フトアゴ用ハーネス3色入荷しました!!
飼育用品

爬虫類におすすめの紫外線ライトを比較してみた

溶岩プレートでリラックスするギドラ氏

先日の記事でもお伝えした通り、現在ギドラ氏のケージでは紫外線ライトとバスキングライトの二つの役割を果たす事ができるパワーサンUVというライトを使用しています。使用開始から二週間程度しか経っていませんが相変わらずギドラ氏の調子もよく、この商品に関しては全く不満は感じていません。

あわせて読みたい
パワーサンとライトドーム
ズーメッド パワーサンUV(水銀灯)を使ってみた感想と評価フトアゴヒゲトカゲのケージにZOOMED・パワーサンUV(100W)を導入しました。熱と紫外線(UVA・UVB)を同時に照射するセルフバラスト水銀灯の効果はいかに!?...

現在自作中の木製ケージが完成したらギドラ氏はそこに引っ越し、今ギドラ氏が住んでいるガラスケージにはどんぐり氏が入居予定です。

今どんぐり氏の仮設ケージには以前ギドラ氏が使用していた紫外線ライトとバスキングライトを使用しているのですが、パワーサンUVを使ってみて紫外線ライトとバスキングライトが一体化したライトがとても使い勝手が良いので、引っ越しのタイミングで新調してあげようと検討中です。

紫外線ライトの候補紹介

パワーサンUVは特に下調べなく購入した結果とても良い商品だったのですが、もしかすると他にももっといい商品があるのでは?という疑問が出てきたので色々と調べてみました。メーカー公式のスペックや口コミなどを元に一体どの選択肢がベストなのかを熟考した結果、下記の選択肢が候補に挙がりました。

パワーサンUV

やはりこのライトは第一候補に挙りました。ギドラ氏のケージでその効果は実証済みなので、安心して使用できます。ただ600幅のケージでは若干オーバースペックで夏場の温度の管理が難しいのが難点。夏場だけでも上手く凌げる事が出来れば全く問題ありません。

ソラーレUV

以前から気になっているメタハラです。実は先日爬虫類ショップでメタハラについて少し相談したところ、やはりメタハラの中ではこのソラーレUVが一番お勧めとの事でした。常連のお客さんもソラーレを導入してから明らかに生体の様子が変わり、比べ物にならないくらい活発になったそうです。

難点としてはやはり値段が高い事。

ただ交換球がそれほど高くないので長い目で見ればもしかすると他のライトよりコスパは高いのかもしれません。

あわせて読みたい
ソラーレUV70のパッケージ
爬虫類用メタハラ・ソラーレ UV70を使ってみた感想と評価フトアゴヒゲトカゲの飼育ケージに爬虫類用メタハラ・ソラーレUV70を導入しました。爬虫類に紫外線が必要な理由やソラーレUV70の特徴、設置手順などをご紹介します。...

現在は生産中止となっています。

レプティサン10.0UVB + バスキングライト

紫外線ライトについて調べていると、このレプティサン10.0UVBの評判が良く爬虫類ショップの店員さんもお勧めしていました。紫外線のみの照射になるのでバスキングライトも必要になってきますが、低いワット数の選択が可能なので季節によって使い分ければ夏場の温度管理が容易になります。

ただし、紫外線ライトだけでなくバスキングライトも設置する必要があるので若干スタイリッシュさには欠けます。

あわせて読みたい
バスキングライト
600幅の飼育ケージに最適なバスキングライトを比較検証爬虫類の飼育ケージ(600mm)に最適なバスキングライトを比較検証してみました。...

決め手はランニングコスト

この選択肢から選ぶ上でやはり決め手になってくるのはランニングコストです。交換ライトの価格差や電気代などの違いで長期スパンで考えるとどのくらい差が出てくるのかをシミュレーションしてみました。

本体価格はAmazon価格を参考にしています。またランプの交換の時期(寿命)の設定ですが、パワーサンとレプティサンはメーカーが360日(一年)ごとの交換を推奨していたのですが、ソラーレは3000時間使用時で紫外線量が40%まで低下するとされていました。実際に一年後に紫外線を確認しなければ正確な事はわかりませんが、おそらく微量でも一年間は持つと推測し比較しやすいように交換時期は360日に統一しました。レプティサンと併用するバスキングライトは年三回の交換を想定しています。電気代はこちらのサイトで計算しています。

商品名 パワーサン ソラーレ レプティサン タイトビーム
本体価格 ¥9,233 ¥32,395 ¥4,150 ¥1,040
交換球 ¥9,233 ¥4,637 ¥4,150 ¥1,040
ワット数 100W 81W 20W 50W
年間電気代 ¥9,504 ¥7,704 ¥6,660
ライト寿命
(一日12時間使用)
360日 360日 360日 120日
初期費用 ¥9,233 ¥32,395 ¥5,190
一年間使用時 ¥27,970 ¥44,736 ¥19,120
二年間使用時 ¥46,707 ¥57,077 ¥33,050
三年間使用時 ¥65,444 ¥69,418 ¥46,980
四年間使用時 ¥84,181 ¥81,759 ¥60,910
五年間使用時 ¥102,918 ¥94,100 ¥74,840

※ソケット代は含んでいません
※個人的にシミュレーションした数字なので正確な数字とは異なる可能性があります。

あくまで目安の数字ではありますが、これを見ると答えが出てきた気がします。

パワーサンUV or ソラーレUV

本体価格を比べると三倍の価格のソラーレですが、交換球と電気代の差で三年以上利用すればソラーレの方がお得と言う事になります。紫外線の照射量や色温度もソラーレの方が優れていて、爬虫類ショップでの評判も良いのでソラーレが一気に第一候補に躍り出ました。

ソラーレUV or レプティサン10.0UVB + バスキングランプ

毎回のランプ交換費用が若干ソラーレの方が安いため、十年以上使うとソラーレの方がお得になります。ただ、そんなに本体の寿命が持つのかわかりません。この手の機具は五年持てば良い方だと思うので、コスト的に考えるとレプティサンの方が上と判断しました。ただ、紫外線の照射量や色温度、爬虫類ショップでの評判を考えるとソラーレにも魅力を感じます。

まとめ

結論から申しますと、、、ソラーレUVの導入を決めました!

どうしても高価と言うイメージが強かったメタハラですが、ソラーレUVであれば長い目で見ると他の選択肢と価格面で大差なくメタハラの恩恵を受ける事が出来ます。また爬虫類愛好家の経験談からも生体への効果にもかなり期待できそうなので、やはり導入しない手はないと判断しました。まずはどんぐり氏のケージで使用してみて、満足いく商品であればギドラ氏にも購入してあげようと思います。

あわせて読みたい
ソラーレUV70のパッケージ
爬虫類用メタハラ・ソラーレ UV70を使ってみた感想と評価フトアゴヒゲトカゲの飼育ケージに爬虫類用メタハラ・ソラーレUV70を導入しました。爬虫類に紫外線が必要な理由やソラーレUV70の特徴、設置手順などをご紹介します。...
ABOUT ME
ウォーキー
ウォーキー
デザイン・イラスト制作/アーティストグッズ企画・製作/ライブハウス・音楽レーベル運営から趣味ブログまで、色んな事をクリエイトしています
木製ケージにしませんか?
木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

気になる価格や仕様をチェック