冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

爬虫類用紫外線ライトから本当に紫外線が出ているのかを検証してみた

紫外線をチェック出来るカード

東レプにてSANKOと言うメーカーのブースで便利そうな物を発見しました。

UV SENSORと言う名の通り、紫外線(UVB)がどの程度出ているのかを確認できるカードです。何とこれが200円で販売されていて、500回も計測できるとの事なので即購入しました。使い方は簡単で、紫外線を計測したい場所にこのカードをかざすだけで紫外線量に応じた色に変化します。ただ、結果の表記がhigh/moderate/lowの三段階で、具体的な数値まで測る事は出来ません。それでも飼育環境下で紫外線の有無は確認できるのでとても便利なカードを購入できたと思います。

フトアゴヒゲトカゲに必須な紫外線(UVB)の有無を確認しよう

フトアゴヒゲトカゲは紫外線を浴びる事で新陳代謝を活発化したり体内にビタミンD3を作ったりします。そんな紫外線を我が家の飼育環境下ではどれくらい生体に浴びせる事が出来ているのかざっくり検証してみました。

ギドラ氏のケージの紫外線量

ギドラ氏のケージでは、ケージ上の蓋(ネット)の上からジェックス レプタイルUVB150 26Wを照射しています。使用期間は2ヶ月半くらいです。いつもギドラ氏がバスキングしている場所へカードを置いてみると。

床に置いて紫外線を計測

全然出ていない。

これはいかんです。

全然紫外線に反応していません。そこでカードをランプから15センチくらいの距離まで近づけてみました。

ケージ内の紫外線を網越しに計測

少しだけ色が変化。

これでもまだ最低ランクのlowにも満たない紫外線量ですね。ケージ上部のネットが紫外線をカットするという話はよく聞くので、直接15センチの距離で照射してみました。

紫外線ライトの紫外線を直接計測してみる

そこそこ出てきました。

やっとlowの値まで色が変化。これは衝撃的な結果になりました。紫外線ランプはあくまで補助的に考えていたのですが、ここまで紫外線量が少ないとは思いませんでした。

ベランダの紫外線量(日向)

そうなるとやはりフトアゴヒゲトカゲの飼育には日光浴が重要な役割を果たす事になります。試しに普段ギドラ氏が日光浴をしているベランダの紫外線量をチェックしてみました。ちなみに、計測した日は薄曇りでやんわり日が射す程度でした。

ベランダの紫外線量をチェック

安定のお天道様。

薄曇りでもこの結果です。画像ではわかりませんが、徐々に色が変わっていった紫外線ランプと違い、ベランダに出た瞬間にここまで色が変わりました。

ベランダの紫外線量(日陰)

そういえばギドラ氏は日光中に暑くなるとすぐに日陰に避難します。早い時だと3分くらいで日陰に移動してしまうので、せっかく晴れているのに勿体ないなぁと思っていたのですが、日陰の紫外線量はどうなのでしょう?ちょうどギドラ氏の日光浴ケージが日陰だったのでカードを置いてみました。

日陰の紫外線量を計測

日陰を舐めてました。

薄曇りの日陰でも紫外線ランプに直接15センチまで近づけた時と同じレベルの紫外線量を記録。太陽パワー恐るべしです。

今回の検証でわかった事

  • 紫外線ランプに十分な紫外線は期待できない
  • ケージ上に設置する場合はネットを外す
  • 日光浴は効果絶大
  • 日光浴は日陰でもたっぷり紫外線を浴びる事が出来る

一目瞭然の結果となりました。とにかく日光浴ですね。紫外線ランプに強い紫外線を求めようと思うと、生体との距離を縮めることになり、今度は生体の目等に悪影響を及ぼしそうです。これからの季節は日光浴しやすくなるのでいいとしても、秋から冬にかけて日光浴できない季節の事を考えると飼育環境の改善を検討する必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう