爬虫類・アクアリウム・オブジェに!天然流木の販売を開始

以前よりMTB SELECTで販売希望のお問合せを多数頂いていた流木。仕入れの困難さと下処理の大変さはすでに実感しましたが、だからこそMTBがやるしかない!と思い流木の取扱いを開始しました。

スポンサーリンク

MTB SELECTの流木の特徴

販売中の流木

見栄えや形状を重視して選別

爬虫類のケージレイアウトでの使用を想定し、見栄えはもちろん登り木に適した形状・シェルターになる形状など、使い勝手も考慮して選別しています。(中にはそうでもない物もありますが…)また、爬虫類ケージ以外にもアクアリウムやインテリア・オブジェとしてもオススメです。

下処理済み

購入後すぐにケージにレイアウト出来るように下記のような下処理を行っています。

①重曹水に24時間付け置き

重曹を入れた水に24時間浸け置きする事で流木に付着した泥汚れ等を浮かせて除去しやすくなります。

重曹はアク抜き効果がありますが、この段階では汚れ除去を目的としています。

②洗浄

流木に付着した泥汚れ等をブラシでこすり洗いします。この時点で流木の腐敗した部分もある程度取り除きます。

③煮沸による消毒・アク抜き

大型の鍋で沸騰した状態で約30分間、水を入れ替えてさらに沸騰させて約30分間、合計約1時間煮沸します。この作業によって流木に潜む虫や菌を死滅させ、同時にアクを抜きます。煮沸後の流木は再び綺麗な水に浸け、丸一日沈水させます。

小さな流木はこの時点でほとんどのアクは抜けていますが、完全なアク抜きをするにはさらに入念なアク抜きが必要になります。アクアリウムで使用する場合は自己判断・自己責任でご使用下さい。

④乾燥

洗浄・煮沸が終わった流木は室内乾燥機にて完全に乾燥させます。乾燥後はさらに個別に密封し、乾燥剤を入れ保管します。

注意事項

  • 採取場所は全て河川となっており、海岸に漂着した流木は販売していません。
  • 木の種類まではこちらでは判断出来ませんので予めご了承下さい。
  • 流木の大きさにもよりますが、完全にアクが抜けているわけではありません。アクアリウムに使用する際はさらに入念なアク抜きを行って下さい。
  • 完全に乾燥した状態での販売になりますので、ほとんどの場合は水に沈みません。アクアリウムで使用する場合は穴開け加工等の沈水処理を行って下さい。
アクアリウムで使用する場合は全て自己判断・自己責任でご使用下さい。

天然流木のご購入はこちら

天然流木販売

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメント

  1. 千田 より:

    こんにちわ、千田と申します。
    2点、質問をさせて頂きたくメールしました。

    流木003か、007の購入を検討しているのですが、こちらは置いた時にガタガタとせずに、固定されますでしょうか?
    また、ハーネスのブラックカラーは再販の予定はありますでしょうか?

    恐れ入りますが、ご回答お待ちしております。

    • ウォーキー より:

      >> 千田 さん

      ご質問ありがとうございます。

      まず流木に関してですが、平らな面に単品で置いた場合は003・007ともに一番安定する置き方でも若干ぐらつきます。ただ一部を壁面に立てかけて補助すれば安定する置き方もあり、重量がある分003の方が安定感はありました。

      次にハーネスですが、現在販売準備中のカラーがブラックなのですが、純粋なブラックではなくやや柄の入っているブラックになります。こちらは今週中にアップ予定です。また純粋なブラックも人気のため再販しようと思っていますが、再販予定日は未定になります。

      • 千田 より:

        ご返信ありがとうございます!
        柄入りブラックのハーネスがUPされましてから、流木も購入させて頂きます。
        ハーネスの再販、楽しみにしてます。
        購入の際にはどうぞよろしくお願い致します。