フトアゴヒゲトカゲの日光浴ケージ

フトアゴヒゲトカゲの健康を保つ上で必要な紫外線。ケージには紫外線ランプを設置し照射しているものの、あくまで補助程度。やはり本物の太陽での日光浴がフトアゴの健康には必須です。

我が家はマンションなので日光浴をさせるとしたらベランダになるのですが、何かで囲っておかないと隣のベランダへ逃走したりカラスに襲われたりと危険だらけです。

そこで今回は、フトアゴヒゲトカゲなど爬虫類をベランダで日光浴させることができる日光浴ケージの作り方をご紹介します。

広告

日光浴ケージの作り方(シングル型)

100均で購入した日光浴ケージの材料

使用した材料

  1. ワイヤーネット大(62cm×29.5cm)×2
  2. ワイヤーネット小(62cm×19cm)×2
  3. 結束バンド
  4. ジョイント人工芝×2
  5. 人工観葉植物×2

全てダイソーで購入し、計9点972円でした。

使用した道具

  1. ペンチ
  2. ハサミ

STEP:1 ワイヤーネットで外枠を作る

ワイヤーネット大1枚とワイヤーネット小2枚の長辺同士を結束バンドで固定し、結束バンドの不要な部分をハサミでカットします。

ワイヤーネットを結束バンドで結束

最初は写真の様に2カ所しか固定していませんでしたが簡単にズレてしまうので1辺に対して3カ所固定しました。

結束バンドは強めに絞めましょう。

結束バンドの余分をハサミでカット

余分な部分はハサミでチョキりとカットします。

高さを合わせてワイヤーネットをカット

次にもう1枚のワイヤーネット大をこの矢印の部分でカットします。

ワイヤーネットをペンチでカット

太いワイヤーはかなり固いので要注意です。カットして残った部分も後ほど使用するので取っておきます。

ワイヤーネットをカットして作ったドア部分

同じものを二枚作り、日光浴ケージの扉面とケージ奥の面として使用します。

展開したワイヤーネット

結束バンドで写真のように固定しました。次に箱状にして出入り口にする扉面は固定せず、ケージ奥の面だけ左右を固定します。

ワイヤーネットで作った出入口

出入口は固定せずにパカパカさせておきます。

ワイヤーネットで棚を作る

次に先ほど扉面とケージ奥の面をカットして残った部分をケージの奥の上部に棚を作るような感じで結束バンドで固定します。

STEP:2 人工芝で床を作る

ジョイントした人工芝

人工芝をジョイントします。四方の不要なジョイント部分は邪魔なのでハサミでカットします。

人工芝ジョイント部をカット

切った勢いで部屋中にネギのような物体が散らばります。

人工芝を固定

ワイヤーネットで作った枠を被せて持ち上げても床が弛まないように結束バンドで数カ所固定します。外枠と同じ様に結束バンドの余分な部分はハサミでカットします。

製作途中の日光浴専用ケージ

完成が近付いてきました。

STEP:3 人工観葉植物で日除けを作る

造化をペンチでカット

人工観葉植物を3等分する様にペンチでカットして、人工観葉植物を先ほど作った棚の中に隙間が出来ないようにバランス良く取り付けます。

造化で作った日除け

この観葉植物で作った日陰が日光浴で暑くなってしまった時に体を涼める事が出来る逃げ場になります。

日光浴専用ケージの中
観葉植物をチェックするギドラ氏。

完成した日光浴専用ケージ

最後にバスキングスポットとなるレンガや溶岩石を設置すれば完成です。

ベランダで日光浴中のギドラ氏

所要時間20分でなかなかしっかりした日光浴ケージを作ることができました。しかし我が家には現在4匹のフトアゴヒゲトカゲがいるため、順番に日光浴させる必要があります。これがなかなか効率が悪く面倒臭い…。

ということで、4匹まとめて日光浴をさせることができるタワー型の日光浴ケージにグレードアップさせることにしました。

タワー型日光浴ケージの作り方

タワー型日光浴用ケージの材料(ワイヤーネット)

基本となる材料はシングル型と同じくワイヤーネットです。初代日光浴ケージのワイヤーネットもバラして使用することにしたので必要な分だけ追加購入しました。また床に敷く人工芝、それぞれのパーツを連結・固定するための結束バンド、日除けのための人工観葉植物は前回の余りを使用します。

