冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

100均で買える材料だけでコオロギ用飼育ケースを作ろう

古いコオロギケース

コオロギを制すものがフトアゴを制す

我が家のギドラ氏は相変わらずの野菜嫌いで、全く野菜を食べません。野菜を差し出すと目を背ける有様。野菜を食べるフトアゴの方が長生きすると言う話もあり、何とか野菜を食べてくれるようになって欲しいのですが、元々ギドラ氏の親であるローソンアゴヒゲトカゲは野菜をあまり食べない種との事。どうしようかと悩んでいたところ、いつもコオロギを購入しているペットショップで良い事を聞きました。

何でもこのペットショップのコオロギには人参を与えているそうなのですが、コオロギを解体すると胃袋にぎっしり人参が詰まっていたそうです。と言う事は、コオロギに野菜をたくさん与えれば、間接的にギドラも野菜を摂取出来るという事になります。

野菜に限らずコオロギが食べたものがそのまま栄養になると言う事は、逆に言えば不健康なコオロギを食べてしまうとギドラの体に良くないと言う事になります。しかしですね、我が家のコオロギたちは狭いケースにかなりの密度で居住していて、謎にコオロギが死んでいる事もあり決して良い環境ではない事に気付きました。

そこでコオロギたちにも快適な環境ですくすくと栄養満点の健康コオロギに育ってもらえるように、住みやすいコオロギハウスを作る事にしました。

住みやすいコオロギハウスとは?

コオロギにとって住みやすい環境条件をピックアップしてみました。

  1. 十分な広さ
  2. 快適な温度
  3. いい感じの隠れ家
  4. 常に水分補給できる

この条件を満たす環境を作っていきます。

コオロギハウスを作ろう

材料

難航したのがクリアケース探し。我が家では30〜50匹のコオロギをストックするのですが、十分なスペースが確保でき、かつ収納がしやすいサイズと言うのが100均にはなかったので、今回はドン・キホーテで購入しました。その他の物は全て100均です。

コオロギハウスの材料

少し背伸びをしてドン・キホーテ。

  1. クリアケース
  2. 園芸用ネット
  3. タッパー
  4. 包帯

道具

  1. カッター
  2. 強力両面テープ
  3. ハサミ
  4. ホッチキス

コオロギハウスの作り方

クリアケースに空気穴を開ける

今までのコオロギハウスは100均のCDケースにキリで穴を開けただけでしたが、これだと換気が十分に出来ずコオロギの糞や尿でアンモニアがこもってしまい、コオロギが中毒死してしまうようです。これが謎の大量死の原因でした。そこで今回は通気性を重視し、上蓋の半分ほど穴を開ける事にしました。

穴を開けたクリアケース

カッターの刃は黒刃がオススメ。

カッターで固いプラスチックを切る時は力一杯切るのではなく、軽く何度も筋を通すようにカットするととても綺麗にカット出来ます。このままだと部屋中がコオロギハウスになってしまうので、園芸用のネットで蓋をします。ネットはハサミで簡単に切れるので空気穴より5ミリ程度大きいサイズでカットします。

カットした園芸用ネット

通気性抜群。

次に蓋の内側に強力両面テープを貼ります。強力タイプならまず取れる事はないと思いますが、念のためビス止めした方が安心です。

コオロギケースのベース

早くもケースは完成。

MEMO
コオロギハウスを稼働してから数日後、いつのまにかネットの片側が粘着力低下により外れてしまい、コオロギにとって最高の脱出用スロープ化。本日までに計5匹の脱走コオロギを捕獲しております。そこで現在はネット部分をビスとナットでしっかりと留めるスタイルに改良しました。
改良後のネット部分

改良後。

給水器を作る

コオロギに十分な水分を効率よく与えるために給水器を作ります。爬虫類倶楽部さんで売っている給水器を参考に、というかほぼそのままです。100均で購入したタッパーの蓋にカッターで穴を開けます。

蓋の真ん中に穴を開けたタッパー

3個セットで100円。

そして包帯を穴から通し、タッパーの中に上手く畳んで入れます。そしてタッパーの中に水を入れて包帯をたっぷり浸します。

蓋の穴に包帯を通したタッパー

とても簡単です。

しかしこのままだとコオロギが滑って水まで辿り着けないので包帯を側面に巻いてホッチキスで止めます。

完成したコオロギ用給水器

これでコオロギもよじ登れます。

レイアウトする

我が家のコオロギケースはこんな感じです。

コオロギケース内のレイアウト

①卵ケース
コオロギの隠れ家になります。
②給水器
先ほど作った給水器です。
③小食堂
小分けにしておくと綺麗です。
④大食堂
みんなでご飯を食べれます。

これだけコオロギがいるとかなりの量の糞をするのでメンテナンスしやすいようにペットシーツを敷きました。

完成した新しいコオロギケース

蓋を閉めるとこんな感じ。

まとめ

旧コオロギハウスの倍以上の広さになり、コオロギもとても住みやすそうです。何よりコオロギが餌を食べる様子を観察しやすくなったので、観ているだけで楽しいです。こまめに餌やペットシーツを換えてメンテナンスすれば匂いも気になりません。失礼ながらたかが餌用と思っていたコオロギですが、こうやって愛情をかける事でまた一つフトアゴ飼育の醍醐味を発見する事が出来ました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう