救世主登場!?コケまみれの金魚水槽を綺麗にする方法

我が家の金魚水槽は立ち上げから2ヶ月が経ちました。住人である金魚すくい出身の平八、琉金の仁八、タニシとして売られていた石巻貝のタニさんと、みんな元気に暮らしています。

夏祭りですくって来た金魚の水槽をグレードアップしようと思います。アクアリウムデビューは果たして成功するのか!?

しかし立ち上げ当初はとても綺麗だった金魚水槽が、現在はとんでもない事になっております。

スポンサーリンク

2ヶ月後の金魚水槽

コケだらけ

コケで汚れた金魚水槽

ご覧の通り、立ち上げ当初の透明感は消え去り悲壮感すら感じます。水替えはこまめにしているので水質は綺麗だと思うのですが、とにかくコケが凄いんです。堂々とそびえ立っていた石も追い打ちのように倒れかけています。

コケだらけの水槽

ガラス面のコケは水替えの時にこすり落としていますが完璧には除去出来ず、石や水草にまでコケが発生してしまい自力では取る事が出来ません。

タニさん、出産

石巻貝の卵

石にビッシリとこびりついている白いブツブツ、タニさんの卵です。石だけでなくガラス面にも無数の卵を出産していて今も元気に出産中です。おめでた迷惑とはこの事ですよ。

食いちぎられる水草

金魚に引き抜かれた水草

平八と仁八にはちゃんと餌を与えているのですが、食べ足りないのか水草を食いちぎります。こんな荒くれ者だとは知りませんでした。

食べられた水草

あんなにフサフサしていた水草も、つまみ食いされてこの様です。ちなみに右上のドス黒い物体は出産を続けるタニさんです。

せめてコケだけでも綺麗にしたい

夢と希望にまみれて始めたアクアリウムでしたが、たった2ヶ月でこの有様。

…。

思ってたんと違う!!

ということで、近所のアクアリウムショップのおっさんに助けを求めたところ『コケは食べてもらえ』との助言を頂きました。確かにコケを食べると言われている石巻貝のタニさんが通った後のガラスのコケは綺麗に取れています。そんな救世主とも言えるコケ取り生体を増やす事で水槽内のコケを減らすことが出来るんですね。

そこでタニさんの出産と水草食い散らしの件はひとまず置いといて、アクアリウムショップのおっさんに2種類のコケ取り生体を紹介してもらいました。

コケを食べる生体

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

まずはこちらのヤマトヌマエビ。コケ取り生体の中でも定番中の定番らしいです。とりあえず今回は5人家族を召還しました。

ぱっと見よくわかりませんが、エビが5匹います。

シマドジョウ

シマドジョウ

続いての救世主はシマドジョウ。彼らも水槽内のコケを食べてくれるそうです。また見た目が金魚との相性も良いとのことなので今回は3人家族を召還しました。

ぱっと見エビと変わりませんが、ドジョウが3匹います。

解き放て、コケ取り生体

水槽の温度と合わせる

まずは持ち帰ってきた袋の水の温度と水槽の温度と合わせるために袋のまま1時間ほど水槽に浸けておき、徐々に水槽の水を袋に入れて時間をかけて水槽に解き放ちます。

コケを食べるヤマトヌマエビ

まずはエビ一家。水槽に入るや否や、コケ取り生体代表の名に恥じない見事な食いっぷりでコケを食べ始めました。

水槽に入ったシマドジョウ

続いてドジョウ一家。まだ新しい環境に慣れていないのかコケを食べる姿は見られませんでしたが、おっさんの言った通り見た目が良い感じです。

シマドジョウの餌

ドジョウは餌が不足して一度痩せると太らせるのが大変との事なので、ドジョウの餌も購入しました。

ドジョウの餌を食べる金魚

物凄い勢いでドジョウの餌に食らいつく仁八。

1日1粒を目安に水槽に投下するのですが、美味しい匂いがするのか仁八が一瞬で食い尽くしました。

まとめ

ヤマトヌマエビとシマドジョウ

まだ入れたばかりなのでどの程度の効果があるか分かりませんが、コケを食べてくれるのは間違いないようなので今後に期待したいと思います。

そしてここにきて本格的なアクアテラリウムに挑戦したい気持ちが高まってきたので、近いうちにこの水槽をさらにグレードアップさせる予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)