檀蜜世代のクリエイターが新たにブログを立ち上げた理由

世田谷代田の桜

いらっしゃいませ。当ブログのオーナーのウォーキーです。初投稿となるこの記事では、私がこのブログを立ち上げた理由について書こうと思います。

スポンサーリンク

もう若くはないんだから、その言葉の意味を実感

私は松坂君や広末さんと同じ学年の俗に言う壇蜜世代の早生まれ勢なのですが、今月34歳になりました。2、3年前までは正直誕生日を迎えても数字が1つ増えたくらいの認識しか無く、特に何の変化も感じていませんでしたが、今回の誕生日は違いました。

ここ数年、ラーメンを食べた翌日は必ず胃がもたれます。

千里眼のラーメン

私が良く行くラーメン屋『千里眼』トッピングの辛揚が最高。

ラーメンに限らずその影響は焼肉にも及び、これまでは脂のたっぷり乗ったカルビばかり食べていたのに最近は体がカルビを欲さないので石焼ビビンバばかり食べています。まだ体力の衰えは感じていませんが、内臓は正直なのでしょう。

私は確信しました、体は確実に老いている。

この事実を認識することで、歳をとる事の重みを初めて感じたのです。

老いを実感する事によって気付いた事

小学生の頃にストリートファイターⅡ(通称:ストツー)に出会ってから格闘ゲームにハマり、塾をさぼってはゲームセンターに通っていました。その頃は授業中も休み時間も一日中ストツーの事ばかり考えていて、最後の授業の残り10分間の『ワクワク』と『ドキドキ』と『ソワソワ』が入り交じったあの何とも言えない気持ちは今でも忘れません。

『ワクワク』と『ドキドキ』と『ソワソワ』が入り交じり、大声を出したくなるようなあの何とも言えない気持ち。何と呼べば良いかわかりませんが、少年の頃はこの気持ちを頻繁に味わっていました。

  • 頑張って貯めたお小遣いでミニ四駆を買って家に帰り箱を開けるまでのあの気持ち。
  • 巨大なノコギリクワガタを捕まえて、筆箱に入れて学校に持って行き友達に披露するまでのあの気持ち。
  • クリスマスの時期におもちゃ屋の広告で新作ゾイドをチェックする時のあの気持ち。

他にもたくさんあります、あの気持ち。実はつい先日もあの気持ちを味わっています。格闘ゲームの話に戻りますが、ストツーを卒業した私は今でもゲーセンに通い、鉄拳と言うゲームをしています。3月18日にシリーズ最新作の鉄拳7が稼働し始めたのですが、その前日の夜、入浴中にふと鉄拳7の稼働日を思い出し、あの気持ちが込み上げて来て水中で絶叫しました。

そして気付きました、体は老いても心はあの頃と何も変わらず全く老いていなかったのです。

小学生の頃と違い、この歳になると仕事に追われ自分が好きな事(趣味や遊び)に費やす時間が減ってきました。それがあの気持ちを味わう回数が減った原因だと思いますが、避ける事の出来ない体の老いとは違い、心はいつまでも少年のままなのにこのままでは勿体ない。

もっと好きな事をする時間を増やしあの気持ちをたくさん味わい、心だけでも永遠に少年のままでいようと34歳になり決心し、その様子をブログにして全世界に発信しようと思い立ったのです。

何故ブログにするのか

絵日記感覚で記録したい

小学生の夏休みに書いた絵日記が今でも実家には残っています。鮮明に覚えている事もあれば全く覚えていない事もあるのですが、とにかく少年時代を楽しんでいるのが伝わってきます。

少年時代に書いた絵日記

先生の冷静さ。

これから10年、20年と歳をとれば心はともかく脳みそは老いてきそうなので、あの気持ちをいつでも思い出せるように絵日記感覚で記録して行きたいと思います。

同世代とあの気持ちを共有したい

当たり前の事なのですが、自分の学校の同級生だけが同い年ではありません。私は山口で生まれ滋賀で育ち、大阪で遊び、現在東京で暮らしていますが、どの土地にも同い年の友達がいます。特に東京で出会った同い年は30歳を超えてから友達になる場合が多いですが、同い年と言うだけですぐに仲良くなってしまいます。

不思議なもので、同い年の男たちが集まると自然と会話は少年時代の話題になります。当時は別々の場所で過ごし、お互いの存在すら知らなかったのに、同じ時代を過ごしてきたというだけでまるで少年時代を共に過ごし、あの気持ちを共有して来たかのような感覚になります。

まだまだお互いの存在をしらない同い年は世の中にたくさんいます。そんな同い年の男子たちともっとあの気持ちを共有できれば嬉しいなと思っています。

指南書として役立ちたい

便利な時代になったもので、何かをやりたくても方法がわからない時、ググればなんでも出てきます。私も毎日のように色んな方のブログを参考にしていて、本当に助かっています。このブログでは私が興味を持った事に挑戦する様子をハウツーを交えながら記事にしようと思うので、私と同じ事に興味を持ち挑戦しようとしている方のお役に立てれば幸いです。

まとめ

長くなってしまいましたが、要するに大人が少年時代のように趣味や遊びに本気で挑む様子やニッチなハウツーをお届けする趣味ブログ+αといった感じになると思います。このブログが少しでも多くの方々の役にたち、あの気持ちを共有できれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)