『Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton』展に行って来た

GWも後半戦突入と言う事で、皆さんいかがお過ごしでしょうか?仕事柄そもそも休日という概念がない私とってGWはあまり関係ないのですが、少しは休日気分を味わってみようと言う事で街に繰り出す事にしました。

  • 東京都内
  • なるべく空いている
  • お金がかからない

この条件で行き先を探していたところ、知人にこんなイベントを教えてもらいました。

【ルイ・ヴィトン公式サイト】東京・紀尾井町の特設会場にて「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展を開催(入場無料)。公式サイトでは本展の詳細やオンライン予約、公式アプリなど多彩なコンテンツをご紹介しています。

私はブランド品を買った事も無ければ貰った事も無く、そもそも興味がありません。しかし1人のクリエイターとしてきっと何かを吸収出来るような気がします。

この記事は展示物の写真を掲載するため少しネタバレしますので、これから行く予定の方はご注意下さい。またヴィトンのクライアントサービスにブログ掲載許可を得た上で写真を掲載しています。
スポンサーリンク

いざ特設会場へ

特設会場:東京都千代田区麹町5丁目

特設会場までは赤坂見附駅から歩いて5分くらいでした。赤坂見附からシャトルバスが出ているので体力に自信の無い方はご利用下さい。ちなみにタクシーで行くと黒服がVIP待遇で出迎えてくれます。

入場は無料ですが予約なしで行くと待たされる場合があるので、ファストパスを予約してから行くのがオススメです。ちなみに私が行った時は祝日と言う事もあり、会場外まで列が出来ていて1時間くらい待ちました。

ルイ・ヴィトンの真髄(こころ)を辿る驚きに満ちた旅

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展では、創業者一族のアーカイヴから今日のルイ・ヴィトンを創り上げる人々にいたるまで、1854年から現在までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅をお楽しみいただけます。

展覧会は10つのパートに沿って様々な作品が展示されていました。かなりのボリューム感だったのでパートごとに少しずつご紹介します。

PART① 1906年のトランク

1906年のトランク

ルイ・ヴィトンの原点。

PART② 木材

ルイ・ヴィトンの歴史

ショーケースのガラスに触れると物凄い勢いで係員に怒られます。

PART③ クラシックなトランク

クラシックなトランク

もはやタンス。

PART④ 旅の創造

冒険

旅の創造A

旅に出たい。

自動車の旅

旅の創造C

誰かがこっちを見ている。

空の旅

空の旅コーナー

服の丈も気になるけど、博士も気になる。

列車

列車コーナー

博士、読書中。

PART⑤ ウール・ダプサンス(余暇の時間)

ライティングデスク

執筆活動してみたい。

PART⑥ 絵画用トランク

絵画用トランク

絵画泥棒もお手上げ。

PART⑦ 興味深いトランク

興味深いトランクコーナー

職人技が光る。

PART⑧ ファッションとビューティー

セレブやスーパースターのためのトランク

ファッションとビューティーコーナー

まるで映画の世界。

優美なガラス瓶や繊細なケース

ガラス瓶

謎のガラス瓶。

洗練されたダンディズム、現代的な男性、メンズ・ラゲージ

紳士用化粧道具ケース

ダンディズムが溢れます。

ファッションとクリエーション

ファッションとクリエーションコーナー

脚きれい。

PART⑨ ミュージックルーム

ミュージックルームの展示物

ギターケースもヴィトン。

PART⑩ インスピレーションの国、日本

日本コーナー

突然の和空間。

持ち手がたくさんあるヴィトンの鞄

持つとこ多過ぎ。

クラフツマンシップに捧げられた空間

展覧会の最後を飾るのが物作りを生で見る事が出来るであろう空間なのですが、残念ながら映像でしか観ることが出来ませんでした。

作ろうとしない女性

作る気配なし。

まとめ

ルイ・ヴィトンの展覧会と言うだけで奇抜な格好をした学生やブランド品を身に纏ったマダムやドン小西みたいな人ばかりで場違いなんじゃないかと不安でしたが、意外と普通の人の方が多くてふらっと立ち寄っても全然大丈夫な雰囲気でした。ちなみに私はロッキー3のTシャツを身に纏っていましたが問題ありませんでした。

ロッキー3のTシャツ

ロッキー・バルボア VS クラバー・ラング

今回紹介した写真はほんの一部で、入場無料とは思えないほどのボリューム感がありとても内容の濃い展覧会です。ヴィトンファンはもちろんあまり興味ないという方も楽しめると思うので、期間内に機会があればぜひ立ち寄ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)