使っていないスマホを監視カメラとして活用してみた

スポンサーリンク

あなた、いいカメラ持ってますね

時代と共に物凄い勢いで進化を続けるスマートフォン。私の場合はいつも2年払いで分割購入するので月々の支払いは大きくないものの、合計するとかなりの金額を支払っている事になります。しかし支払いを終える頃には新しいスマホが登場し、役目を終えた古いスマホはいつの間にか引き出しの中で眠りにつきます。この眠りについた古いスマホを有効利用する事は出来ない物かといつも考えていました。

そこで目をつけたのがスマホのカメラ機能。私が以前使用していたXperia AXは、購入してから2年経つ頃には動作が重すぎてストレスの固まりでしたが、カメラの性能は一昔前のデジカメよりも高性能な物でした。これを利用しない手はないということで思いついたのが、監視カメラとして機能させて我が家で飼育しているギドラ氏の様子を外出先でチェックするということでした。

準備した物

使っていないAndroid

使っていないスマホ(Xperia AX)

Xperia AXお爺ちゃん。

このAndroidを監視カメラとして使います。

Androidのスタンド

スマホスタンド

キャンドゥ。

ほんとは自由自在にクネクネするスタンドが欲しかったのですが100均にはなかったのでとりあえず車用のスタンドを購入しました。

IP Webcam

このアプリをAndroidにインストールする事で監視カメラになります。

IP Webcamダウンロード画面

モニター用iPhone6

私が普段持ち歩いているiPhone6でケージ内の様子をチェック出来るようにする作戦です。

Androidの設定

IP Webcamをインストール

監視カメラにするAndroidを起動し、IP Webcamをインストールします。

IP Webcamをインストールする

何故か急に上から目線で命令を受けます。

IP Webcamの設定

インストール後デスクトップに現れたアプリのアイコンをクリックしてアプリと起動させるとこのようにメニューがずらりと並びます。基本的に全てデフォルトのままでも問題はないとおもいますが、Local broadcastingでログイン名とパスワードだけ念のため設定しておきました。

IP webcam設定画面

英語だらけ。

設定に問題なければ一番下のStart serverをクリックするとカメラが起動します。

IP Webcamの映像

結構綺麗に見えますね。

Androidを撮影場所に設置

100均で購入したスマホスタンドにAndroidを装着して映像を確認しながらケージ内全体が移る場所に設置します。ケージ上部が安定していい感じでした。

IP Webcamを設置

ようこそ、我が家へ。

iPhoneの設定

ブラウザで直接アクセス

カメラとして起動しているアンドロイドの画面の下部にIPアドレスが表示されているので、iPhoneのブラウザでそのIPアドレスにアクセスし先ほど設定したログインIDとパスワードを入力します。アクセスしたらVideo rendererの中からBrowserをクリックします。(※私の環境下では他の方法だと映像が見れませんでした)

モニター中のiphone6

ギドラ氏の私生活丸見え。

カメラを遠隔操作

ズームインズームアウト、ライトのオンオフ、画質の調整等が可能です。

iPhone6で監視カメラの操作

まるでスパイ気分。

まとめ

翻訳されていないので細かい設定方法がわからずほぼデフォルトのままですが、監視カメラとしては問題なく動作しました。ただ、今回の設定では同じwifi環境からのアクセスしか出来ません。外出先からアクセスするにはIPアドレスを固定したりポートを解放したりと急に敷居が上がるので、今回はとりあえずここまで。とは言え、自宅で仕事をしている時にケージの様子を確認したり、例えばベランダに設置して監視したりと色々と役に立つ場面はありそうです。もし使っていないスマホが眠っているようであれば試しに監視カメラとして使ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう