冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

日常をアクティブに記録!初めてのアクションカム・SONY FDR-X3000

SONY FDR-X3000 付属セット

昨年Youtube用の動画を撮影するために購入した初めてのミラーレス一眼・LUMIX G7。少しずつではありますが、G7を使って撮影した動画をYoutubeチャンネルにアップし始めています。

https://matchthebait.com/lumix-dmc-g7

やはりiPhoneで撮影した動画と比べると画質の綺麗さは段違いで、動画初心者な私ですがかなりレベルアップしたような気分を味わえます。

しかし撮影内容によってはミラーレス一眼といえどその大きさがネックになる場面が結構あり、もう少し手軽に持ち運べるコンパクトなカメラが欲しいなぁと思っていました。

アクティブな動画を撮影したい

これから春に向けて様々なレジャーに出かける機会が増えてくると思うのですが、サイクリング・キャンプ・釣りといったレジャーを動画で記録するとなると、ミラーレス一眼だとやはり大きさがネックになります。

そこでまず思いつくのがウェアラブルカメラの代表格とも言えるGoPro。映像関係の仕事をしている友人はこのGoProを仕事だけでなくプライベートでも活用していました。

私も最初はGoProを買おうかなと思っていたのですが、少し調べて見るとSONYからアクションカムが発売されているとの情報をゲット。しかも手ぶれ補正性能がかなり優れているとのことなので、かなりアクティブな動画撮影をできそうな予感がします。

百聞は一見に如かずという事で、実際に電気屋に行って実物に触れて検討した結果、なんの迷いもなくSONYのアクションカム・FDR-X3000の購入を決定しました。

ソニー アクションカム FDR-X3000登場

実際に持ってみるとかなりコンパクトで、縦長(奥に長い)の形状もアクティブな動画撮影に向いている気がします。

パッケージの中身はいたってシンプルで、これに加えてバッテリーが一つ付いています。このFDR-X3000は裸のままでも防滴仕様になっているので多少の雨は気にせず撮影できます。

SONY FDR-X3000の防水プロテクター

さすがに裸のままでの水中撮影はできませんが、なんと防水ハウジングが付属しているのでこれを装着すれば水中での撮影も可能になります。これは個人的にかなり嬉しいですね〜。これがあれば海や川で魚の撮影なんかもできちゃいます。

一緒に買った物

MCプロテクター(レンズカバー)

防水ハウジングがあればレンズも保護されるのでレンズカバーはいらないかなと思ったのですが、マイク部分まで塞がれてしまい録音時の音量にけっこう影響が出そうなので、レンズプロテクターを購入しました。

SONY FDR-X3000のレンズプロテクター

あ、もうお気付きの方もいるかと思いますが、レンズの下のモジャモジャは最初からついているわけではありません。

SONY FDR-X3000の風切対策

今後自転車につけて撮影したりしたいので、風切り音対策のために加工しました。見た目はあれですが、フェイクファーを両面テープで貼るだけでかなりの効果を発揮します。

メモリーカード

sandisk Extreme Pro

そしてこれも必須アイテムであるメモリーカード。ミラーレス一眼を購入した時に大容量のSDカードは購入したのですが、FDR-X3000ではMicroSDカードしか使えません。

以前購入したサンディスクのSDカードがとても良かったので、今回も同じメーカーの物を購入しました。こうして比べるとかなり小さいのがわかりますね。

バッテリー

 ACC-TRBX

何回か撮影した後に購入したのが予備のバッテリーです。FDR-X3000は画質も良く手ぶれ補正も優秀なのですが、実際に撮影してみるとバッテリーの持ちが非常に短い。短いと言っても数時間は取れるのですが、常に撮影しっぱなしと言った使い方をするなら予備バッテリーは必須です。

またFDR-X3000には充電器が付属しておらず、バッテリーを本体に差し込んだ状態でUSBで充電するのですが、これが時間がかかる上に少し不便なのでチャージャー付きのキットを購入しました。

アクセサリーセット

Luxebell® 9in1アクセサリセット

自転車に取り付けて撮影をしたいと思いアクセサリーを探したところ、Amazonでお得なアクセサリーセットを発見しました。

私は自転車にだけ付けることができればよかったのですが、単品で買うと割高だったのでセットで購入することにしました。このセットで¥3,999はかなりのお得感です。純正品ではありませんがレビューも上々なのでとりあえず購入してみました。

FDR-X3000の撮影テスト

SONY FDR-X3000で撮影したフトアゴヒゲトカゲのどんぐり氏

こちらがX3000で撮影した動画から切り出した静止画にはなりますが、10センチくらいまで寄って撮ってこの映像なのでかなりの広角です。画質も4Kまで撮影できるので申し分ありません。

SONY FDR-X3000で撮影したフトアゴヒゲトカゲのきなこさん

こちらはきなこさんのケージ内にカメラを置いて撮影しているのですが、手前の溶岩プレートに接触するくらいの場所にカメラを置いています。

カメラのサイズが小さいからか、どんぐり氏もきなこさんもカメラをかなり寄せても気にしないので迫力のある映像を撮る事ができます。続いてギドラ氏はどうでしょう?

彼はかなり気になるようです。

まとめ

まだ室内での撮影しかしていないので手ぶれ補正性能に関してはわかりませんが、また改めて検証してみようと思います。

今後はレジャーでの使用が多くなると思いますが、せっかく臨場感のある動画を撮影できるので海や川などでの水中撮影や自然にまみれての生き物撮影などにも挑戦してみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう