冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

フトアゴヒゲトカゲの年賀状をネットで簡単に作れる『年賀家族2016』

年賀家族で写真を編集

早いもので今年もあと二ヶ月を切りました。これからクリスマス・カウントダウン・正月と年末年始に向けてイベントごとが目白押しです。

この時期になるとそろそろ年賀状の準備をしないとなぁ〜と頭によぎるのですが、なんだかんだで後回しにしてしまい、毎年ギリギリになってしまっています。

私は一応デザイナーなので自分で年賀状をデザインする事が出来るのですが、年末は忙しくてなかなか時間を割く事ができず、結局コンビニで買った年賀はがきを使用していました。

しかし!

今年はちょっと事情が違います。そうです、ギドラ氏とどんぐり氏という新しい家族が二人も増えたのです。

横に並ぶフトアゴヒゲトカゲのケージ

何も知らずに年賀状にされようとしているギドラ氏とどんぐり氏。

と言う事で来年は申年にも関わらず、関係各所にフトアゴヒゲトカゲの年賀状を送りつけてやろうと思います。

フトアゴヒゲトカゲの写真を使って年賀状を作る方法

好きな写真を使って年賀状を作る方法は大きく分けて二つあります。

  1. 年賀状作成ソフトを使う
  2. ウェブで注文する

最近はほとんどの家庭にパソコンとプリンターがあると思うので、年賀状作成ソフトを購入すれば自宅で簡単に年賀状を作成する事が出来ます。

しかし年に一度の年賀状のためにわざわざソフトを購入するのは勿体ない気がします。また高性能なプリンターであれば良いのですが、そこそこのプリンターだとどうしても品質がよくありません。

そこで私がお勧めするのは、もう一つのデザイン作成から注文までを全てウェブ上で済ませる事が出来るサービスを利用する方法です。

調べてみたところウェブで年賀状を作れるサービスは何社か存在するようですが、各社の特徴を比較した結果、【年賀家族2016】というサービスが非常に優れていました。

『年賀家族2016』の特徴

年賀家族2016

デザインテンプレートが多い

何と2万バリエーションのテンプレートが用意されています。2万バリエーションというと、確認するだけでも相当な時間がかかりますが、これほどの数のテンプレートが用意されていればきっと理想のデザインが見つかるはずです。

デザインセンスが良い

テンプレート数が多いからと言って、ダサいテンプレートばかりだと何の意味もありません。しかし【年賀家族2016】のテンプレートはとにかくデザインセンスが良いです。

デザインの良し悪しは色使いや装飾が全てではなく、何よりも大事なのはバランスです。【年賀家族2016】のテンプレートはこのバランスが優れたものばかりでした。

デザインを何種類も使用できる

通常は1デザインごとに使用料金がかかる事が多いですが、【年賀家族2016】追加料金なし20種類まで同時に注文する事が出来ます。送る相手に合わせてデザインを変える事が出来るので、例えば『あの部長は爬虫類が嫌いだったな…。』てな場合には申推しデザインの年賀状を送れば良いのです。

楽しく・簡単に作れる

これは後ほど制作工程を紹介しようと思いますが、非常に簡単に年賀状が作れます。画像ソフトをブラウザ上で編集するといったイメージで、ああでもないこうでもないと考えながら編集するのがとても楽しいです。

紙の品質が良い(らしい)

まだ実際に手に取って見ていないので確かな事は言えませんが、

もちろん写真好きが写真品質に妥協するはずがございません!

フジの最高品質銀塩ペーパーとさわり心地まで追及した貼りあわせ加工。
本当に美しく満足できる最高級仕上げ。クリエイターの自信作。

と断言しているので品質には自信があるのでしょう。

写真をプロが補正してくれる

これには正直驚きました。おそらく一般家庭で年賀状にする写真と言えばデジカメやスマホで撮った写真がほとんどだと思います。昔に比べると性能が上がったとは言え、実際に印刷してみると微妙に色が沈んでいたり、鮮やかさにかけることがあります。

しかし【年賀家族2016】では印刷前に写真を綺麗に補正してくれると言うのです。

実際にフトアゴ年賀状を作ってみた

会員登録する事で実際に自分の写真を使ってデザインを作成する事ができるので、試しにやってみました。

テンプレート選び

まずはテンプレートを選びます。

年賀家族でテンプレート選び

さすがに2万バリエーションのテンプレートがあるだけあって検索しやすいようになっています。せっかくなので2016年の最新作から選んでみます。

年賀家族の新作デザイン

申年を活かしつつフトアゴの写真を使えそうなデザインを発見しました。おそらくこのテンプレートを作ったデザイナーさんは「ここには家族の写真をハメ込むんだ」と思っているでしょうが、我が家ではトカゲの顔をハメ込んでやりますよ。

デザイン作成

年賀家族でデザイン作成

テンプレートを選んだら早速デザイン開始です。このように作業はブラウザ上ですべて行います。テンプレートにそって文字や写真を挿入するだけなので非常に簡単で、ワンクリックで背景の色や挿入する文字を変更する事が出来ます。

年賀家族でデザイン作成中

次に猿の顔の部分にギドラ氏とどんぐり氏の顔を挿入する写真をアップロードします。ちょうど正面を向いた写真がありました。

年賀家族で写真を編集

ドラッグ&ドロップで写真を拡大・回転し申の顔にハメ込みます。同じようにどんぐり氏の写真も挿入し編集します。あとは差出人情報を編集するだけで出来上がりです。

年賀家族で作った年賀状

所要時間3分でした。

注文するなら早い方がお得

年賀家族の早割キャンペーン

【年賀家族2016】では早期割りキャンペーンを実施していて、注文が早ければ早いほど料金が割引されてお得のようです。

実際にいくらかかる?

【年賀家族2016】のサイトに価格計算シュミレーションという機能があったので試しに見積りを出してみました。

注文枚数:100枚
ハガキの種類:郵政ハガキ(切手付)
納期:通常

年賀家族の見積り

早期割が適用されて、通常料金から5600円ほど割引されました。1枚あたり186円。これを高いととるか安いととるか微妙なラインですが、20種類のデザインの年賀状を追加料金なしで作れる事を考えると決して高くは無いと思います。

まとめ

最近はメールやLINEで年賀状を送れるサービスもあり、実際に年賀状を送る人が減って来ているようです。しかし年賀状は一言手書きでメッセージを添えるだけでメールやLINEでは伝える事が出来ない「温かさ」を伝える事が出来ると思います。

年賀状の準備がまだと言う方はぜひ【年賀家族2016】をチェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう