フトアゴ用ハーネス再販開始!!

Y!mobile(ワイモバイル)へドコモから乗り換える(MNP)手順

mobilephone

つい先日、かれこれ20年間使い続けたドコモを卒業しワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えました。結論から言いますと…もっと早く乗り換えればよかった!

ドコモからワイモバイルに乗り換えた理由

高校の時に初めて携帯電話を持ったのがドコモだったのですが、それ以来長年ドコモを使い続けてきました。iPhoneが登場した時にソフトバンクへの乗り換えを考えましたが、電話番号やメールアドレスが変わると面倒臭いのでドコモに残留。その後MNPの登場で乗り換えがしやすくなりましたが、ドコモでもiPhoneが使えるようになったことで、私にはキャリアを変える理由がなくなりました。

そんな中、ワイモバイル(Y!mobile)UQモバイル・MVNOなどの格安SIM・格安スマホが登場します。安いだけでどうせ電波が悪いんでしょ?と敬遠し続けてきましたが、食わず嫌いも良くないので試しに調べてみたところ、どう考えても乗り換えた方が良いことが発覚しました。

なぜY!mobile(ワイモバイル)?

ワイモバイル(Y!mobile)UQモバイルなど大手キャリアのサブブランドを筆頭に、数多くの格安SIM・格安スマホと呼ばれるMVNOが存在します。全ての情報を調べ尽くして徹底比較した結果、私の使用状況にもっとも適しているのはワイモバイルUQモバイルのどちらかでしたが、最終的にはYahooプレミアム・10分間以内の電話がかけ放題・桐谷美玲などが決め手となりワイモバイル(Y!mobile)を選択しました。

料金が安い

ワイモバイルの料金表

出典:Y!mobile

ドコモを使用していた時は毎月約10000円くらい支払っていましたが、ワイモバイル(Y!mobile)の最安プランに乗り換えた場合、ドコモ端末の残った分割払いを含めてもこれまでの半額に抑えることができます。

MEMO
料金面だけでいえば他のMVNOの方が安く利用できるので、とにかく料金を安く抑えたいという人はMVNOをご検討ください。

使用中のiPhoneをそのまま使える

乗り換えや機種変更をする際に煩わしいのがスマホのデータ移行や初期設定ですが、現在使用しているiPhoneをそのまま使用することができます。データやアプリなどもそのままの状態で、ただ回線がドコモからワイモバイル(Y!mobile)に切り替わるだけなので、面倒臭いデータ移行は一切不要です。

MEMO
端末によっては使用できない場合があります。

通信速度が早い

ワイモバイル(Y!mobile)は他のMVNOに比べるとかなり快適な通信速度となっています。ただ時間帯や場所によって通信速度が変わってくるので今後検証していきたいと思います。

10分以内の電話が無料

通話にLINEを使用しているという方はあまり恩恵を受けることはできませんが、短い電話を頻繁にかける場合はかなりお得です。私は仕事で頻繁に電話を使うので、かなり恩恵を受けることができそうです。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」が無料で付いてくる

ワイモバイル(Y!mobile)を契約すると無条件でYahoo!プレミアム for Y!mobile」という特典が付いてきます。

Yahoo!プレミアムは月額462円(税抜)で利用できる有料サービスなのですが、簡単に元が取れるほどの数多くの特典が標準装備されています。

私はよくヤフオクを利用するのでこれまでは月額462円(税抜)を支払って利用していましたが、ワイモバイル(Y!mobile)にしたことで無料でこれまでと同じ特典を受けることが可能になりました。

デメリットや注意点

違約金が発生する場合がある

ドコモのプランは基本的に2年縛りがあるので、途中で解約すると違約金9500円が発生します。この違約金がネックになり乗り換えを躊躇しがちですが、人によっては2ヶ月で元が取れるので、迷う必要は全くありません。

今まで使っていたキャリアメールが使えなくなる

ドコモでは〇〇〇〇@docomo.ne.jpというキャリアメールが使用できましたが、ドコモを解約することでこのメールアドレスは使用できなくなります。しかしLINEが主流になってきている今となっては、キャリアメールにそれほどこだわる理由もありません。

乗り換えのタイミングに注意

もし月初めにドコモを解約した場合、解約した日ではなく月末までの利用料金を支払う必要があるので、必ず月末のタイミングで解約できるように段取りしましょう。

2年縛りがある

ワイモバイル(Y!mobile)はドコモやソフトバンクと同様に2年契約という魔の縛りがあります。もちろん途中解約は違約金が発生するため、二年間は使い続ける覚悟が必要となります。

ドコモからワイモバイルに乗り換える手順

使用中のスマホ(iPhone7)をそのまま引き続き使用し、オンラインストアから申し込んだ場合のMNP手順をご紹介します。

ステップ1:事前準備

使用中のiPhoneが引き続き使えるかどうか確認する

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えてからも現在使用中のiPhoneを引き続き利用するのがもっとも楽な方法です。しかし機種によっては使用できない場合があるので、下記ページで使用中のiPhoneが使用可能かどうかを確認しましょう。

