爬虫類好きにオススメ!天王寺動物園の爬虫類生態館・アイファー

先日通天閣の近くにある天王寺動物園に行ってきました。専門学生時代に一度行った記憶があったのですが、実際に行ってみると全く行った事がありませんでした。これと言った目玉もおらず地味なイメージの天王寺動物園ですが、実は爬虫類好きがとても楽しめるゾーンがありました。それが爬虫類生態館・アイファーです。

大人500円、小・中学生200円

広告

爬虫類生態館「アイファー」

熱帯雨林ゾーン

熱帯雨林ゾーンの霧

爬虫類館に入るといきなり熱帯雨林ゾーンに突入します。入るやいなや急にミストが噴出し湿度MAX。さて、ここには一体何がいるのかとよく探してみると…。

ミシシッピワニ

出ました、ミシシッピワニの登場です。いきなりの大物でビックリしましたが、初っ端からこれならこの後もなかなか期待できそうですね。

ちなみにこのミストゾーンには見知らぬおじいさんがずっと寝ていました。

カメがたくさんいます

熱帯雨林ゾーンの次はカラッとした砂漠へ到着です。あ、これすごい砂漠にいるように見えますが、絵です。

亀の注意書き

ここで登場したのゾウガメ。誰かがガラスを叩いたのか、みんなシェルターにこもってました。ゾウガメの他にもアイファーにはいろんな種類のカメたちがいました。

ニューギニアナガクビガメ

首だけでなくやたらと足も長いニューギニアナガクビガメや。

スッポンモドキ

ガラスに向かって泳ぎ続けるスッポンモドキまで、カメ好きも納得のラインナップでした。

トカゲがたくさんいます

アイファーには私の大好きなトカゲたちも続々と登場します。

フトアゴヒゲトカゲ

昼間っからダラけているフトアゴヒゲトカゲや。

グールドオオトカゲ

威厳のある姿でバスキングするグールドオオトカゲや。

アオジタトカゲ

不機嫌そうな顔で土に埋まるオオアオジタトカゲまで、人気のトカゲたちも勢ぞろいでした。

カエルがたくさんいます

アイファーにはイエアメガエルやアメフクラガエルなどポピュラーなカエルよりも、変なカエルがたくさんいました。

アフリカツノガエル

別にふざけているわけではなく常に真剣なアフリカツメガエルや。

ヘルメットツノガエル

こちらも別にふざけているわけではないヘルメットガエルまで、普段あまり見る機会のないカエルたちが見れます。

蛇もいます

インドニシキヘビ

種類は少ないですが、インドニシキヘビや。

バルカンヘビガタトカゲ

えーと…。

バルカンヘビガタトカゲの看板

ヘビじゃない!

天王寺動物園の基本情報

アクセス

新世界ゲート

地下鉄「動物園前駅」1号出口より徒歩5分~10分
地下鉄「恵美須町駅」3号出口より徒歩5分~10分
南海・JR「新今宮駅」通天閣口(東口)より徒歩約10分

てんしばゲート

地下鉄「天王寺駅」5番出口より徒歩5分~10分
JR「天王寺駅」中央出口より徒歩5分~10分
近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」7番出口より徒歩約10分

駐車場

天王寺公園地下駐車場(500台)
天王寺公園茶臼山エントランス駐車場(70台)

住所

〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

地図

[map addr=”大阪市天王寺区茶臼山町1-108″]

営業時間

9:30~17:00(入園は16:00まで)
休園日:月曜日(休日にあたる場合は翌平日休)

TEL

06-6771-8401

まとめ

今回紹介したのはアイファーのほんの一部で、実際にはかなりのボリューム感でした。天王寺動物園に入る時の500円を払うだけで入ることができるのでコスパは高いです。

あまり知られていないマイナースポットではありますが、爬虫類好きの方はぜひ一度足を運んで見てください。

https://matchthebait.com/izoo-2

爬虫類ゾーン「アイファー」
フォローして最新情報をチェック!
広告
>爬虫類用木製ケージ製作します

爬虫類用木製ケージ製作します

フトアゴヒゲトカゲなどの爬虫類用の木製ケージを製作します。

CTR IMG