冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

長生きして欲しい!夏祭りですくった金魚で初めてのアクアリウム

平八の水槽

昨年の夏祭りの金魚すくいですくって来た金魚を「平八」と名付けてから九ヶ月が経ちました。当初はそんなに長生きはしないんだろうと思っていましたが、日に日に巨大化していき1.5倍程の大きさまで成長しました。

平八の水槽

以前メダカを飼っていた小さな水槽に、何故か家にあったライトを乗せるだけの何とも質素な水槽。ちなみにタニシとして売られていた「谷さん」ですが、実は石巻貝だった事が判明。

金魚は水槽の広さに合わせて体が大きくなると言う話を聞いた事があります。せっかくなので平八には思う存分大きくなって長生きしてもらおうと言う事で、水槽をグレードアップする事にしました。

アクアリウムに必要な物

実は前からアクアリウムには興味があって色々と調べていました。どうせやるなら本格的な巨大水槽で挑戦したいと思ったのですが、我が家の設置場所の都合でそんなに大きな水槽は設置出来ません。そこで今置いてあるカウンターに乗る範囲で一番大きな水槽にしようと思います。

水槽は手軽なセットを選ぶ

私は初心者なのでいきなり本格的なアクアリウムに挑戦するのはハードルが高いので、手始めに初心者セット的な物を探したところ、設置場所にちょうど良いサイズの水槽セットを発見しました。

たのしい金魚セット

たのしいキンギョセット、略して「たのきん」。

見るからに初心者向けの水槽セットです。果たしてこれがアクアリウムと言えるのかどうかも怪しいところです。

たのしいきんぎょセットの内容物

セット内容はこんな感じでした。

  • 水中フィルター
  • エアーポンプ
  • ビニールチューブ
  • カルキ抜き
  • 金魚の餌
  • 壁紙

金魚の飼育に必要最低限の物は揃っています。ちなみに壁紙は衝撃的な格好悪さだったので、すぐさま破棄しました。

底砂

大磯砂、2袋

アクアリウムは床砂によって雰囲気がかなり変わってくると思いますが、今回は見た目よりも金魚に適した物を選ぼうと思います。そこで調べた結果「大磯砂」という砂が金魚に適しているようだったので2袋用意しました。

初アクアリウムに挑戦

大磯砂を洗う

大磯砂を洗う

まずは大磯砂の汚れやゴミを洗い流します。やった事が無いのでとりあえず米を研ぐ要領で洗ってみました。水が白く濁ったのでかなり汚れていたようです。

大磯砂を水槽に敷く

水中フィルターをセット

水槽を設置場所に置き、水中フィルターを隅っこに配置しました。

大磯砂を水槽に入れる

大磯砂をカップですくって水槽に入れていきます。一気にやるとこぼれて悲惨な事になるので、ゆっくりと落ち着いて移していきます。

水槽に敷き詰めた大磯砂

立体感を出すために手前は浅く、奥は深く大磯砂を敷き詰めました。砂の量は2袋でちょうど良いくらいでした。

水槽に水を入れる

水槽に水を入れる

水槽に水を入れる時はゆっくり入れないと水が濁ってしまいます。砂同様にカップで移していくととても手間がかかるので、今回は秘密兵器を使用しました。

水槽に水入れ中

プロホース発動!

本来は水槽内のゴミを掃除するための道具なのですが、水を移すのにも使えます。水が溜まったら付属のカルキ抜きでカルキを抜いておきました。

ポンプを置く台を作る

このセットにはエアーポンプが入っているのですが、水面より高いところに設置せよと注意書きに書いてあったので小さなスチール棚を使って台を作りました。

エアーポンプを置く小さな台

この棚には金魚の餌等を収納しようと思います。しかしこの付属のエアーポンプが非常にうるさい上に激しく振動するので、振動吸収マットを敷いてみました。

振動吸収マット

しかし効果はゼロ。

そもそもポンプ自体がうるさいので、もっと静かなポンプに買い替えようと思います。

水槽内をレイアウト

ついにアクアリウムの醍醐味に突入です。ちょうど爬虫類用の天然石が余っていたので複数設置してみました。あれ?ここは奥多摩ですか?と間違われそうな写真ですが、ここは世田谷です。

水草

続いて定番の水草。店員さんに「長過ぎたらハサミで切って下さい」と言われていたので適当に切ってみました。

切りすぎた水草

………。

切りすぎたーっ!!

水槽を綺麗に保つ「EBB-boll」

EBB-ball mini

偶然ショップで見つけた「EBB-boll」は水槽に入れて置くだけで糞や餌を分解し、水を綺麗に保ってくれるようです。アクアリウム初心者の私にとってはまさに夢の石です。

新たな仲間

水槽が広くなり平八も独りぼっちでは寂しいかなぁと思ったので、新たな仲間を連れてきました。

琉金の仁八

琉金の仁八さん。

明らかに平八との格差を感じますが、きっと仲良くしてくれるでしょう。

初アクアリウム完成

初アクアリウム完成

初めてにしてはなかなか風情のある水槽になったと思いきや、やはり水草が全てを台無しにしてくれました。

仲良く泳ぐ平八と仁八

しかし平八と仁八はとても意気投合したようで、ずっと寄り添っています。

苔だらけの谷さん

苔だらけになってしまった石巻貝の谷さんも元気に這っています。

アクアリウムライト

サイズが合っていなかったライトもジャストサイズになり見た目もスッキリしました。

水槽の収納棚

収納スペースもスッキリしましたが、相変わらずポンプがメチャクチャうるさいです。

まとめ

これがアクアリウムと呼べるのかどうかは別にして、とりあえず平八の水槽をグレードアップすると言う目的は果たしました。

しかし水草を切りすぎたことでレイアウトに関しては非常に不本意な結果になってしまったので、これから少しずつレイアウトに手を加えて行こうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう