初めてのフトアゴヒゲトカゲ-飼育セット編-

1月に爬虫類倶楽部でフトアゴヒゲトカゲと対面し、Lovelyフトアゴ生活入りを決めてから2ヶ月後。春も近付いて来たと言う事でそろそろ受け入れ時期を考え始めました。4月上旬に1週間ほど休暇をとり旅行に行くので生体の受け入れはそれ以降になるとしても、早く受け入れたいという気持ちを紛らわせるために、とりあえず飼育環境だけ整える事にしました。

フトアゴヒゲトカゲの飼育には温度管理がとても重要との事なので、いきなり生体を受け入れるのではなく先に飼育環境を整えて温度管理を予めテストしておいた方が安心です。ということでさっそく爬虫類倶楽部中野店へ。

Lovelyフトアゴ生活は突然に

この日は爬虫類倶楽部で飼育セットとその他フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要になりそうな物を店員さんのアドバイスを聞きながら購入。そしてせっかくなので生体について色々と質問しながら再びフトアゴヒゲトカゲたちとご対面したのですが、その中に一人とても気になる奴が。。。

何と言いますか、理想はなかったはずなのに、全てが理想通りという感じ。プロフィールをよく見てみるとフトアゴヒゲトカゲとローソンアゴヒゲトカゲというトカゲのハイブリッド種、その名もビティキンスドラゴン

ウォーキー
か、かっこいい!!

しかし予定では4月の旅行が終わってから受け入れる事にしているので、今受け入れる事は出来ません。それに4月になればもっと良い出会いがあるかもしれないと言い聞かせこの日は帰宅。帰宅してからも彼の事が脳裏から離れず、翌朝家族会議の結果、あっさりビティキンスドラゴンをお迎えする事にしました。

関連記事

ハイブリッドカーの出現で世間にも浸透しているハイブリッドという言葉。工業製品では複数の方式を組み合わせること、生物では異なる種を掛け合わせてできた交雑種のことを指します。何となくハイブリッドと聞くと、双方の良いところだけを掛け合わせ[…]

ヴィティキンスドラゴン・ギドラ氏の全身写真2

フトアゴヒゲトカゲ(正確にはビティキンスドラゴン)の受け入れが急遽決まったので、すぐに環境づくりに取りかかります。飼育にはたくさんの機材が必要になるので、必要な物をコンプリートしてくれる飼育セットは初心者にはとても助かります。

もちろんそれぞれの機材には重要な役割があるため、セッティング前にそれぞれの役割を理解しておくことにしました。

飼育ケージ

爬虫類倶楽部のオリジナル飼育ケージ

フトアゴヒゲトカゲの家になる飼育ケージ。これがないと始まりません。ハチクラオリジナルの飼育ケージでサイズはW600×H450×D45です。フトアゴヒゲトカゲの成長を考えるとW900のケージの方が理想的だと思うのですが、部屋の広さを考えると我が家ではこのサイズが限界でした。ただ今回お迎えするビティキンスドラゴンはローソンとフトアゴのハイブリッドは両種の中間サイズくらいにしか成長しないとの事なので、結果的にちょうど良かったかなと思います。

ガラスのためこのサイズでもかなりの重さなので、特に女性の方は取り扱いに注意してください。

ハチクラオリジナルケージ以外にも色んなメーカーからケージは出ていますが、どのケージも爬虫類飼育専用なので使い勝手は良さそうです。中でもジェックスの「グラステラリウムシリーズ」シリーズはガラスケージの中でも比較的安価で使用者は多いようですね。

ただ、実際に飼育してみてみるとこのサイズだとケージ内に温度勾配をつけにくく、生体にとっても少し狭いように感じたので後日木製ケージ(900幅)を自作することにしました。

【初心者向け】木製ケージの作り方」では、私が初めて製作した木製ケージの作り方を詳しく解説しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要となる爬虫類用飼育ケージ。私が最初に購入したのはギドラ氏のお迎え用に準備した横幅600×高さ450×奥行き450のガラスケージでした。当初はケージが大きすぎると生活の邪魔になるかなぁ…と考えてこのサイズ[…]

木製自作ケージの設計図

バスキングライト

サングロー タイトビーム

爬虫類初心者の私は初めて耳にするバスキング(basking)と言う言葉ですが、日光浴をして体を温める事をバスキングと言うそうです。このバスキングライトは熱を照射することで太陽の代わりにフトアゴヒゲトカゲの体を温めてくれる頼れる兄貴的なライトなのです。バスキングについては「日光浴はなぜ必要?フトアゴヒゲトカゲのバスキングスポット」で詳しく解説しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲにとって重要な役割を持つバスキングスポット。もはや当たり前のように使われている言葉ですが、一体どのような役割を持つのでしょうか?バスキングスポットとは?バスキングとは日本語で「日向ぼっこ」や「日光で暖まる」と言った[…]

バスキングをするギドラ氏

飼育セットにはジェックスの「サングロータイトビーム」が含まれていました。

また「600幅の飼育ケージに最適なバスキングライトを比較検証」では600幅の飼育ケージにおすすめのバスキングライトを紹介しています。

関連記事

空き家になっていたギドラ氏の古巣である600幅のケージに新たな生体を迎え入れると決めたものの、まだ何を迎え入れるかは決めていません。しかし候補になっている爬虫類はほぼフトアゴヒゲトカゲと同じ飼育環境で問題はなさそうなので、早速設備を整えてい[…]

バスキングライト

紫外線ライト

ジェックスレプタイルUVB150

爬虫類の健康にとても大事な紫外線。フトアゴヒゲトカゲは紫外線を浴びる事で新陳代謝を活発化したり体内にビタミンD3を作ったりします。蛍光管タイプや電球タイプのものなど色々な種類がありますが、飼育セットにはジェックスの「レプタイルUVB150」が含まれていました。

ジェックス エキゾテラ レプタイルUVB150 26W 砂漠サバンナ 爬虫類用 紫外線ライト
ジェックス

紫外線ライトについては「フトアゴヒゲトカゲにおすすめの紫外線ライト」で詳しく解説しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲの飼育には欠かせない紫外線ライト。各メーカーから様々な商品が販売されていて、いざ買おうとしてもどれを選べば良いかわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?そこで今回は爬虫類用の紫外線ライトの種類・特徴をまとめ[…]

バスキングをするフトアゴヒゲトカゲ

紫外線ライト用ソケット

コンパクトトップ

紫外線ライトをセットしてしようする照明器具です。内側が反射板になっているのでライトの光を効率的に照射してくれます。ハチクラセットに紫外線ライトは一つしか付いていませんでしたが、飼育セットに含まれていたジェックスの「コンパクトトップ」には3つまでライトを付ける事が出来るようです。

追記

現在は紫外線ライトとバスキングライトを兼用出来る「ソラーレUV70」を使用しています。

関連記事

ソラーレUV70の本体は現在生産終了しています。フトアゴヒゲトカゲのどんぐり氏が仮設住居からガラスケージへ引っ越ししました。ようやくフトアゴらしい生活が出来るようになったところで、かねてから導入を検討していた爬虫類用メタ[…]

ソラーレUV70のパッケージ
残念ながらソラーレUV70は現在製造中止となり、交換球のみ販売されています。

保温球

インフラレッドヒートランプ

ケージ内をオーストラリア出身のフトアゴヒゲトカゲに適した温度に保つための保温球。赤い光を放つタイプの電球なのですが、トカゲには見えない光なので夜中に点灯していても睡眠の妨げにはならず優しく暖かさを保ってくれるまさに爬虫類の母的なランプなのです。飼育セットには「インフラレッドヒートランプ」が含まれていました。

色々と調べてみると生体によっては赤色が見えていて睡眠の妨げになっている可能性があると言う説もあるようです。詳しくは「見えないはずの赤い保温球の光が見えている生体がいる説」で詳しく解説しています。

関連記事

爬虫類を飼育する上で主に夜間のケージ内温度を適正に保ってくれる保温球(保温ランプ)。なかでも良く見かけるのが赤いタイプの保温球です。この赤い保温球は色々なメーカーから発売されていますが、どのメーカーも揃って『爬虫類には見えない赤い光』と[…]

保温球の下でバスキングをするギドラ氏

現在はポゴナクラブの『ムーンシャワー』という保温球を使用しています。

クリップ型ソケット

太陽NEO

保温球、バスキングライト用のクリップ型ソケットです。このソケットは100Wまでであればどんなライトにも交換出来るので末永くお世話になりそうです。飼育セットにはビバリアの「太陽NEO」が含まれていました。

ビバリア
¥2,079(2019/06/16 10:45:00時点 Amazon調べ-詳細)

サーモスタット(タイマー付き)

ジェックスタイマーサーモ

ケージ内の温度を自動で管理してくれる優れもの。これがあれば仕事の帰りが遅くなっても安心ですね。むしろこれが無いと外出が多い我が家ではフトアゴヒゲトカゲを飼う事が出来ません。飼育セットにはジェックスの「タイマーサーモ RTT-1」が含まれていました。

温度計

マルチ水温計

ケージ内の温度管理に温度計は必須なので、水温気温両方計れる温度計を購入。観賞魚用水温計となっていますが、室温も計れる優れもの。温浴をするときにも重宝しそうです。飼育セットには含まれていなかったので、別途ニチドウの「マルチ水温計」を購入しました。