Y!mobileで使用可能な端末一覧

プランを決める

ワイモバイル(Y!mobile)には3つのプラン(スマホプランS/スマホプランM/スマホプランL)が用意されています。それぞれ利用可能なデータ容量に違いがあるので、自分の毎月の利用量に合わせてプランを決めましょう。

Y!mobileの料金プラン一覧

オンラインで申し込むか、店頭で申し込むかを決める

ワイモバイル(Y!mobile)はオンラインか店頭で申し込み可能です。わざわざ店頭まで行かずに自宅でサクッと済ませることができるオンラインからの申し込みがオススメです。

支払い方法を決める

支払い方法はクレジットカード銀行振替から選べます。オンラインストアからの申し込みはクレジットカードのみ可能で、銀行振替の場合は店頭か郵送での申し込みになります。

必要なものを準備する

ワイモバイル(Y!mobile)の申し込みにはクレジットカード(本人名義)本人確認書類が必要になります。

Y!mobileの契約に必要な本人確認書類

ステップ2:SIMロック解除をする

ワイモバイル(Y!mobile)で引き続きiPhoneを使用するにはSIMロックを解除する必要があります。My docomoからの手続きが簡単なのでおすすめです。

まずSIMロックの解除には使用中のiPhoneのIMEI番号が必要になります。iPhoneで「設定」→「一般」→「情報」を表示すればIMEI番号が確認できるのでメモしておきましょう。

次にMy docomoにアクセスし、「その他」→「SIMロック解除」をクリックします。するとIMEI番号を求められるので先ほどメモした番号を入力します。

ステップ3:MNP予約番号の取得

ワイモバイル(Y!mobile)への乗り換えにはMNP予約番号が必要になります。これはMy docomo、電話、店頭のいずれかで取得可能ですが、電話が一番簡単なのでおすすめです。

ドコモの携帯の場合151
ドコモ以外の携帯の場合0120-800-000

上記番号へ電話してガイダンスに従って進めてください。

ステップ4:ワイモバイルへ申し込む

MNP予約番号が取得できたら早速ワイモバイル(Y!mobile)のオンラインストアへ移動し申し込みましょう。

Y!mobileオンラインストア

オンラインストアのSIMカード

出典:Y!mobile

現在使用中のiPhoneをそのまま使う場合は「SIMカード」を選択します。iPhone7のSIMカードのサイズはnanoサイズになるので間違えないようにご注意ください。

私の場合は2GBあれば十分なので料金プランはスマホプランSを選択。

スマホプランSは、通常は月額2,980円(データ容量1GB)なのですが、ワンキュッパ割が適用されると月1000円の割引(12ヶ月間)を受けることができるため、最初の1年間は月額1,980円で利用することができます。

さらに新規契約・MNP・ソフトバンクからの番号移行・契約変更のいずれかで、スマホプランS/M/Lを契約した場合、データ容量2倍オプションが2年間無料になるキャンペーンが適用されるため、2年間データ容量が2倍の2GBになります。

申し込みが完了すると審査が開始され、審査に通るとSIMカードが出荷されます。

ステップ5:SIMカードが届いたら回線の切替手続きをする

ワイモバイルのSIMカード

ワイモバイル(Y!mobile)に申し込み後、2日後にSIMカードが届きました。早速携帯に差し込みたいところですが、その前に回線の切り替えを行う必要があります。

基本的には何もしなくても自動的に回線は切り替わります。しかし自動切り替えの場合、着荷が確認された翌日に切り替わるため、すぐにはワイモバイル(Y!mobile)を使用することができません。

今すぐ使いたい、せっかちな人におすすめなのが手動切り替えです。手動といっても自分で切り替えるわけではなく、オンラインストア事務局に電話して切り替えてもらいます。

ワイモバイル オンラインストア事務局

TEL:0120-200-128
10:00~19:00
※年中無休(1月1日を除く)

上記電話番号に電話して回線の切り替えをお願いします。この時、契約者本人出ないと切り替えてくれませんので要注意です。

切り替えをお願いしたらとりあえず待機。iPhoneの電波が圏外になったら切り替え完了の合図なのでSIMカードを差し替えましょう。

ステップ6:APN設定

回線の切り替えが終わり、SIMカードを差し替えただけではまだワイモバイル(Y!mobile)は使えません。最後にAPN設定をする必要があります。

これはとても簡単で、下記URLにアクセスしてAPN設定用の構成プロファイルをダウンロードしてください。

APN設定用の構成プロファイル

プロファイルをインストールしたらiPhoneをいままで通り使えるようになります。

MEMO
iPhoneに残っているドコモ用の構成プロファイルは不要なので削除します。削除するとキャリアメールも全て消えてしまうので、必要であればバックアップしておきましょう。

まとめ

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えてから数日が経ちましたが、今のところなんの不都合もなく今まで通り使用できています。私の場合、残っていた端末の分割代金を含めても月に5000円も節約できることになるので、こんなことなら元早く乗り換えておけばよかったとちょっと後悔しています…。

おそらくこれから大手キャリアから格安SIMや格安スマホへ乗り換える人がどんどん増えてくると思うので、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう