトカゲの魅力にとりつかれ、ついに飼う事を決心した爬虫類初心者が飼育前にした事をご紹介します。

フトアゴヒゲトカゲの飼育には温度管理がとても重要との事なので、いきなり生体を受け入れるのではなく先に飼育環境を整えて温度管理を予めテストしておいた方が安心です。ということでさっそく爬虫類倶楽部中野店へ。

スポンサーリンク

Lovelyフトアゴ生活は突然に

この日は爬虫類倶楽部で飼育セットとその他フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要になりそうな物を店員さんのアドバイスを聞きながら購入。そしてせっかくなので生体について色々と質問しながら再びフトアゴヒゲトカゲたちとご対面したのですが、その中に一人とても気になる奴が。。。

何と言いますか、理想はなかったはずなのに、全てが理想通りという感じ。プロフィールをよく見てみるとフトアゴヒゲトカゲとローソンアゴヒゲトカゲというトカゲのハイブリッド種、その名もビティキンスドラゴン

か、かっこいい!!

しかし予定では4月の旅行が終わってから受け入れる事にしているので、今受け入れる事は出来ません。それに4月になればもっと良い出会いがあるかもしれないと言い聞かせこの日は帰宅。帰宅してからも彼の事が私と嫁さんの脳裏から離れず、翌朝家族会議の結果、あっさりビティキンスドラゴンを受け入れる事にしました。

生体を受け入れる前に飼育環境を整える

フトアゴヒゲトカゲの飼育道具一式
フトアゴヒゲトカゲ(正確にはビティキンスドラゴン)の受け入れが急遽決まったので、すぐに環境づくりに取りかかります。写真の通り飼育にはたくさんの機材が必要になるので、必要な物をコンプリートしてくれる飼育セットはとても助かります。

もちろんそれぞれの機材に重要な役割があるため、セッティング前にそれぞれの役割を理解しておくことにしました。

飼育ケージ

爬虫類倶楽部のオリジナル飼育ケージ

家に置いてみるとけっこう大きく感じる。

フトアゴヒゲトカゲの家になる飼育ケージ。これがないと始まりません。ハチクラオリジナルの飼育ケージでサイズはW600×H450×D45です。フトアゴヒゲトカゲの成長を考えるとW900のケージの方が理想的だと思うのですが、部屋の広さを考えると我が家ではこのサイズが限界でした。ただ受け入れるローソンとフトアゴのハイブリッドは両種の中間サイズくらいにしか成長しないとの事なので、結果的にちょうど良かったかなと思います。

ハチクラオリジナルケージ以外にも色んなメーカーからケージは出ていますが、どのケージも爬虫類飼育専用なので使い勝手は良さそうです。

追記

このサイズだとケージ内に温度勾配をつけにくく、生体にとっても少し狭いように感じたので、現在は自作した木製ケージ(900幅)を使用しています。

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なケージには様々な素材の物がありますが、今回は自作する事にした木製ケージのメリットをご紹介します。

また木製ケージ製作・販売も承っています。

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用の木製ケージの製作受注を開始しました。

バスキングライト

バスキングライト

バスキングって何だか響きがカッコいい。

爬虫類初心者の私は初めて耳にするバスキング(basking)と言う言葉ですが、日光浴をして体を温める事をバスキングと言います。このバスキングライトがケージ内でもフトアゴヒゲトカゲが日光浴して体温を上げるスポットを作ってくれる頼れる兄貴的なライトなのです。

紫外線ライト

紫外線ライト

UVケアは不要。

爬虫類の健康にとても大事な紫外線。フトアゴヒゲトカゲは紫外線を浴びる事で新陳代謝を活発化したり体内にビタミンD3を作ったりします。蛍光管タイプや電球タイプのものなど色々な種類がありますが、ハチクラセットにはスパイラルタイプの紫外線ライトがついていました。

紫外線ライト用ソケット

紫外線ライト用ソケット

まるで太陽拳。

紫外線ライトをセットしてしようする照明器具です。内側が反射板になっているのでライトの光を効率的に照射してくれます。ハチクラセットに紫外線ライトは一つしか付いていませんでしたが、この機具には3つまで付ける事が出来るようです。

追記

現在は紫外線ライトとバスキングライトを兼用出来るソラーレUV70を使用しています。

初のメタハラとなるソラーレ UV70を導入しました。紫外線の効果や使用感をご紹介します。

全体保温球

全体保温球

赤い光を放って何だかカッコいい。

ケージ内をオーストラリア出身のフトアゴヒゲトカゲに適した温度に保つための保温球。赤い光を放つタイプの電球なのですが、トカゲには見えない光なので夜中に点灯していても睡眠の妨げにはならず優しく暖かさを保ってくれるまさに爬虫類の母的なランプなのです。

※色々と調べてみると生体によっては赤色が見えていて睡眠の妨げになっている可能性があると言う説もあるようです。

爬虫類には見えないと言われる赤い光を放つ保温球ですが、中には見えている生体もいるようです。

と言う事で現在はポゴナクラブの『ムーンシャワー』という保温球を使用しています。

爬虫類の保温球を見直すため、候補であるポゴナクラブの「ムーンシャワー」とビバリアの「エミート NEO CL」を比較検証してみました。

クリップ型ソケット

クリップ型ソケット

太陽NEO。

保温球、バスキングライト用のソケットが二つに加え、これを挟んで設置する事が出来るプレートのような物もセットされていました。このソケットは100Wまでであればどんなライトにも交換出来るので末永くお世話になりそうです。

サーモスタット(タイマー付き)

タイマー付きのサーモスタット

温度管理人。

ケージ内の温度を自動で管理してくれる優れもの。これがあれば仕事の帰りが遅くなっても安心ですね。むしろこれが無いと我が家ではフトアゴヒゲトカゲを飼う事が出来ません。

温度計

マルチ水温計

水陸両用。

ケージ内の温度管理に温度計は必須なので、水温気温両方計れる温度計を購入。観賞魚用水温計となっていますが、室温も計れる優れもの。温浴をするときにも重宝しそうです。
※ハチクラセットではありません

暖突(保温器具)

暖突M

完全にオヤジギャグ。

我が家は冬場暖房を使わないので室温が低く、ケージ内の温度も上がりにくいと思ったので念のため予備保温用にフタに取り付けるタイプのヒーターを購入。
※ハチクラセットではありません

餌入れ・シェルター・流木

餌入れ・シェルター・流木

ワクワクしてきた。

その他ケージを彩る備品たち。フトアゴヒゲトカゲを飼う上で、ケージ内のレイアウトを考えるのもとても楽しいんです。ここで餌を食べて、食後はここでバスキングして、夜はここで寝る。そんな彼らの姿を想像するとワクワクが止まりません。ちなみに私は流木を選ぶのに一時間かかりました。

バックボード用炭化コルク

バックパネルがガラスのままだと寂しいので、炭化コルクボードというパネルも購入しました。本当は野性感たっぷりのケージレイアウトにしたかったので、コルク樹皮を買いたかったのですが適当なサイズの在庫がなく断念。しかし炭化コルクは脱臭効果もあるようなのでこれはこれでありです。
※ハチクラセットではありません

追記

現在は造形用モルタルで自作したバックボードを使用しています。

フトアゴヒゲトカゲのケージにレイアウトするバックボードの自作に挑戦しました。今回はベース作りの様子をご紹介します。

当初はシェルターをバスキングストーンとして使用していましたが、現在は天然石をバスキングストーンとして設置しています。

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類に適したバスキングストーンとはどのような材質・形状なのか、どうやって手に入れるのかをご紹介します。

現在床材にはサンドマットを使用しています。

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類を飼育する上で必要になる床材。数ある床材の中でジェックスのサンドマットを選んだ理由をご紹介します。

まとめ

ハチクラセットに加えその他必要な物を買い足し、これで一通り必要な物は揃いました。予想はしていましたがなかなか初期費用がかかります。しかしこれも念願のLovelyフトアゴ生活の事を考えると痛くも痒くもありません。フトアゴヒゲトカゲ初心者の私ですが、機材の役割を理解するとボンヤリと飼育イメージが湧いてきました。

これから飼育をお考えの方はフトアゴヒゲトカゲと暮らす本参考にすると効率的に理解出来るのでオススメです。

さて、次はいよいよ緊張のセッティング編です。すでにワクワクが止まりません。

続きはこちら。

フトアゴヒゲトカゲを迎え入れる前に、購入したフトアゴ飼育設備セットをセッティングし温度管理を万全にチェックします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. フトアゴ より:

    参考になります。 他も色々書いて下さい!

  2. アゴヒゲ より:

    初心者なのでとても助かってます!ハイメタはサーモスタットのどのコンセントにさせばいいのですか? 的外れな質問かも知れませんがお願いします

    • ウォーキー より:

      >>アゴヒゲ さん

      バスキングランプ・紫外線ランプ・メタハラ類はサーモスタットの「タイマー」に差し、保温球・暖突・パネルヒーター類は「サーモ」に差して使用します。