暖突(保温器具)

暖突M

我が家は冬場あまり暖房を使わないので室温が低く、ケージ内の温度も上がりにくいと思ったので予備保温用にフタに取り付けるタイプの「暖突」のMサイズを別途購入しました。

みどり商会
¥5,926(2019/06/16 10:45:00時点 Amazon調べ-詳細)

暖突を設置することで万が一保温球の球が切れた時の保険にもなるので、特に冬場は設置を推奨します。暖突については「爬虫類の保温器具・暖突(だんとつ)」で詳しく解説しています。

関連記事

冬になるにつれてどんどん気温が下がり、爬虫類にとっては厳しい季節がやってきます。特に真冬はケージ内の保温に気をつけなければなりません。我が家のフトアゴヒゲトカゲのケージは全て保温球と暖突Mを併用して保温しています。爬虫類の保温器具の[…]

暖突Mサイズ

餌入れ・シェルター・流木など

餌入れ・シェルター・流木
ワクワクしてきた。

その他ケージを彩る備品たち。フトアゴヒゲトカゲを飼う上で、ケージ内のレイアウトを考えるのもとても楽しいんです。ここで餌を食べて、食後はここでバスキングして、夜はここで寝る。そんな彼らの姿を想像するとワクワクが止まりません。ちなみに私は流木を選ぶのに一時間かかりました。

バックボード用炭化コルク

バックパネルがガラスのままだと寂しいので、炭化コルクボードというパネルも別途購入しました。本当は野性感たっぷりのケージレイアウトにしたかったので、コルク樹皮を買いたかったのですが適当なサイズの在庫がなく断念。しかし炭化コルクは脱臭効果もあるようなのでこれはこれでありです。

現在は造形用モルタルで自作したバックボードを使用しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲを飼育する上で、ケージ内のレイアウトに凝る事も醍醐味です。飼育者によってフトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトは様々ですが、私はケージ内に大自然を表現したようなレイアウトが好きなので、先日完成したギドラ氏の自作ケージもワイル[…]

擬岩バックボードとフトアゴヒゲトカゲ

現在は天然石をバスキングストーンとして設置しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲなどの爬虫類にとって『バスキングスポット』は欠かす事が出来ない重要な場所である事がわかりました。https://matchthebait.com/baskingspot今回はそのバスキングスポットを作る要素の一つで[…]

バスキングストーンを見るギドラ氏

現在床材にはサンドマットを使用しています。

関連記事

我が家には現在、ギドラ氏・どんぐり氏・きなこさん・ハテナと4匹のフトアゴヒゲトカゲがいるのですが、全てのケージの床材に「ジェックス サンドマット」を使用しています。爬虫類の床材にはたくさんの選択肢がありそれぞれ一長一短ではありますが、やや不[…]

ジェックス サンドマットの表面

飼育ケージのレイアウトに関しては「フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト」で詳しく解説しています。

関連記事

フトアゴヒゲトカゲなど爬虫類を飼育する中で、ケージ内のレイアウトは一つの醍醐味です。飼育者によってレイアウトは様々で正解がないため、これから爬虫類の飼育を考えている方にとってはどんなレイアウトにすれば良いのか悩みどころ。そこで今回は[…]

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト

まとめ

ハチクラセットに加えその他必要な物を買い足し、これで一通り必要な物は揃いました。予想はしていましたがなかなか初期費用がかかります。しかしこれも念願のLovelyフトアゴ生活の事を考えると痛くも痒くもありません。フトアゴヒゲトカゲ初心者の私ですが、機材の役割を理解するとボンヤリと飼育イメージが湧いてきました。

これから飼育をお考えの方は「フトアゴヒゲトカゲと暮らす本」参考にすると効率的に理解出来るのでオススメです。

さて、次はいよいよ緊張の「セッティング編」です。すでにワクワクが止まりません。

続きはこちら

フトアゴヒゲトカゲ(ヴィティキンスドラゴン)のお迎えに備えて爬虫類倶楽部にて飼育セットを購入しました。すぐにでもお迎えしたいところですが、その前に飼育ケージをセッティングし飼育環境を整えようと思います。今回セッティングする飼育セット[…]

セッティングと環境作り
関連記事

このブログではこれまでフトアゴヒゲトカゲに関する記事をたくさんアップしてきましたが、記事数が多くなるにつれて目的のページを探すのも一苦労。そこでこのページではフトアゴヒゲトカゲに関する記事への誘導も兼ねて、改めてフトアゴヒゲトカゲについてま[…]

フトアゴヒゲトカゲまとめ

木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

フトアゴヒゲトカゲの飼育セット
フォローして最新情報をチェック!