STEP:1 各部屋の高さを決める

タワー型日光浴用ケージの組み立て1

今回は4つの部屋を作るのですが、各部屋の高さはあえて低めに設定しました。縦のマスが17マスあるので上3部屋は4マス、一番下の部屋だけ5マスと少し高めにしました。

日光浴をさせているとカラスや鳩などの鳥が不意に横切る事があります。元々フトアゴヒゲトカゲは真上からの気配に敏感なので、部屋の高さ(屋根)を低めにして少しでも安心して日光浴する事ができるように配慮しました。

STEP:2 結束バンドで固定する

タワー型日光浴用ケージの組み立て2

各部屋の床面になるワイヤーネットを結束バンドで固定し、余分な部分はハサミでカットしていきます。

タワー型日光浴用ケージの組み立て3

次に背面を結束バンドで固定していきます。揺すってみて歪んでしまう部分は結束バンドの数を増やしなるべく強めに固定します。

タワー型日光浴用ケージの組み立て4

これで土台は完成です。

STEP:3 各部屋に人工芝を敷く

タワー型日光浴用ケージの組み立て5

各部屋のサイズに合わせて人工芝をハサミでカットします。上手く切らないと緑のカスが大量に発生するので要注意です。

タワー型日光浴用ケージの組み立て6

人工芝を4枚ほどカットできたら各部屋に敷き、おなじみの結束バンドで固定します。

STEP:4 各部屋の扉を作る

タワー型日光浴用ケージの組み立て7

次に各部屋の扉を作ります。扉はちょうど良いサイズのワイヤーネットがなかったので大きめのワイヤーネットをペンチでカットして作ります。ちなみにワイヤーネットの外枠部分はめちゃくちゃ硬いので根性でカットします。

タワー型日光浴用ケージの組み立て8

カットした扉の上辺の左右二箇所を結束バンドで固定します。扉の高さは下の階に被るように少し長めのままにしています。

STEP:5 人工観葉植物で仕上げる

タワー型日光浴用ケージの組み立て9

最後に屋上を覆うように人工観葉植物を取り付けます。こちらも定番の結束バンドです。

タワー型日光浴用ケージの完成写真

作業時間は15分くらいでしょうか、あっという間に完成です。

使ってみた

タワー型日光浴用ケージの使用例

天気も良いので日光浴ケージを早速使ってみる事にしました。我が家のベランダは日当たりが良すぎてかなり高温になります。特に夏場はベランダのコンクリートの熱も凄まじく灼熱地獄でした。ケージの下に断熱材を敷いたり底上げしたりと色々工夫してみたのですが、それでもトカゲたちは早々に日陰に避難してしまう始末。

色々と試してみた結果、室内の窓際で使用する事で最適な温度を保つことが出来ました。

タワー型日光浴用ケージで日光浴するどんぐり氏

下の階から順番に日光が当たり始めます。部屋の天井が日除けになるので適度に日陰ができます。

ベランダで使用していた時はカラスに襲われる危険があるのと脱走する可能性もゼロではないため目を離すことができませんでしたが、網戸を閉めれば全て解決です。ただ網戸によって紫外線が若干カットされてしまうのがネックです。

タワー型日光浴用ケージで日光浴するハテナ

日光浴デビューのハテナも気持ちよさそうにしています。我が家のフトアゴヒゲトカゲは日光浴中ずっと空を眺めています。

タワー型日光浴用ケージで日光浴するきなこさん

タワー型は下から順番に日が当たり始めるので、最上階はしばらく日陰のままです。日陰でも紫外線を浴びる事はできますが、なんだか寂しそうですね。

タワー型日光浴用ケージで日光浴するギドラ氏

タワー型はお互いが顔を合わせる事がないので落ち着いて日光浴させる事ができます。

一つ注意点としては脱糞問題。日光浴中は体も温まりついうっかり出ちゃいましたなんて事もあり得ます。そんな時に備えて脱糞の恐れがある部屋にはペットシーツを敷いてあげます。

タワー型日光浴用ケージ

これで下の階に糞漏れして怒られる心配もありません。

まとめ

この日光浴ケージのおかげで効率よく日光浴できるようになりました。温度も日当たりもかなり心地良いようで、トカゲたちもとても気持ち良さそうにしています。

今までこの光景を夢見ながらなかなか実現できなかったので、これから天気の良い昼下がりには彼らと共に幸せなひと時を過ごそうとおもいます。

木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

フトアゴヒゲトカゲの日光浴ケージ
フォローして最新情報をチェック!
広告