製作は計画的に!自作木製ケージの設計図を作ろう

パソコンに映る設計図を見るギドラ氏

以前木製自作ケージのメリットについてお伝えしましたが、やっとこさギドラ氏の新しいケージの企画に入りました。

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なケージには様々な素材の物がありますが、今回は自作する事にした木製ケージのメリットをご紹介します。

昔看板屋で働いていた経験を生かしてギドラ氏に立派なケージを作りたいと思います。

スポンサーリンク

木製自作ケージに導入したいポイント

せっかく自由に設計できるので、出来る出来ないは別として使い勝手や機能性を考えて好き放題考えてみました。

スタイリッシュにしたい

あまり分厚い木材を使うと頑丈で立派なケージにはなりそうですが、見た目が好みでないのでなるべく薄めの木材を使用し、パーツ数も最小限に抑えてスタイリッシュな木製ケージにしたいと思います。

通気性の確保と温度調整機能をつけたい

夏の暑さ対策のために天井はほぼ全面金網にし、両サイドにも通気口を作ります。また冬場は通気口を塞いで保温性を調整出来るようにしたいと思います。換気ファンも付ければ完璧なのですが、とりあえず今回は保留にしました。

フロント面のガラス面を出来る限り広くしたい

ガラスケージと違い両サイドが木材になるため、フロント面は出来る限りガラス面を広く取り観賞しやすくしたいと思います。フトアゴ側からするといい迷惑かもしれません。

保温機具設置用パーツを完備したい

保温ランプはもちろん、冬場は暖突の稼働が必須になるので暖突を簡単に付けたり外したり出来るようにしたいと思います。

ケーブル類をまとめてすっきりさせたい

ライトやサーモ等、設置機具が多いのでケーブルの量も増えてしまいます。このケーブルを制する者が自作ケージを制すると思っています。

天井は開閉式にしたい

現在使っているガラスケージも開閉式になっているのですが、開けるたびにケーブルを外す必要がありかなり不便に感じていました。自作ケージではケーブルは干渉せず簡単にパカッと開閉できるようにしたいと思います。

ケージ専用台もついでに作りたい

現在のギドラ氏のケージを置いている台はアイリスオーヤマのパーツを組み合わせて作りました。これはこれでガラスケージにはマッチしていますが木製ケージには合わないのでいっその事まとめて作ってしまおうと思います。

木製自作ケージの設計図

上記の希望を盛り込みつつ設計図を作ってみました。あくまで机上での設計図なのでこの通りに作れるかどうかはわかりませんが、そこのところは臨機応変に対応しながら作りたいと思います。

使用する木材

DIYの定番でもあるSPF材を使用します。今回はワンバイ材を使用しスタイリッシュに決めて行きます。

正面

木製自作ケージのフロント面

正面は極力シンプルに、かつガラス面を出来る限り広く取れるように1×2(ワンバイツー)を縦に使い枠を作る事にしました。ガラスは現在のケージと同じく引き戸タイプにして、ガラスレールは奮発してアルミ素材にしました。プラスチックなら数百円で購入できますが、木とアルミのハイブリッドでクールに決めます。

側面

木製自作ケージのサイド面

サイド面のポイントは通気窓です。逃走防止のために窓に金網を付けようと思うのですが、どうやって付けるか悩みました。ビスでとめるだけだと安っぽいし、かといってサッシ仕様にするのも費用がかかるので、木材とアルミアングルで金網を挟み込むことにしました。また、冬場に保温高価を高めるために窓を塞ぐ扉も作ります。

天井面

木製自作ケージの天井面

天井は開閉式にするので本体とは別物で作り蝶番で本体に取り付ける形にしました。構造はいたってシンプルで1×2(ワンバイツー)で金網を挟み込む形です。金網の上にライトを設置する予定なので重さに耐えれるように支えとなる柱を二本取り付けます。この柱を使って保温機具も付けられるようにしようと思います。

裏面

木製自作ケージの裏面

裏面は1×4(ワンバイフォー)を並べるだけのシンプル設計です。どうせケージ内にバックボードを入れるのでワンバイ材ではなく一枚の板でもよかったのですが、厚みが変わってくると色々と面倒なので結局ワンバイ材にしました。

底面

木製自作ケージの底面

底は厚みが変わっても特に影響はないので一枚物のOSB材を使用します。ここは寸法通りにカットしないと全てがズレてしまうので要注意です。

ケージ台

木製自作ケージの台

ケージと一体型にした方が安く済むと思うのですが、今後の移動等を考えて台は別に作る事にしました。我が家での設置場所に合わせて低めの台になります。

カット図

木製自作ケージのカット図

木材はホームセンターで購入してその場でカットしてもらいます。そこで店員さんがカットしやすいようにカット図を作りました。仕様に凝ったので思ったより本数が増えてしまいました。

まとめ

SPF材はとても安価な反面、微妙にサイズが違っていたり反っていたりするので、購入時には出来るだけ真っ直ぐな物を選ぶ必要があります。またカットする店員さんの腕によっては指定通りにカットされない事もあるので、ベテランっぽい店員さんに声をかけようと思います。しかしそれでも微妙なズレは必ず生じてくるので、その都度臨機応変に対応して行くしかなく、元看板屋の意地の見せ所です。果たして図面通りにケージは完成するのか。いざ、ホームセンターへ!

続きはこちら

フトアゴヒゲトカゲ用の木製ケージを自作するに必要な道具や材料をご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージ製作します
木製シェルター販売中
フトアゴヒゲトカゲグッズ等を販売中
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメント

  1. カズヤ より:

    おはようございます!

    木製ケージ設計図拝見しました^ – ^
    完成楽しみですね!

    専門的なとこもあり僕には結構作るの難しそうなので完成系の写真UP楽しみにしてます(^O^)

    • ウォーキー より:

      こんにちわ!DIYが好きなのでワクワクしてます!
      ケージ作りは初めてですが頑張って作るので経過を楽しみにしていてください(^^)/

  2. ケロ子 より:

    久し振りです、コオロギの件でお世話になった者です
    うっひゃーΣ(・□・;)す、すごいですね、設計図
    私は中学の技術の時間にCDラック作ったくらいですよ〜ガッタガタのヤツを….工作は苦手なんですよね
    私にも作って頂きたいもんですね…笑

    • ウォーキー より:

      こんにちわ!

      ケージを自作するのは初めてなので上手い事作れるかわかりませんが、ギドラ氏が満足できるケージを作れるように頑張ります(^^)

  3. コンニャク より:

    初めまして!
    これを参考にケージを作ってみようと思うのですがガラスの大きさを教えてくれませんか?
    返答お願いします

    • ウォーキー より:

      >>コンニャクさん

      コメントありがとうございます。
      始めて作ったケージで何かと改善が必要なので、参考程度にしてもらうのがいいかもしれません。

      ガラスのサイズは横幅431mm×縦幅410mmです。

      木材の寸法が正確でなかったり、組んだ時に四隅が直角でないとガラス戸として機能しないので注意が必要です。(場合によってはガラスをはめる事すら出来ない場合も…)

      またガラスが大きく重いためアルミフレームの場合、ガラスでアルミが削れてアルミの粉が出てきます。今思うとガラスのサイズをもう少し小さくしておいたら良かったなと思います。

      ちなみに取っ手なしだととても開けにくいのでガラスに吸盤をくっつけて取っ手代わりにしています。

  4. あかい より:

    初めまして、同じく爬虫類を飼育している者です。
    こうしてケージを作ることを考えていて、設計図を作ろうと手書きしたり、エクセルで作ってみたりしていますが、ウォーキーさんはどのように作られていますか?
    他のページも見てみましたが、そうしたコメントを見つけられませんでしたので、宜しければ教えてください。
    飼育ケージの販売の方を始められたようで、ますます大変になるでしょうが、頑張って下さい!

    • ウォーキー より:

      >>あかいさん

      コメントありがとうございます。

      ケージの設計図はアドビのイラストレーターを使って作っています。仕事でかれこれ15年使っているので個人的にはイラレが一番早く作れるのですが、他にもっと簡単に作れるソフトはあるかもしれません(^^;)

      • あかい より:

        返信してくださっていたんですね、全然気付かなくて返事が遅くなってしまいました。すみません。
        設計図がとてもわかりやすくて上手だったので真似しようと思ったのですがアドビと聞くと難しそうですが、こちらのブログを参考になんとかケージ作りに取り掛かろうと思います。
        お返事ありがとうございました。

  5. 朔光 より:

    こんばんは はじめまして。
    作成をこころみようとしています 少し教えていただきたいのですがお願いします
    SPF材はよく使われていますが  集成材はどうでしょうか? ボンド系が含まれているのでよくないのでしょうか?  下部 底板は 蜜蝋ワックス塗り込みで処理 中部 上部は素地の予定です フトアゴさんに 害ってのはどうなんでしょう?

    • ウォーキー より:

      >>朔光さん

      集成材に使用されている接着材に含まれるホルムアルデヒドが人体や動物によくないと言われていますが、どれくらいの濃度で爬虫類に悪影響があるのかはわかりません。

      以前集成材を使用する際にハウスメーカーでノン・ホルムアルデヒド住に関わっていた知人に相談したのですが、集成材を使用するのであればごく微量のホルムアルデヒドは避けられないとのことでした。

      F☆☆☆☆(フォースター)と記載されている集成材を使用すればおそらく大丈夫との事ですが、気温が上がる夏場は放散量が増えフォースターでも人によってはシックハウスの症状が出るらしいので、通年高温を保つケージ内の上部は塞がず(密室にするとケージ内にホルムアルデヒドが充満するため)なるべく通気性の良い設計にすると良いそうです。それでも心配であればホルムアルデヒド吸着剤を使用したり、ホルムアルデヒドを分解する薬剤(光触媒など)で集成材をコーティングしてしまうと良いとのことでした。

      とはいえ、一般家庭には集成材以外にもホルムアルデヒドを放散するものはたくさんあるのでOKラインの線引きは難しいところです。個人的には試験紙や検査機器を使ってケージ内と生活スペース(リビングなど)のホルムアルデヒドの濃度を計測してみて、ケージ内が生活スペースと同じ程度の濃度ならOKラインかなとは思います。あくまでも自己責任の範囲ということになりますが。。

      蜜蝋ワックスは使った事はありませんが、とても良いワックスだと思います。ただ爬虫類は色んなところを舌で舐めるので、唾液に対する耐性はメーカーに確認した方がいいかもしれません。

      • 朔光 より:

        こんばんは
        詳しく説明していただき助かります。やっぱりちいとまずそうですかね;
        12mmのもので加工すればSPFよりも軽くできるのではと思ったんですよ 使用するのが女の人なのでたまには日に当ててケージの日光浴も必要かなと思った次第です。 
        リビングボードの作成に集成材を使用されてるようでしたのでお伺いしてみました。完成されましたか?

        まだ 作図段階で何も手を付けてないですが プレナー・ベルトサンダ・卓上丸鋸のある作業場を借りれることになったので SPFを加工の方向で考えてみます
        正面は引き戸と扉 使い勝手はどうですか? 上蓋は網を取り入れたほうがよさそうですね こちらのケージを参考にさせていただきます。

        蜜蝋は自然素材と言われてるようですので水分対策・汚れ対策として使ってみようかと思ってます  どうもありがとうございました。

        • ウォーキー より:

          >>朔光さん

          重さに関してですが、軽さを重視するのであればSPF材はかなりバラツキあるので、購入時に軽いものを選別すればかなり軽いケージを作れると思います。作業場も借りれるとのことなのでやはりSPFがオススメです。

          ただ集成材がダメかと言われると個人的にはフォースターであれば問題ないとは思いますが、ちょっと気になってきたので環境が出来次第、試験紙等で放散量を調べてみようと思います。

          正面の仕様に関しては、メンテナンスを考えると上開きの扉(開いた状態で固定できる)が一番使い勝手はいいと思いますが、我が家では滅多に大掛かりなメンテナンスはしないのでスライド式のガラス引き戸でも十分です。

          最後に上蓋の金網ですが、蓋の上から金網越しに紫外線ライトを照射する場合は目の粗い金網がオススメです。

  6. 朔光 より:

    こんばんは
    いつも行くホームセンターにはフォースターの赤松集成材はありませんでした。
    店員さんの話では風が通っていればフォースターでなくても とはおっしゃっていましたが 爬虫類さんたちへの影響はわからない しかし箪笥 机 椅子など
    通常生活用のものからもでてるので どこまで害となるかはなんともいえないとのこと

    引き戸にしておけば 外して解放って状態が作れるので 引き違いにしようかと思ってます。上蓋の金網はあらいほうがいいんですね 小さめのものをえらぼうとしてました
    一応底は引き出し式にしておいて 勝手が悪ければ抜き取って 再加工ですかね。

    見た目的には集成材のほうがスタイリッシュですけどね~ 頼まれ物ですのでSPFで進めてみます。