冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

初めてのベランダ菜園!しゅうかく菜560型で小松菜の栽培に挑戦

ベランダ菜園セット

野菜を食べないギドラ氏に野菜の栄養を摂らせるために、餌となるコオロギ達にたくさん野菜を与えています。育てる手間や収穫するまでの時間を考えるとスーパーで買った方が効率はいいのですが、ベランダにスペースがあるので試しにプランターで小松菜を育てる事にしました。

家庭菜園素人にはセットが楽です

野菜を育てるのは小学校以来で知識もないので、とりあえず楽天でオールインワンになっているセットを探して購入しました。小松菜は害虫がつきやすいとの事なのでネットがセット出来るプランターを選択。

すぐに種植えしたかったので培養土や肥料などがセットになっている物を購入したのですが、鉢底石がセットになっておらず、しかも肝心の種も買い忘れていたのでホームセンターへ行きゲット。

小松菜を植えてみよう

鉢底石

目潰しかと言うくらい粉が舞います。

家に戻り早速ベランダ菜園開始です。まずはプランターに鉢底石を敷きました。今回購入した鉢底石はネットに小分けされているものにしましたが、これとても楽でオススメです。

培養土

この匂い、小学時代を思い出します。

次に培養土を入れました。一袋でちょうど使い切れる量でした。そしてそこから垂れるくらい水をたっぷり与えます。

小松菜の種

こんなにたくさん入っています。

今回植える種はこちら。

穴を掘った培養土

ここに種を植えますよ。

培養土に溝を作って、1センチくらい間隔を開けて種を植えました。植え終わったらまた水をたっぷりやり本日の任務は終了。

7日後

発芽する小松菜

もう生えた!!

なんと、植えてからたった7日でもう芽が出てきました。

8日後

小松菜の新芽

成長はやっ!!

日に日に成長する小松菜。すくすく成長してもらうために2〜3センチくらいの間隔になるよう間引きました。

まとめ

小松菜は家庭菜園の中でもかなり難易度の低い野菜のようで、ただ種を植えてただ水をやるだけで簡単に発芽してくれました。害虫にさえ気をつければ1〜2ヶ月後には無事に収穫できそうです。ベランダにスペースが有りフトアゴやコオロギに小松菜を与えている方はぜひ挑戦してみて下さい。今後の小松菜の成長は随時アップして行こうと思います。

小松菜のプランター

収穫が待ち遠しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう