フトアゴヒゲトカゲに適したバスキングストーン

バスキングストーンを見るギドラ氏

フトアゴヒゲトカゲなどの爬虫類にとって『バスキングスポット』は欠かす事が出来ない重要な場所である事がわかりました。

フトアゴヒゲトカゲ(爬虫類)のバスキングスポットとは一体何なのか・なぜ必要なのかをご紹介します。

今回はそのバスキングスポットを作る要素の一つである『バスキングストーン』について書こうと思います。

スポンサーリンク

バスキングストーンとは?

バスキングストーンに乗るどんぐり氏

バスキングライトの下に設置する石の事を『バスキングストーン』、又は『ウォームストーン』と呼びます。

バスキングライトの直下に設置する事で熱を吸収し、バスキングしている生体をお腹側から暖める事が出来ます。

バスキングストーンに求めるポイント

私はバスキングストーンを選ぶ際、次の四つの条件をクリアしているかを確認します。

  1. 熱を吸収しやすく保温力がある
  2. 平置きした時にぐらつかず安定している
  3. 生体がお腹を暖めやすい形状
  4. 生体にマッチするビジュアル

①〜③までをクリアしていれば流木やシェルターなど、石以外のものでも構いませんが、私は④を重視するため天然石をお勧めします。

我が家のバスキングストーン

それではここで私の条件を全てクリアし、実際に使用しているバスキングストーンを紹介します。

ギドラ氏のバスキングストーン

バスキングスポットのギドラ氏

ギドラ氏のケージでは大きな山のような物と平らな物の二つの天然石を組み合わせてバスキングスポットを作っています。

岩の上のギドラ氏

山の上でポーズを決めるギドラ氏。

この山のようなバスキングストーンはビジュアルが格好良かったので飾りのつもりで設置したのですが、気付いたらいつもこの上に乗って隣のどんぐり氏の様子を監視しています。

バスキングストーンの上にいるギドラ氏

贅沢に両方使っちゃうギドラ氏。

バスキングストーンが二つとも大きいため単体だと熱の吸収が悪く30℃くらいまでしか暖まりません。そこでバスキングストーンの下に溶岩プレートを敷いています。

こちらを見るギドラ氏

ちょっと涼むギドラ氏。

こうする事で熱吸収の良い溶岩プレートがスポット全体の温度を上げてくれてちょうど良い温度に調整できます。さらにこの設置方法だとバスキングスポット内でも温度勾配がつけられるので、ギドラ氏がその時の気分に合わせてバスキングをする事が出来ます。

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類に溶岩プレートがオススメです。なぜオススメなの?どこで入手できるの?溶岩プレートに関する様々な疑問を解決します。

どんぐり氏のバスキングストーン

バスキングスポットにいるどんぐり氏

どんぐり氏も大きめの天然石の下に溶岩プレートを敷いてバスキングスポットを作っています。

お腹を暖める事ができるバスキングストーン

お腹も暖まる。

筒状の形状をしていますが長細くなっていてサイズも丁度いいのでどんぐり氏もバスキングしやすそうです。ちなみにこの石に巡り会うまでに三ヶ月も色々な爬虫類ショップを探し歩きました。

バスキングストーンの入手方法

山や川に拾いに行く

大分県の山奥の川

お金をかけずに入手するなら自分で山や川に拾いに行くのが手っ取り早いです。現場には大量に石が落ちているので選びたい放題で、時間がどれだけあっても足りません。経験上、上流へ行けば行くほど素晴らしい天然石を発見する事が出来ますが、費やす時間と労力・交通費を考えると買ってしまった方が良いかもしれません。

爬虫類ショップで買う

ショップで購入するとなるとやはり爬虫類ショップで探すのが一番良いと思います。ただ、爬虫類ショップの天然石はバスキングに適している物をしっかりと選別していない事も多く、理想の形状の物に出会うには根気が必要になりそうです。

またバスキングに適しているサイズや形状の物はそれなりの値段がついている事が多いので、それなりの出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

MTB SELECTで買う

MTB SELECTは当ブログMATCH THE BAITが厳選したセレクトアイテムを販売するセレクトショップ(ウェブストア)です。種類はまだ少ないですが、フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類のバスキングに適したバスキングストーンを厳選して販売していますので、ぜひ一度ストアへお越し下さい。

バスキングストーン販売ページへ

まとめ

フトアゴヒゲトカゲ等の爬虫類にとってバスキングストーンはかなり重要なアイテムになってきます。生体を暖めるだけでなく、脱皮中に生体が体を擦り付ける事で脱皮の手助けになる事もあるので、もしまだバスキングストーンを設置していないのであればこの機会に設置を検討してみるのはいかがでしょう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう