冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

まずはラフから!爬虫類ケージ一体型リビングボードを作ろう(1)

ラフスケッチ

現在我が家にはリビングに2台(ギドラ氏とどんぐり氏)、私の部屋に1台(きなこさん)、計3台の爬虫類ケージがあります。本来はリビングに3台とも設置した方が餌やりやエアコンでの温度管理が楽なのですが、間取りの都合上リビングに3台置くとなるとどうしても1台だけ違う壁面に設置することになるため、生体同士が顔を合わせてしまいます。

全員が雄のため顔をあわせる度に威嚇の嵐になるので、とてもじゃありませんがお互いの姿が見える場所に設置することはできず、仕方なく今の配置で妥協していました。

しかし最近気づいたのですが、一人別の部屋に取り残されたきなこさんが何だかふてくされている気がするのです。

マルタと壁に挟まれるきなこさん

退屈のあまり丸太と壁に挟まれてみるきなこさん。

そんな中、ふとリビングで使っていたテレビボードを見てみるとかなり劣化していることに気づきました。かれこれ6年以上使っている安物なのでそろそろ買い替えの時期ではありますが、買うくらいならもっと使い勝手の良い自分好みのテレビボードを自作してしまった方が安上がりということで、新年一発目のDIY計画がここに立ち上がりました。

そこでさらに私の脳裏にある閃きが。

リビングのテレビボード

こちらが現在我が家のリビングで使っているテレビボードなのですが、向かって右側の壁面が広く開いています。広さ的にはここにきなこさんのケージを置くことも可能なのですが、前述した通りギドラ氏とどんぐり氏と顔を合わせてしまうのでここには置けません。

しかし3台ともこの面に設置すれば顔を合わせることなくリビングだけで3台のケージを管理することができます。

となると、テレビボードにケージも一体化させてしまえばインテリアとしても成立しそうな予感が…。さらにDIYなので収納なんかも自由自在…。

いける!!

ということで『爬虫類ケージ一体化型リビングボード』という夢のようなインテリアを作って見よう思います。

夢と希望を盛り込んだラフを描いてみる

頭の中にはなんとなくイメージはあるので実際に絵に描いてイメージを具体化していこうと思います。

リビングボードのラフ

細かい部分は気にせずざっくり描いたあくまでもラフですが私の理想はだいたいこんなイメージです。こういうのは出来るか出来ないかは置いといて、とりあえず自分の理想を好きなだけ盛り込んだ方がワクワクして楽しいです。

4台のケージを設置したい

このリビングボードの中で最も重要なのが爬虫類ケージです。今は3台あれば良いのですが、近い将来必ず増えると思うのでこのタイミングでもう1台追加し、4台の爬虫類ケージを設置しようと思います。

ライトや配線などの細かい部分は考える必要はありますが、なるべく正面からは余計なものが見えないような仕様にしたいと思います。

テレビは壁掛けにしたい

これまではテレビ台の上に直置きしていましたが、配線がごちゃごちゃして見た目も良くない上に掃除が大変でした。そこで今回はテレビを壁掛けにしてスタイリッシュな見た目にしたいと思います。

ただ壁に直接設置はできなので壁面にボードを立てて壁掛けする必要があります。そうなると問題は壁面全てをボードで覆うのか、テレビ部分だけにするのか。リビングボードは茶色系に塗装しようと思っているので、壁面全てを覆ってしまうと部屋が狭く感じるかもしれません。

かといってテレビ部分だけをボードにする場合、ケージ部分とどうやって一体化するのかが難しいところです。この点は要検討なので、図面を作りながら考えようと思います。

たっぷり収納したい

収納スペースはできるだけ多く作って、日用品から爬虫類用品まで全部収納できるようにしたいと思います。また本や雑貨、アートなんかも置けそうな棚を二段作ってリビングを華やかに彩りたいです。

木材の選定

今回は大型になりそうなのでSPF材よりも集成材を使用しようと思います。SPF材に比べると高価ですが塗装した時の色味も全然違います。集成材といってもいろいろな種類がありますが、中でも比較的安価なパイン材が第一候補です。

塗料の選定

塗料はよく普段から使っているワトコオイルかオスモカラーにしようと思います。

質感や色の仕上がり具合で言えば個人的にはワトコオイルの圧勝です。マットに仕上がり木材独特の質感を最大に引き出してくれますが、防水・撥水性がありません。

一方オスモカラーはややツヤがある仕上がりなので今回の仕上がりイメージには合いませんが、撥水性に優れています。フトアゴのケージに撥水性はそれほど必要ありませんが、他の生体を飼うとなると話は別なので今後のことも考えながら決めていこうと思います。

まとめ

突然始まってしまったDIY連載企画ですが、今回はかなり大掛かりなものになりそうです。まだラフの段階なのでこれから細かい部分を詰めていく必要がありますが、完成した姿をイメージすると楽しみで仕方ありません。

次回は今回描いたラフを元に細かな部分を詰めていき図面を作成しようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう