フトアゴヒゲトカゲにおすすめの紫外線ライト

フトアゴヒゲトカゲの飼育には欠かせない紫外線ライト。各メーカーから様々な商品が販売されていて、いざ買おうとしてもどれを選べば良いかわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は爬虫類用の紫外線ライトの種類・特徴をまとめ、これまで私が使用した中からおすすめの紫外線ライトをご紹介します。

紫外線ライトについて知ろう

どんな種類がある?

きなこさん
紫外線ライトには色んな種類があるの知ってるかい?
どんぐり氏
知らん!!

フトアゴヒゲトカゲなど、砂漠系の爬虫類飼育に使用される紫外線ライトは大きく分けて4種類に分類することができます。

  • コンパクト型
  • 直管型
  • 水銀灯
  • メタルハライドランプ

それぞれ特徴や価格が違うためどれがベストかは一概に言えませんが、予算を度外視するのであればメタハラ一択です。(理由は後ほど!)

商品名の数字は紫外線量(公称値)

ハテナ
10.0とか8とかの数字は何なの!?
どんぐり氏
知らん!!

紫外線ライトの中には商品名に10.0や5.0などの数字が記載されていることがあります。これは全光量の何パーセントの紫外線(UVB)が出ているかを表しています。

10.0→全光量の10%、5.0→全光量の5%
この数値が大きいほど紫外線量が多いということになりますが、数値はあくまでもメーカーの公称値で、実際に照射されている紫外線は実測してみないとわかりません。
ちなみに私は下記サイトの測定結果を参考にさせていただいているのですが、商品によっては公称値と実測値にかなり違いがある場合も…。
1.023world

いつか機会があれば・・・と思っていた爬虫類用UVB蛍光ランプの測定が一通り済みましたので、データを公開しておきます。もち…

可視光線ライトを併用しよう

爬虫類にとって紫外線と同じく重要なのが可視光線(明るさ)です。紫外線ライトは紫外線が強くなればなるほど可視光線が弱くなってしまいます。

きなこさん
つまり、ケージが暗くなるわけ
どんぐり氏
いやだ!!

10.0や5.0の紫外線ライトは人間には明るく見えていても、本来太陽光の下で生活している爬虫類にとっては明るさが十分ではないんですね。人間がずっと曇り空や薄暗い部屋で生活するみたいな感じでしょうか。

また、可視光線(明るさ)が足りないと瞳孔が開きっぱなしになり、紫外線が網膜にダメージを与えてしまう恐れもあります。

紫外線ライトの明るさ比較

そこで登場するのが可視光線ライトです。この写真は紫外線ライトと可視光線ライトを照射していますが、明るさが全然違います。実際に人間の目で見てもここまでの差は感じられませんが、爬虫類にとっては大きな違いなのでしょう。

爬虫類用の可視光線ライトは微弱の紫外線を照射するタイプのものが多く、2.0と表記されている物などがそれにあたります。また爬虫類用ではない普通の蛍光灯を使用する人もいるようです。

コンパクト型

コンパクト型の紫外線ライト

比較的安価で購入できるのがコンパクト型紫外線ライト。我が家でも初めて使用したのはコンパクト型でした。

コンパクト型の紫外線ライトでおすすめなのは【ビバリア スパイラル UVB デザート 26W】です。他のコンパクト型に比べて紫外線がズバ抜けて強いのが特徴です。

ケージの上に設置したコンパクトトップ

ベーシックな設置方法は【コンパクトトップ】を使用する方法。複数の紫外線ライトを併用することで紫外線を強化することができますが、明るさが足りないようであれば可視光線ライトを併用します。

しかしこの設置方法だと、生体との距離が遠い上にケージ蓋のメッシュが紫外線をかなり遮ってしまいます。蓋のメッシュをカットして紫外線を遮らないように加工すればかなり改善されると思いますが、脱走される恐れがあるのでおすすめできません。

もう一つの設置方法が【ビバリア 太陽NEO】を使用してケージ内に設置する方法。この方法であれば生体との距離も近く、メッシュで紫外線を遮られることもありません。

ビバリア
¥2,020(2019/12/16 00:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

このままだと光が全方向に分散してしまい飼育者の目に良くないので、【ランプカバー】の併用をおすすめします。

ライトによってはサイズが合わないこともあるので要注意!!

ただやはり明るさは不足するため可視光線ライトを併用するのがおすすめです。

スパイラル型は目に悪い!?

私が最初にギドラ氏のケージで使用したのは【ジェックス エキゾテラ レプタイルUVB150 26W】だったのですが、使用直後からギドラ氏が頻繁に目を閉じるようになりました。最初は気持ち良さそうに見えたので気にしていなかったのですが、片目だけ閉じたりするようになり明らかに様子がおかしい事に気がつきました。

ギドラ氏
苦手なんよ

ギドラ氏以外にもスパイラルタイプの紫外線ライトを使用中に目を閉じてしまう例があるようなので、個体によって相性があるのだと思っていたのですが、可視光線不足が原因になっている場合も考えられます。もし同じような症状が出た場合は、可視光線ライトを併用する事で改善できるかもしれません。

直管型

家庭の蛍光灯でもお馴染みの直管型の紫外線ライトです。コンパクト型よりも強い紫外線を照射するのが特徴です。また照射範囲も広くケージ全体に紫外線を照らすことができます。

直管型で一番おすすめの紫外線ライトは【レプティサン10.0UVB 】です。世界で初めて爬虫類用の紫外線ライトを開発したZooMedの紫外線ライトで、爬虫類のトップブリーダーも認める優等生。直管型の中では紫外線の強さがトップクラスで52cmの距離まで紫外線が届きます。

個人的には【UV MASTER LEVEL8】もおすすめ。我が家で愛用しているメタハラ【ソラーレUV70】と同じスドーという国産メーカーの紫外線ライトです。8.0にも関わらずレプティサン10.0UVB に匹敵する紫外線の強さを誇り、とにかく明るい!

また国産メーカーの中では【ビバリウムグロー パワーUVB 20W】もおすすめです。こちらは我が家では現在もトゲオアガマのケージで使用中です。

ビバリウムグローの設置例

我が家では【ニッソー カラーライト】を使用して設置しています。単品だとやはり明るさが足りないので、同メーカーの【ビバリウムグロー ソフトUV】を併用しています。

水銀灯(安定器内蔵型)

通常紫外線ライトは赤外線を照射しないため必ずバスキングライト(可視光線と赤外線)を併用する必要がありますが、水銀灯は強力な紫外線・可視光線・赤外線の全てを照射するオールインワンの紫外線ライトです。

中でもおすすめなのは【ZOOMED パワーサンUV】。使用開始直後から生体に明らかな変化があり、紫外線ライトの重要性を実感するきっかけにもなりました。

ケージ上に設置したパワーサンUV

紫外線が分散しないように【ライトドーム】などのランプカバーを使用して設置するのが基本ですが、かなりの大きさなのでケージ内ではなくケージ上に設置することが多いようです。

関連記事

強い紫外線を必要とする爬虫類の飼育には、通常紫外線ライトとバスキングライトを設置してバスキングスポットを作る必要があります。さらに保温球を設置するとケージ内がごちゃごちゃして見栄えもあまりよくありません。なんとかならないかな…と思っ[…]

パワーサンとライトドーム

パワーサンUVは100Wと熱量が多いため狭いケージではオーバースペックになる可能性があります。その場合、ゼンスイの【ソーラーラプター マーキュリーランプ】の80Wもおすすめです。

メタルハライドランプ

メタハラの呼び名でお馴染みの紫外線照射器具です。水銀灯と同じく、紫外線・可視光線・赤外線を照射し、特に紫外線と可視光線は強力!ただ赤外線はそこそこと言った感じなので、トゲオアガマなどのように高温のバスキングスポットが必要な場合は別途バスキングライトで補助する必要があります。

メタハラの中でおすすめなのが【スドー ソラーレUV70】。現在我が家のフトアゴケージは4台全てこのメタハラです。

関連記事

ソラーレUV70の本体は現在生産終了しています。フトアゴヒゲトカゲのどんぐり氏が仮設住居からガラスケージへ引っ越ししました。ようやくフトアゴらしい生活が出来るようになったところで、かねてから導入を検討していた爬虫類用メタ[…]

ソラーレUV70のパッケージ

残念ながらすでに本体が廃盤になってしまっているため、店頭に出回っている物が完売してしまったら購入することができません。交換球は今後も販売を続けるとのことですが、こちらもいつ廃盤になるかわかりません。

対抗馬としてよく比較されるのが【ゼンスイ ソーラーラプター】です。ソラーレに比べると本体・交換球ともに値段が高いため敬遠してきましたが、ソラーレ亡き今注目せざるを得ません。

メタハラには安定器が付いてくる

ソラーレUVの安定器

メタハラは非常に強い紫外線と明るさを照射する反面、安定器が外付けのため設置場所を考慮する必要があります。また安定器自体がかなりの熱を持つ点にも注意が必要です。

とにかく明るいメタハラ

メタハラの明るさを比較

左がメタハラ、左が水銀灯です。これはもう一目瞭然、メタハラは圧倒的な明るさです。この明るさが生体の活性にも繋がり、抜群の発色を見せてくれます。

交換球の寿命が長い

メタハラは交換球の寿命が長いのが特徴です。例えばソーラーラプターの場合、メーカー公称4000時間が寿命となっています。1日8時間ほど照射した場合は約16ヶ月、1日10時間ほど照射した場合でも約13ヶ月使用することができます。もちろん徐々に紫外線は減少していくとは思いますが、元々の紫外線が強いのでそれほど気にすることはありません。

本体は高いけど、ランニングコストは安い

メタハラが敬遠される大きな理由に価格の問題があります。メタハラの中でも比較的安い部類でもあるソラーレUV70でも30,000円程度と、初心者には手を出しにくい価格になっています。しかしメタハラは一台で紫外線ライト・バスキングライトを兼ねてくれるのでその分電気代を抑えることができます。

70Wの場合、1日10時間の照射で月間5〜600円程度

まとめ

最もおすすめなのはやはりメタハラです。初期投資は大きいですが、長い目で見ると決して高くはないと思います。次におすすめなのは直管型紫外線ライト。可視光線ライトの併用は必須ですが、トゲオアガマたちの状態も良好です。コンパクト型は…もう使うことはないと思います(笑)

紫外線ライトについて長々とまとめてはみましたが、やはり一番良いのは太陽光です。紫外線ライトは補助的な立ち位置として、日光浴が可能な季節はできる限り日光浴させるのが理想的です。

木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

バスキングをするフトアゴヒゲトカゲ
フォローして最新情報をチェック!