MENU
HOBBYIST GARAGE
爬虫類の木製ケージ製作
フトアゴヒゲトカゲ・リクガメ・レオパなど爬虫類の木製ケージをオーダーメイドで製作しています。生体に優しいSPF材(無垢材)をメインで使用し、ご希望に合わせて塗装や特殊仕様などのカスタムも可能です。

フトアゴヒゲトカゲ用木製ケージの作り方 | 初心者でも自作できる爬虫類ケージ

木製自作ケージの設計図

フトアゴヒゲトカゲやレオパなどの爬虫類を飼育するときに必ず必要になるのが飼育ケージです。

飼育ケージにはガラスケージやアクリルケージなどいくつかの選択肢がありますが、僕が初めて爬虫類を飼うときに購入したのはフトアゴヒゲトカゲ用のガラスケージでした。

しかし爬虫類を飼育していくなかで、さまざまな理由からガラスケージへの不満がつのり早い段階で木製ケージを自作することにしました。

生体が増えて飼育ケージが必要になるたびに木製ケージを自作し、今後も木製ケージしか使用するつもりはありません。

ウォーキー

それくらい木製ケージが気に入ってます!

そこでこの記事では、木製ケージを自作するメリット・デメリットフトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)用木製ケージの作り方について詳しく解説します。

目次

木製ケージのメリットとデメリット

木製ケージにはメリットとデメリットがあるので、自作する前に把握しておくことをおすすめします。

メリットデメリット
保温力がある
調湿力がある
軽い
自作すれば安い
自作すれば自由度が高い
経年劣化(変色)しやすい
湿度や温度で伸縮する
湿気・水分に弱い
反りや歪みが生じやすい
自作すると大変

やはり木製ケージの最大のメリットは熱伝導率の低さがもたらす優れた保温力無垢材がもつ調湿効果です。

ただ使用する木材の種類によってはこの恩恵を受けることができない場合もあるので、木材選びには気をつけましょう。

木製ケージの材料はSPF材がおすすめ

木製ケージの材料のなかでとくにベースとなる木材選びは重要なポイントです。

ホームセンターに行くとさまざまな木材がありますが、木製ケージによく使用される木材は下記の3つです。

木製ケージに使用される木材
  • SPF材 ※もっともおすすめ!
  • 集成材 ※2番目におすすめ!
  • 合板 ※おすすめしません!
  • 化粧板 など

これまで自宅用やオーダー品などたくさんの木製ケージを製作してきましたが、木製ケージの自作におすすめなのはSPF材です。

SPF材を使用するメリット

理由はいくつかありますが、決め手となる理由は2つあります。

SPF材には接着剤が使われていない

ベニヤ板・OSB・シナランバーコアなどの合板に使われている接着剤には、ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)が含まれています。

人体への影響だとシックハウスなどの症状で有名ですが、犬や猫などのペットにも影響があるといわれています。

爬虫類へどのような影響があるのかはわかりませんが、接着剤を使用している合板の使用は極力避ける(使用量を減らす)のが望ましいと僕は考えているため、ベニヤ板・OSB・シナランバーコアなどの合板をメインの材料にするのはおすすめしません。

SPF材以外にも無垢材は販売されていますが、価格の面で断トツに安いSPF材がおすすめです。

SPF材は水分に弱いため、床板だけはある程度の耐水性があるものを選びましょう。

SPF材には優れた調湿効果がある

木材は湿度が高いときに湿気を吸収し乾燥しているときに水分を放出する調湿効果があり、なかでもSPF材などの無垢材の調湿効果はとても優秀です。

ベニヤ板・OSB・シナランバーコアなどの合板にも多少の調湿効果はありますが、無垢材ほどではありません。

この調湿効果は1年をとおして飼育ケージ内の湿度管理の手助けをしてくれます。

SPF材を使用するデメリット

SPF材にはデメリットもありますが、いずれも対策は可能です。

乾燥で収縮する

SPF材の木製ケージは使用していくうちに乾燥して収縮します。

すると木材同士の継ぎ目が広がり1〜2mmの隙間ができるので、飼育ケージ内の保温力に影響することがあります。

その場合は木材同士の継ぎ目に特殊な加工をすることで対策できますが、初心者には難しいかもしれません。

SPF材の特殊加工
SPF材の隙間防止加工

反りが激しい

SPF材はとても柔らかい木材なので、ものによっては反りや歪みが激しい場合があります。

木材の反りは木製ケージの歪みに直結するため、ホームセンターで購入するときはできるかぎり反り・歪みがないものを選別しましょう。

経年劣化(変色)が激しい

SPF材に限らず、木材は使用していくうちに経年劣化して変色します。

とくに無垢材のSPF材はコーティングされていないため変色しやすく、薄肌色から茶褐色へ変色します。

経年劣化を楽しむのも木製ケージの醍醐味だと思うのですが、変色が嫌な人は塗装をおすすめします。

木製ケージの設計図(図面)の作り方

爬虫類用木製ケージの図面

木製ケージに使用する木材が決まったら設計図(図面)を作ります。

ここで重要なのは、できるできないは別にして理想の木製ケージをイメージすることです。

ギドラ氏

妄想するのは自由だ!

こんなケージにしたい
  • 見た目をスタイリッシュにしたい
  • 通気性の確保と温度調整機能をつけたい
  • フロント面のガラス面を出来る限り広くしたい
  • 保温機具設置用パーツを完備したい
  • ケーブル類をまとめてすっきりさせたい
  • 天井は開閉式にしたい
  • ケージ専用台もついでに作りたい

理想の木製ケージの完成像がイメージできたら、設計図(図面)に落とし込んでいきます。

僕の場合は手書きでラフを書いてから、Adobeの「イラストレーター」というソフトで設計図(図面)を制作します。

木製ケージの完成図がいまいちイメージできないという人は、これまでに僕が製作してきた「木製ケージの製作例」を参考にしてみてください。

とくにDIY初心者にてっては、設計図(図面)の完成度ですべてが決まるといっても過言ではないので、時間をかけてしっかりと作り込みましょう。

ちなみに設計図(図面)を作る段階でビス打ちする場所も決めておくと組み立て作業がさらに捗ります。

ホームセンターでカットしてもらう場合はカット図も作っておきましょう。

設計図(図面)の作り方については「フトアゴヒゲトカゲ用自作木製ケージの設計図(図面)の作り方」で詳しく解説しています。

木製ケージの自作に必要な道具

木製ケージの自作には道具・工具が必要になります。

しかしこれがけっこう大変で、完璧にそろえようと思うとそこそこの金額になってしまいます。

ウォーキー

高い…

そこで最低限必要だと思う道具をリストアップしたので参考にしてください。

木製ケージの自作に必要な道具
  • インパクトドライバー
  • ドライバー(+-)
  • ノコギリ
  • サンドペーパー
  • 水平器

ホームセンターで木材をカットしてもらえばノコギリは不要ですが、いざというときに必要となることがあるので念のために持っていたほうがいいでしょう。

SPF材を自分でカットするときにおすすめなのが「ソーガイド」です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

これがあれば初心者でも簡単に真っ直ぐに切ることができるため、木製ケージの歪みがかなり軽減できます。

僕はいまだに「ソーガイド」を愛用していて、オーダーメイドで受注した木製ケージもすべてこれでカットしています。

ノコギリと同様に持っておきたいのがインパクトドライバーです。

ドライバーがあれば頑張って作ることはできますが、絶対にあったほうがいいです。

DIY以外でもけっこう出番はあるので持っておいて損はありません。

DIYに使う程度であればコード式のインパクトドライバーが安くておすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

木製ケージの作り方(製作例)

材料・設計図(図面)・道具が揃ったら木製ケージを作っていきましょう。

今回製作例として紹介するのは僕が人生で初めて作ったフトアゴヒゲトカゲ用の木製ケージです。

SPF材はホームセンターでカットしてもらったので、設計図(図面)とおりに組み立てていくだけです。

木製ケージに使用した材料
  • SPF材
  • OSB合板
  • アルミ平板
  • 金網
  • 曲板
  • 補助金具
  • L型フック
  • 蝶番
  • 掛金
  • 引き戸ガラス
  • ガラスレール
STEP
サンドペーパーでSPF材を磨く(サンディング)
SPF材をサンドペーパーで磨く

まずはSPF材をサンディングしていきます。

木材を使ったDIYではお決まりの作業であり、僕が一番嫌いな作業でもあります。

必須作業というわけでもありませんが、表面の汚れを落とせるだけではなく仕上がりが断然美しくなります。

サンディングは番手の違う3種類のサンドペーパーで順に磨いています。

サンドがけの手順
  1. #120番~#240 中目(ちゅうめ)でバリや汚れを落とす
  2. #280~#400 細目(さいめ)で下地を作る
  3. #400~#800 極細目(ごくさいめ)で仕上げる

使用するサンドペーパーはなんでもいいですが、僕は3Mの「耐水ペーパー」を愛用しています。

STEP
ケージ台を作る
木材に下穴を開ける

ケージ台のうえで木製ケージを組み立てて行ったほうが効率がよいので、まずはケージ台から作ります。

設計図(図面)をしっかりと作り込んでおけば組み立て作業はとても簡単です。

スリムビス

SPF材は柔らかく割れやすい木材なので「スリムねじ」がおすすめ。

ネジのトミモリ
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
下穴を開けたspf材

スリムねじ」を使用してもSPF材が割れてしまいそうな場合は下穴を開けます。

ケージ台の脚

土台となる脚はとても重要なので、しっかりと水平が保てるように慎重に作業を進めます。

また角が90度になっているかもケージ全体の歪みに関わる重要なポイントです。

ケージ台の枠組

次に脚同士を横桟で組んでいきます。この時も水平に気をつけながら慎重に。

完成したケージ台

最後にケージ台の天面のSPF材をビス打ちしてケージ台は完成です。

STEP
ケージ正面を組む
木製自作ケージの前面フレーム

木製ケージ本体の製作に入ります。

ケージの正面、ガラスの引き戸を取り付ける部分になります。

ここで気をつけたいのはしっかりと直角を出すこと。

ここが歪んでしまうとガラスを設置した時に隙間ができてしまいます。

スコヤ」などを使って90度になっているかを確認しながら作業しましょう。

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
STEP
ケージ側面を組む
自作ケージの側面

ケージ側面を組んでいきます。

通気口の金網は左右をSPF材で、上下はアルミの平板で挟みます。

自作ケージサイドのアルミ平板

アルミの平板はインパクトドライバーで穴を開けてからビスでとめます。

ここで図面に不備がある事に気付きました。

内側を見てみるとパーツが足りません…。

自作中の木製ケージの内側
自作中の木製ケージの内側

この部分は余ったSPF材をカットして埋めることにしました。

STEP
床面を組む
自作ケージの床にOSB材を使う

ケージ台のうえに床面に使用するOSB合板を設置し、側面と裏面の一番下になるSPF材をビスで固定します。

この段階からケージ台のうえで作業すると効率よく組み立てが可能です。

上から見た自作中の木製ケージ

そして正面のフレームも固定します。

どうでしょう、それらしくなってきました。

背面のSPF材

次に裏面の残りのSPF材を組んでいきます。

安価なSPF材だと幅にばらつきがあり、想定外の隙間ができてしまいました。

STEP
天面を組む
天井面の作成

ケージの蓋になる部分です。この上に金網を乗せて木枠で挟む作戦です。

まずは金網が落ちないように支えとなる柱を取り付けます。

この柱を使って暖突や保温球を設置しようと思います。

蓋用のSPF材にボルト穴を開ける

柱にボルトを通す穴を開けました。

この穴を使って暖突用の金具を設置します。

木製ケージの蓋

次に蓋のサイズに合わせて金網をカットします。

切り口が危険なので要注意です。

木製ケージの網蓋

木枠で金網を挟んでビスでとめていきます。

金網を引っ張りながら打つ必要があるので少しコツがいります。

自作ケージの蓋を作る

先ほど開けた穴にボルトを通して金網を固定すると、ゆるまずに綺麗に金網を張れます。

暖突を取り付ける金具

暖突設置用金具を取りつけます。

暖突は直接固定するのではなくスライドして差し込めるようにしました。

木製ケージの蝶番

最後に蝶番で本体と蓋を固定します。

蓋が大きいので耐久度を重視し大きめの蝶番にしました。

STEP
配線用の穴を開ける
ホールソーで穴を開ける

本来なら本体を組む前に開けるべきでしたが忘れてました…。

「30mmのビット」が配線孔にはちょうど良いサイズです。

STEP
ガラス引き戸を取り付ける
アルミのガラスレールをカットする

まずはガラスレールを取り付けます。

今回アルミのレールを使用したので糸のこぎりの金属用の刃で必要サイズにカットします。

多用途ボンド

カットできたら多用途で使用できる「ウルトラ多用途」で接着します。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ボンドは付けすぎるとはみでるので、気持ち少ないなと思うくらいがちょうどいいです。

ガラスレールをセメダインで取り付ける

5分もすれば固定され、一日置けば乾燥します。

乾燥すると透明になるのでハミ出していてもあまり気になりませんが、カッターで簡単に取り除くことができます。

オーダーガラス

オーダーメイドしたガラスを取り付けます。

3mmと決して厚くないガラスなので割らないように気をつけながら設置します。

オーダーガラス引き戸

見た目のよさからアルミレールを選びましたが、滑りが悪い。

ガラスレールはホームセンターで買えるプラスチック製のものがおすすめです。

STEP
仕上げ作業
滑り効果・傷防止シート
引きずっても大丈夫

設置場所がリビングなのでフローリングを傷つけないように「床キズ防止テープ」を貼りました。

コモライフ(Comolife)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
ケージとケージ台を固定する金具

木製ケージとケージ台のズレ防止(耐震)のために、100均で購入した金具で固定しました。

ケージの高さを調整

SPF材の反りが激しくケージが歪んでしまったので、滑り止めのゴムで調整しました。

水平器

最後に水平器で傾きを確認して問題なければ完成です。

木製ケージ完成

完成した木製自作ケージ
処女作にしてはなかなかの出来映え。
ギドラ氏

気に入った!

まとめ

SPF材はとても軽く初心者でも扱いやすいので、初めての木製ケージ自作にはとてもおすすめです。

しかし反りがないものを選ばないと今回のように木製ケージが歪んでしまうので、ホームセンターで購入するときはしっかりと選別しましょう。

この記事を読んで作ろうと思ったけどやっぱり無理そう…。

そんな人のために、木製ケージの製作を承っています。

興味のある人はぜひこちらをご覧ください。

爬虫類の木製ケージ製作 HOBBYIST GARAGE
  • 爬虫類を飼いたいけど飼育ケージがない…
  • 木製ケージが欲しいけど作れない…
  • この棚に置ける飼育ケージが欲しい…
擬岩バックボードもオーダー可能!
木製自作ケージの設計図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる