ついに予約開始!ジブン手帳2016年版が待ち遠しい

ジブン手帳2016

スポンサーリンク

手帳を使うようになったきっかけ

実はiPadが発売された頃、一度全てをアプリで管理している時期がありました。しかしある時、紙に手書きで文章を書く機会があったのですが、よく使う漢字が出てこずにすんなりと書く事が出来ませんでした。

パソコンだと読みを入力するだけで簡単に漢字に変換してくれますが、私の脳みその変換機能は劣化していて変換できなかったのです。

これはマズい。

それ以来、文字を書く事を目的に手帳を購入し、スケジュールやタスクを手書きで管理するようになりました。手帳に日々のスケジュールやタスクを書く事によって、頭の中が整理されて仕事効率も上がった気がします。

今まで使った手帳

世間では色々なメーカーから手帳が発売されています。使った事はありませんが『ほぼ日手帳』なんかは特に人気ですね。私は今まで色々な手帳を使ってみたのですが、いまいち自分に合う手帳に出会った事がありませんでした。

EDiT

一番最初に使ったのが『EDiT』の一日一ページタイプの手帳です。デザインの仕事が多いので、ラフを書いたり思いついたデザインやアイデアを書き留めると便利かなと思ったのですが、ページが埋まるのは最初の一週間だけでした(笑)ラフに関してはコピー用紙に書いた方が効率がよく、デザインやアイデアのネタをデイリーページに書いても見返すのが面倒くさく、結局この手帳はほぼ埋まらないまま卒業しました。

この手帳はどちらかというとプライベート重視で、日記感覚で毎日色々書きたいと言う人にオススメです。

フランクリンプランナー

次に使った手帳はフランクリンプランナーと言う手帳です。フランクリンプランナーが今まで一番長く使用しました。ビジネス面でかなり使い勝手がよく、スケジュールはもちろん、タスクマネジメント・タイムマネジメントに特化していて非常に優れた手帳でした。

しかし、正直いらないページも多く、かなりの厚さになり重くて持ち運びしにくく、リフィルの値段も高く、何よりもデザインがオッサン臭いという理由から三年間使ったところで卒業しました。

もしフランクリンプラナーがデザインを一新してもっと身軽になるのであればまた使いたいと思うのですが…。

ジブン手帳

今年に入ってから偶然Twitterで『ジブン手帳』の存在を知って興味を持ち、調べてみるとすでにどこも品薄状態。品薄と言われると欲しくなるのが性と言うもので、在庫を求めて横浜まで買いに行ってしまいました。

ジブン手帳・IDEA・LIFE

ジブン手帳の特徴は、『DIARY』『IDEA』『LIFE』の三つに分かれている事です。

『DIARY』は日々のスケジュールやタスクの管理。『IDEA』はグリッドの書かれたメモ帳になっていて、私の場合は打合せのメモに使ったり、デザインやアイデアを書き留めたりと自由に使っています。『LIFE』にはパーソナルな情報を書き込む事が出来ます。『IDEA』と『LIFE』は翌年も使えるので毎年『DIARY』だけ買換えればOKと言う事になります。

実際に使用してみて半年、まさにこれだと思いました。

ジブン手帳一週間分

デザインもすっきりまとまっていてフランクリンプランナーのようなオッサン臭さはありません。

ジブン手帳の一日部分

毎日の体長や食事の内容を書くスペースというのはなかなか面白いですね。週を終えて見返してみると自分がどれだけ不摂生しているかがよくわかります(笑)

そういえばこのジブン手帳はロフトで購入したのですが、最初に問い合わせた経堂店の店員さんがとても親切でした。関東の店舗の在庫をチェックしてくれて、都内には在庫が無かったので在庫のある一番近い店舗の横浜店まで連絡し在庫を確保してくれました。久しぶりに受けたこの神接客に深く感動したのを覚えています。

そんなジブン手帳の2016年版の予約が開始されました。来年もジブン手帳を使おうと決めていたので、早速ロフトの経堂店に予約しに行き、購入したらたっぷりレビューをお送りしようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)