冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

フトアゴヒゲトカゲの餌-ベビー〜ヤングアダルト編-

ヤングアダルトのどんぐり氏

フトアゴヒゲトカゲを飼育する上で重要な役割を持つ餌。爬虫類も人間と同じくバランスの良い食生活を送る必要があります。フトアゴヒゲトカゲは生後の期間によってベビー・ヤングアダルト・アダルトと成長していきますが、成長に併せて与える餌も変えていく必要があります。

今年の5/16に我が家へやって来たどんぐり氏。たった三ヶ月前までベビーだったその姿は変貌をとげ、今ではもはや誰?と言った感じです。

ベビーの頃のどんぐり氏

5/16のどんぐり氏。

ヤングアダルトのどんぐり氏

8/8のどんぐり氏。

順調すぎるほど健康にすくすくと丸々と成長したどんぐり氏ですが、私なりに考えながら餌を与えてきました。飼育者によって餌の与え方はそれぞれだとは思いますが、私流の餌の与え方を公開します。

ベビーの餌

お腹いっぱいコオロギを与える

流木に乗るベビー時代のどんぐり氏

爬虫類の餌として販売されているコオロギにはフタホシコオロギとヨーロッパイエコオロギの二種類がいますが、我が家ではヨーロッパイエコオロギを与えています。

体のサイズに合わせてコオロギのサイズも徐々に大きくしていきますが、あまり大きいと消化不良や最悪の場合吐き戻してしまう可能性があるのでやや小さめの方が安心です。朝と昼の二回、体にあったサイズのコオロギを毎日食べるだけ与えました。

ちなみにコオロギは繁殖する事も出来ます。

https://matchthebait.com/cricket

コオロギの前に前菜

毎日コオロギばかり与えていると成長してから野菜を食べなくなってしまう可能性があるので、ベビーのうちから野菜に慣れさせおく事をおすすめします。

コオロギにはカルシウムパウダー

カルシウムサプリ

フトアゴヒゲトカゲにとって大事な栄養素であるカルシウムはコオロギから摂取する事はできません。そこでコオロギにダスティング(カルシウムパウダーを振りかけて)して与えます。

フードに慣れさせる

フードを食べるベビーの頃のどんぐり氏

成長するに連れて好奇心も旺盛になってきて、お腹が空いていると差し出されたものはとりあえず食べてみるようになります。将来的には野菜とフードをメインの食生活にするため、早い段階でベビー用フードを与えて慣れさせました。

ベビーの餌の与え方

8:00起床(ランプ点灯)
起床したら一時間程度バスキングさせて体を温めます。
9:00
お腹が減ってくるのでまずは小さく千切った小松菜を食べるだけ与えます。小松菜を食べなくなったら今度はコオロギを食べるだけ与えます。
14:00
ベビー用のフードを与えます。食べなければ無理に食べさせず、コオロギを食べるだけ与えます。

ヤングアダルトの餌

野菜とフードの割合を増やす

今まではコオロギを好きなだけ与えてきましたが、体が大きくなると食べる量も増えていきます。その分コオロギを与えていたら経済的にも健康的にも良くないので、増えた食欲は野菜とフードでカバーします。

野菜のバリエーション

餌皿に盛った野菜

野菜の量を増やすと共にバリエーションも広げていきます。フトアゴヒゲトカゲにも好みがあるようで、野菜によって食いつきが全然違います。

我が家では小松菜・豆苗・いんげん・オクラ等の緑の野菜をメインに、その時々で食用菊・人参・カボチャ・コーン・などカラフルな野菜をトッピングしています。野菜に関しては色々と検証してみたのでもう少し詳しい記事を後日書こうと思います。

フトアゴヒゲトカゲフード

レップカルフトアゴフード

我が家ではレップカルのフトアゴヒゲトカゲフードを与えています。かなりバランスの良いフードで、カルシウムやビタミンも配合されているのでダスティングする必要がありません。このままだととても固いので、水や野菜ジュースでふやかして与えますが、野菜ジュースの方が食いつきが良いです。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい↓

https://matchthebait.com/repcal-food

それでもやっぱりコオロギが好き

口の周りに食べかすがついているどんぐり氏

口にフードをつけてコオロギを待つどんぐり氏。

なんだかんだ言ってやはりコオロギが大好物で、野菜やフードとは反応が桁違いです。我が家では、朝はお腹いっぱい、昼はおやつ程度に与えています。

ヤングアダルトの餌の与え方

8:00起床(ランプ点灯)
起床したら一時間程度バスキングさせた後、温浴をさせます。
9:00
まずは野菜を与えます。ある程度食べると自らコオロギポジションに移動するのでコオロギを食べるだけ与えます。
14:00
野菜ジュースでふやかしたフードを与えます。食べ終わったらお馴染みのコオロギポジションに移動するのでコオロギをおやつ程度の数を与えます。

まとめ

どんぐり氏は本当に食欲旺盛で、コオロギも野菜もフードもバランス良く食べてくれますが、その分、糞の量も凄まじく一日二回とんでもない大きさの糞をします。野菜を全く食べないギドラ氏に比べるとかなりお通じが良いのですが、恐らく野菜をたっぷり食べているおかげで快便なのだと思います。ギドラ氏にも野菜を食べて欲しいのですが、獣医の先生曰くアダルトまで野菜を食べなければおそらく今後も食べる事はないとの事。ベビーのうちに野菜やフード等、コオロギ以外の餌を与えて慣れさせる事が重要のようです。

体重を量るどんぐり氏

もう少しで大台突破のどんぐり氏。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう