冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

メタハラ導入!フトアゴヒゲトカゲにソラーレ UV70を使った感想

ソラーレUV70のパッケージ

ソラーレUV70の本体は現在生産終了しています。

どんぐり氏が仮設住居からガラスケージへ引っ越ししました。ようやくフトアゴらしい生活が出来るようになったところで、かねてから導入を検討していたメタハラ・ソラーレ UV70を導入しました。

https://matchthebait.com/uv_light

早く設置したい気持ちを落ち着かせ、今一度フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)の飼育になぜ紫外線が必要なのか、なぜソラーレが良いのかをまとめたいと思います。

なぜフトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)に紫外線が必要なのか

私たち人間に限らずフトアゴヒゲトカゲ等のトカゲやカメと言った爬虫類の骨格もカルシウムによって構成されていて、このカルシウムが不足するとフトアゴヒゲトカゲはクル病(代謝性骨疾患)という恐ろしい病気になってしまいます。人間と同じくフトアゴヒゲトカゲにとってもカルシウムは重要な栄養素なのです。

カルシウムはただ大量に摂取するだけでは体内に吸収されません。カルシウムを体内に吸収するにはビタミンD3が必要になってきます。このビタミンD3は食べ物から摂る事も出来ますが、紫外線を浴びる事で体内に生成する事が出来るのです。紫外線を浴びる事で体内に生成されたビタミンD3がカルシウムを体内に吸収してくれる、こういう仕組みになっているんですね。

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)に必要な紫外線の種類

フトアゴヒゲトカゲに必要な紫外線にはUVBとUVAの二種類があると言われています。

UVB

前述したカルシウムを吸収するために必要なビタミンD3を体内に生成する紫外線がUVBです。

UVA

UVBとは違う波長の紫外線・UVAは食欲を増進させたり新陳代謝を促進させる効果があります。

野生のフトアゴヒゲトカゲには常に日光が降り注ぐため自然と健康を維持する事が出来ます。しかし飼育環境下のフトアゴヒゲトカゲはそうもいきません。そこでケージ内にメタハラ等の紫外線を照射できる紫外線ライトを設置して人工的に太陽を作り出す必要があるのです。

ソラーレ UV70を選んだポイント

安心の国産メーカー

株式会社スドーと言うメーカーが製造・販売していて、ハープクラフトと言うブランドの商品にあたります。爬虫類飼育の歴史が長い海外製の商品の経験や実績も信頼できますが、国産品というのも安心感があります。

有用紫外線を照射

前述したフトアゴヒゲトカゲに欠かせない二種類の紫外線・UVBUVAを照射します。また生物に危険とされているUVCは照射されません。

ホットスポットを作れる

通常の紫外線ランプだと熱を放射しないため、別途バスキングライトを設置してホットスポットを作る必要があります。しかしソラーレ UV70はバスキングライトの役割も果たし、たった一台で小さな太陽を作り出す事が出来ます。

交換球が比較的安価

メタハラの中では安い方だと言っても定価¥48,500(小売店だと¥30,000前後)と他の紫外線ライトに比べるとかなり高価な商品です。しかしこの値段は初期にかかる費用で、一度買ってしまえばあとは交換球を適当なタイミングで買い替えるだけになります。その交換球の値段も定価¥7,300(小売店だと¥5,000前後)と比較的安価で購入できます。

色温度6000K

この数値は昼頃の太陽光と同じ色温度とされています。もちろん本物の太陽には及びませんが、飼育環境下において人工的に太陽光を演出する事が出来ます。

思ったより電気代が安い

その性能や安定器の存在などから、他の紫外線ライトに比べて電気代が高いのではないかと思っていました。そこで直接製造メーカーである株式会社スドーに問い合わせたところ、一時間で消費する電気代が1.8円、一日10時間照射したとしても一日18円、月間でも540円と想定外の安さでした。

ソラーレ UV70の設置

紫外線とソラーレについて把握できたところで早速ソラーレを設置して行こうと思います。

開梱作業

ソラーレUV70のセット内容

新しい設備を導入する時はいつもこのパッケージの開梱作業が一番テンションが上がりますね。パッケージを開けると、専用ソケット・交換球・安定器が入っています。

専用ソケット

ソラーレUV70のソケット

手に取るとこのくらいのサイズ感です。ライトドームに比べるとスタイリッシュですが、それでもかなりの存在感です。

ソラーレUV70のクリップ

ソケットにはクリップがついているので設置場所の幅は広がりますが、本体の大きさから考えて通常サイズのケージ内に設置するのは不可能です。

交換球

ソラーレUV70の交換球

交換球を取り付けてみました。体育館でよく見る照明に似ています。というか体育館で使用されているのもメタハラだったような気がします。

安定器

ソラーレUV70の安定器

安定器は比較的コンパクトなのでケージ下のラックに設置する事が出来ました。起動中も特に音が気になる事はありませんでした。

生体との距離は40cm以上離して設置

ソラーレUV70を設置する

ケージの上に設置します。説明書によると生体から40cm以上離すように書かれていたので、100均で買って来たカゴを加工して台座に使いました。ちなみに今までの紫外線ランプに比べるとかなり紫外線が強いため照射時間は8:00〜16:00の8時間に設定しています。

色温度6000kの実力

ソラーレとパワーサンの比較

左がソラーレUV70、右がパワーサンUV100を設置しているケージです。写真で見ても色の違いが一目瞭然なのですが、実際に見るとかなり明るさに差があります。

十分な紫外線

ソラーレUV70のの紫外線量

ライトからバスキングスポットまでの距離45cmでもかなりの紫外線が照射されている事がわかります。今まで使っていた紫外線ランプとは比べ物になりません。パワーサンと比べても圧倒的な違いです。さすがメタハラですね。

生体(どんぐり氏)の反応

ソラーレUV70を浴びるどんぐり氏

筋トレ中?

設置当日は引っ越しの影響もあってかバスキングスポットに寄り付きませんでしたが、翌日からは一日中バスキングスポットに入り浸り状態です。

その効果は隣のケージにも影響し。。。

隣の紫外線を浴びたがるギドラ氏

隣から。

隣を覗き込むギドラ氏

メタハラを。

隣のメタハラが気になるギドラ氏

羨ましがる。

金網によじ登ってこっちを見るギドラ氏

ギドラ氏。

まとめ

率直な感想としては、ソラーレを導入して大正解だったと思います。どんぐり氏のケージは温度勾配も問題なく、日除けのシェルターや流木も設置しています。それでもソラーレ照射中は常にバスキングスポットにいて、ライトが消えると寝床である流木に移動する様子を見る限りよほどソラーレが気持ち良いのではないかと思います。

ただ、このソラーレは生体によって相性があるのではないかと思っています。というのも、あまりにもどんぐり氏が気持ち良さそうだっため、ギドラ氏のケージにもつい先日ソラーレを導入しました。パワーサンを導入したときのようにまたバスキングし続けるだろうと思っていたのですが、紫外線が強すぎるのか、光が明るすぎるのか、温度が気に入らないのかわかりませんが、ソラーレに変えてからバスキングを始めてもすぐにやめて、日陰に隠れてしまうようになりました。

日陰に隠れるギドラ氏

そんなに露骨に隠れる?

ちょうどソラーレを設置した日からギドラ氏が我が家に来て始めての脱皮を始めたので、もしかするとその影響があるのかもしれません。まだ設置して数日しか経っていないので照射距離や角度を調整したりしてもう少し様子を見ようと思うので、その後の様子はまたブログにて報告させて頂きます。

とは言えどんぐり氏との相性は抜群で、ソラーレを導入してから食欲も皮膚の発色もとても良くなり、とても活発でケージ内を走り回っています。安い買い物ではありませんが、愛するフトアゴの健康の事を考えると決して無駄な買い物ではなかったと思います。

追記:その後のギドラ氏

どんぐり氏に比べてソラーレにあまり当たらなかったギドラ氏ですが、どうやらソラーレの熱量でバスキングスポットに設置していた溶岩プレートが熱くなりすぎてしまっていたようです。そこで溶岩プレートの上に少し大きめのバスキングストーンを設置してみたところ、ちょうどいい温度になったようでしっかりとバスキングしてくれるようになりました。

バスキングをするギドラ氏

満足げなギドラ氏。

MEMO

残念ながら2016年にソラーレUV70の生産終了が決まりました。メーカーに確認したところ交換球の生産は継続するとのことなので私のようなヘビーユーザーも安心です。

すでにメーカーには在庫がなく店頭と問屋にある分で最後なので気になる方は早めの確保をオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう