近江牛を食べたい!彦根城の周辺を散策-滋賀観光-

二十年ぶりの曳山祭りの翌日、せっかく地元に帰って来ているので隣街の彦根に行ってきました。

毎年四月に開催される滋賀県長浜曳山祭りに行き、桟敷席でこども歌舞伎を観覧しました。

彦根は元々観光地として有名だったのですが、ここ数年は某ゆるキャラの活躍で若者にも人気の観光スポットになっています。今回は彦根の中でも定番である彦根城周辺を散策してきました。

スポンサーリンク

玄宮園

玄宮園の入り口

彦根城の北東にある大名庭園・玄宮園。実はここには何度も来ているのですが、季節によって景色が全く変わるので何度来ても楽しめる観光スポットです。

玄宮園からの眺め

敷地内はかなり広くほとんどが池なのですが、この池がまた良い雰囲気を醸し出します。特にオススメの季節である11月には園内がライトアップされ、水面に映る景色はまさに絶景です。

玄宮園の中のお茶屋

玄宮園には茶室がありお茶とお菓子を頂く事が出来ます。つい先日『芸能人格付けチェック』で茶室でのマナーについて知識を得ていたので、ここぞとばかりにお茶を頂きました。

玄宮園の茶室からの眺め

この景色を観ながらお茶を頂くと一句詠みたい気分でしたが、これと言って何も思い浮かびませんでした。

彦根城

彦根城のお堀

玄宮園を出て彦根城に向かいます。彦根城の周りは大きなお堀で囲まれていて、敵が攻めにくく作られています。彦根城にはいくつか門があるのですが、今回は玄宮園から一番近い黒門から入る事にしました。

黒門から彦根城への道

登山開始。

前を行くおじさんの「山かよっ!!」という心の叫び声が背中から聞こえてきそうです。

黒門から彦根城への道2

想像以上の険しさ。

登っても登ってもゴールは見えず、近付いてくるのはおじさんだけ。

黒門から彦根城への道3

おじさんもしょんぼり。

ひたすら登り続けおじさんに追いついたあたりでやっと石垣が出てきました。

黒門から彦根城への道4

おじさん→おばさん

おじさんを追い越しさらに登り続けると今度はおばさん達が見えてきました。このあたりでやっと城っぽさが出てきます。

黒門から彦根城への道5

おばさん達もしょんぼり。

さらに登り続けて数分、やっと平坦な場所へ辿り着きました。

彦根城に到着

そしてついに。

彦根城に到着!!

しかし私のテンションとは裏腹に、彦根城には誰も見向きもせず何やら一カ所に人が集まっています。

ひこにゃんの後ろ姿

ずっと鞄を見つめている生物が。

この後ろ姿。

ひこにゃん

何やら鞄から取り出そうとしている様子。

出ました。

ひこにゃん

自慢げにお寿司(エビ)を披露。

ひこにゃんです。

元祖ゆるキャラと言っても過言ではないひこにゃんですが、ゆるすぎて出番の30分間ほとんど動きません。

彦根城天守の入り口

早々にひこにゃんに飽きてしまったので、彦根城の中に入ってみました。

鉄砲狭間

ここから敵を撃つそうです。

城内には敵から城を守るための物騒な工夫が多々見られます。

彦根城の階段

運動不足の大人達がヒーヒー言うてます。

とても急な階段を登り上へ向かうのですが、急すぎてけっこう膝に来ます。昔の人は大変でしたね。

彦根城からの眺め

あの人だかり、ひこにゃんがまだ粘っているようです。

最上階からは彦根の街が一望出来ます。

マザーレイク・琵琶湖。

逆側からは琵琶湖も見えます。こうして見るとかなりの高さを登って来た事がわかります。おじさんは大丈夫かな…。

正面から見た彦根城

桜の季節もオススメです。

改めて正面から彦根城を見てみましょう。春は桜、夏は蚊、秋は紅葉、冬は雪景色を楽しめます。

姫路城、松本城、犬山城とともに国宝に指定されている彦根城。天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、年間を通じて多くの人々が訪れます。

ご城下にぎわい市

ご城下にぎわい市のテント

彦根城の近くにある広場では「ご城下にぎわい市」という物産展が開催されていました。近江牛・鮒寿司・ひこにゃんグッズなど滋賀県の特産品が販売されています。

ご城下にぎわい市のベンチ

何この絵に描いたような幸せ家族。

物産展ではお弁当も販売されていて、公園に設置されているベンチで食べる事も出来ます。天気も良かったので私もここで昼食をとる事にしました。

近江牛弁当

1200円は高い。

お肉大好きなので千乃房の「近江牛肉弁当」を頂きました。

近江牛弁当

でも美味しい。

あと一週間早ければ桜満開で花見も楽しめたのですが、それでも青空の下で食べる弁当は別格でした。

彦根城桜まつりから5月のゴールデンウィークの時期に合わせて開かれる「ご城下にぎわい市」。今年は「彦根ええもん物産館」として、国宝・彦根城築城410年祭と連動し、二の丸駐車場にて12月まで開催されます。特産の近江牛や湖国ならではの湖魚の佃煮、鮒寿司、和菓子、漬物、地酒、ひこにゃんグッズなどMade in HIKONE...

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

彦根城のお堀にかかる「京橋」からは城下町をイメージした『夢京橋キャッスルロード』という街並が続きます。和菓子・洋菓子などのお菓子屋さんから飲食店まで色々なお店が並んでいて、食事やお土産探しにもオススメの通りです。そんな中こんな店を発見しました。

近江牛にぎり寿司の店

飛騨高山では飛騨牛のにぎり寿司をテイクアウトできる店がたくさんあり、どの店も人気で行列ができる店もありました。近江牛が名産の滋賀でもやれば良いのにと思っていたのですが、そこはさすが近江商人の街、儲かりそうな事は躊躇なくパクります。

先ほどお弁当を食べたばかりでしたが、肉好きとしてはこれは食べるしか無いでしょう。ちなみにこちらが以前食べた飛騨牛のにぎり寿司です。

飛騨牛のにぎり寿司

海老せんの上に乗せるスタイル。

そしてこちらが今回食べた近江牛のにぎり寿司です。

近江牛のにぎり寿司

もう丸パクリ。

もちろん味は文句無く美味しかったです。

まとめ

彦根城周辺だけでもなかなか見応えのある観光をする事が出来ました。この辺りは季節によって景色がガラリと変わるので、どの季節に来ても楽しめると思います。ちなみに徒歩圏内に「たねや」と「クラブハリエ」という滋賀を代表するお菓子屋さんがあり、お土産にとてもオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)