冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

ギルトセメント(造形用モルタル)で自作したバックボード(擬岩)を設置しよう

自作したバックボードの全体像

前回、着色が終わり完成した初自作バックボード。三日ほど放置し完全乾燥したのでケージにレイアウトしてみました。

https://matchthebait.com/backboard-diy-2

処女作にしてはかなり満足度の高いバックボードが出来たと思うので、ギドラ氏の反応と併せてご覧下さい。

自作バックボード使用したレイアウト完成 

新しいバスキングスポットにいるギドラ氏

デザインが一新されたバスキングスポットからの眺めも良し。

自作したシェルターに隠れるギドラ氏

広めのシェルター完備。

岩肌を確認するギドラ氏

カメラ目線も納得のリアルな岩肌。

バックボードと流木

お気に入りの流木も置き方を変えて再利用。

ギドラ氏の寝床

階段を上るとそこには休憩スポットも。

擬岩バックボードで寛ぐギドラ氏

ギドラ氏もはみ出さんばかりのリラックスモード。

落下するギドラ氏

気を抜きすぎると落下の危険あり。

兵隊のフィギュア

小隊長も身を隠せる岩陰。

ロッククライミングするギドラ氏

ロッククライミングで運動不足も解消。

広々としたケージ内

急な来客も安心の大広間。

 

まとめ

最近ギドラ氏とどんぐり氏を観察しているとフトアゴヒゲトカゲはどうやら高いところに登りたがる習性があるようです。フラットなレイアウトもいいのですが、せっかく広いケージを作ったので、もっと空間を有効活用しバックボードと流木を使って立体行動を出来るようにレイアウトしてみました。

設置後のギドラ氏の行動を観察すると、思惑通りかなり活発にケージ内を動き回ってくれています。ケージ内を元気に走り回ってくれると見ている方も楽しくなってきますね。ちなみに写真で見るより生で見た方がメタハラの光量で陰影が強調され、かなりリアルで奥行きのあるバックボードに見えます。

バックボードの完成度含め、今回のレイアウト変更は大成功だったと思います。これで要領はつかんだので近々どんぐり氏のバックボードも自作しようと思います。

新居を確認するギドラ氏

ええんちゃう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう