冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

ジェックス ガラスクリーナーでガラスケージを掃除してみた

ひどく汚れたガラス扉

早いものでギドラ氏が我が家へ来て一年が経ちました。血筋の影響でとっくに成長が止まり、新入りのどんぐり氏にあっという間に体長を追い抜かれ、最近では上下関係もあやふやになってきました。

ギドラ氏とどんぐり氏

それでも我が家は死守。

そんなギドラ氏が我が家に来た当初使用していた思い出のケージがあるのですが、どんぐり氏が幼少期を過ごして以来ずっと空き部屋となっています。

爬虫類用飼育ケージ

全てはここから始まりました。

せっかく高価なガラスケージがあるのにこのまま空けておくのも勿体ないと言う事で、突然ですがこのケージの新たな住人を迎え入れようと決心しました。

まだ何を迎え入れるかは未定ですが、ケージサイズ的にフトアゴヒゲトカゲではなくもう少し小さな生体になると思います。

そう思って早速迎え入れの準備をしようと思ったのですが、ケージをよく見てみるとガラスが汚い事に気がつきました。

ガラスケージの汚れ

そこでブログでも紹介した『オーナメントクリーナー』と一緒に購入したジェックスの『ガラスクリーナー』で掃除をする事にしました。

https://matchthebait.com/decor-cleaner

ジェックス ガラスクリーナーの特徴

ジェックス ガラスクリーナー

生体に優しい成分で、ミネラル汚れを分解。生体に影響のある、アンモニアやアルコール、石油原料、香料等は使用していません。

汚れに密着するジェルタイプで、頑固な汚れもしっかり落とします。

出典:ジェックス

今までは薬局等で市販されているガラスクリーナーで掃除していましたが、やはり気になるのは含まれている成分。爬虫類は舌で何でもかんでもペロペロしてしまうので特に不安なポイントではありますが、このジェックスの「ガラスクリーナー』は『オーナメントクリーナー』と同じく生体に影響のない原料を使用しています。

ガラスクリーナーを使ってみる

まずペーパータオルやタオル等に『ガラスクリーナー』を塗布し、ガラスの汚れの気になる部分に塗ります。今回はキッチンペーパーを使用する事にしました。

ガラスクリーナーをペーパーに塗布する

ドロッとしたジェル状になっています。二種類のキッチンペーパーを使ってみましたが、写真右側の布っぽいキッチンペーパーの方が扱いやすくオススメです。

キッチンペーパー

今回は特別汚れが気になる部分があるわけではなく、全体的にうっすら汚い感じだったのでケージ全体にジェルを塗りました。ひどい汚れがある場合は、ジェルが汚れに浸透するまで数分放置したあとに布等で部分的に汚れをこすり落とします。

ケージ外側にガラスクリーナーを塗る

数分放置したら水か濡れたタオルで汚れを落とします。今回は水洗いではなく濡れたタオルで拭き取りました。

濡れたタオルで拭き取る

ガラス一枚拭き取るごとにタオルを洗うと綺麗に拭き取れます。拭き取った後は乾いたキッチンペーパーで乾拭きして終了です。

クリーニング後のガラス

写真だと伝わりにくいですが、かなり綺麗になりました。(ぱっと見、心霊写真に見えなくもないですが心霊写真ではありません)

ひどい汚れの方が効果を発揮する

今回『ガラスクリーナー』で掃除したケージはひどく汚れていたわけではなかったので、最近地獄のように汚れていたどんぐり氏のケージのガラスを掃除してみる事にしました。

ひどく汚れたガラス扉

サンドマットの土やカルシウム等でひどく汚れていたのですが、『ガラスクリーナー』を使用することでかなり簡単に綺麗に掃除する事ができました。

綺麗になったガラス

まとめ

フトアゴヒゲトカゲのように乾燥した環境で飼育している場合はそこまで汚れる事は無いので、タオルで水拭きするだけでもある程度の汚れは落とせてしまいます。

しかし水拭きでは落としきれない汚れほど効果を発揮するので日々のメンテナンスアイテムとして大いに活躍してくれそうです。両生類等ケージが汚れやすい種類を飼育している方には特にお勧めです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう