冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

フトアゴヒゲトカゲの値段・餌・寿命・飼育方法など

フトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲとは?

生態

学名
Pogona vitticeps
英名
Bearded dragon
分布
オーストラリア中央部〜南東部

オーストラリア中央部〜南東部の乾燥地帯に生息するアガマ科のトカゲです。現在ペットショップで販売されているフトアゴヒゲトカゲは人の手でブリーディング(繁殖)された個体で、野生の個体が流通する事はありません。

大きさは?

MEMO
フトアゴヒゲトカゲは孵化後の成長ステージに合わせて呼び方が変わります。
ベビー
〜20cm
ヤングアダルト
20cm〜35cm
アダルト
35cm〜

個体差はありますが、アダルトになると約40cm〜50cmほどになります。ただこの半分は尻尾なのでそれほど大きさは感じません。ちなみに我が家のどんぐり氏は45cm(孵化後約1年のオス)ですが、まだ少しずつ成長しているようです。フトアゴヒゲトカゲの成長はとても早く、ベビーの頃から飼育していると日に日に大きくなるのが実感できます。

また60cmを越える「ジャーマンジャイアント」というモルフ(※後述)も存在します。

寿命は?

環境の良い飼育下であれば10年〜15年も生きると言われています。もちろん個体差はあると思いますが、出来る限り長生きしてもらうためには良い環境作りが大切です。

餌は何を食べる?

フトアゴヒゲトカゲは雑食で、主にコオロギやデュビア等の昆虫や野菜を食べます。飼育下では成長ステージに合わせて餌を変えるのが一般的です。

ベビー(〜20cm)
昆虫をメインに与え、野菜やフードに慣れさせる。
※頻度:毎日
ヤングアダルト(20cm〜35cm)
昆虫に加え、野菜やフードの割合を増やす。
※頻度:毎日
アダルト(35cm〜)
野菜・フードをメインにしおやつ感覚で昆虫を与える。
※頻度:数日おき

飼育者によって餌の与え方や頻度は様々ですが、アダルト以降の餌の与え過ぎには注意が必要です。可愛さのあまり昆虫ばかり与えすぎてしまうと肥満になり、病気のリスクも上がります。

昆虫が大好物

コオロギ・デュビア・ミルワームなどが大好物です。比較的繁殖し易いので節約のため繁殖する人も多いようです。

コオロギを待つどんぐり氏
コオロギの繁殖に挑戦!産卵床を作ろう

与えても良い野菜

小松菜・豆苗・インゲン・カボチャ・オクラ・ニンジン・ちんげん菜など。

餌皿に盛った野菜
フトアゴヒゲトカゲが好んで食べる野菜と与え方

与えてはいけない野菜

アクの強い野菜・タマネギ・ネギ・ニンニクなど。

果物も大好き

フトアゴヒゲトカゲはオレンジ・イチゴ・バナナなどの果物も大好物です。ただ果物ばかり与えると味を覚えてしまい野菜を食べなくなるので、たまにおやつ程度に与えるのが理想です。

水分補給も大事

野菜や果物から水分補給は出来ますが、野菜を食べない個体には直接水分補給させる必要があります。

日光浴をするギドラ氏
爬虫類も喉が渇く!フトアゴヒゲトカゲの水分補給

どんな種類がいる?

フトアゴヒゲトカゲにはレザーバック・シルクバック・トランスなどたくさんの種類(モルフ)が存在します。

ハーネスを付けたどんぐり氏
フトアゴヒゲトカゲの種類(モルフ)

人に懐く?

人に懐くことはありませんが、人に馴れる事はあります。性格にも個体差があり一概には言えませんが、人が個体にストレスをかけない事を最優先して接すると将来的に人馴れした個体になると思います。

ハンドリングされるフトアゴヒゲトカゲ
爬虫類は人に懐く?フトアゴヒゲトカゲのハンドリング

糞は臭い?

昆虫を主食とするベビー〜ヤングアダルトの糞の臭いは特に臭く、野菜主食に切り替わってからもやはり臭いです。

賢い?

犬のように芸を覚えたりはしませんが、自分のケージの場所を覚えたり、餌を食べ分けたりと記憶力はあるようです。

飼育にはどんな設備が必要?

飼育ケージ・紫外線ランプ・バスキングランプ・保温ランプ・床材・餌入れ・水入れ等が必要になります。

フトアゴヒゲトカゲの飼育道具一式
フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なケージや紫外線ライト等の飼育セット

飼育にはどのくらいお金がかかる?

設備費用

導入するセット内容にもよりますが、良い環境を作ろうと思うと細かな物を含め¥40,000〜¥70,000くらいかかると考えておいた方が良いでしょう。

生体費用

数千円〜数十万まで、大きさや種類(モルフ)によってかなり値段にばらつきがあります。目安としてはベビーで¥6,000〜¥30,000くらい(稀少種除く)が相場のようです。生体が成長するほど値段が上がる傾向がありますが、最近はベビーから飼いたい人も多く一概には言えないようです。

電気代

飼育環境や季節によって変わりますが、大体月¥1,000〜¥2,000ほど上がるイメージです。

餌代

ベビー〜ヤングアダルトの成長期は毎日コオロギやデュビアを与える必要があるので、野菜やフードを含めると¥3,000〜¥5,000はかかります。

診察費用

怪我や病気になった時は動物病院での診察費用がかかります。また生後半年くらいになったら寄生虫検査含めて健康診断をしておくと安心です。

病院に行く前のギドラ氏
フトアゴヒゲトカゲの病気や怪我をチェック!ギドラ氏の健康診断

初めてのフトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲの飼育をご検討されている方はぜひこの記事をご覧下さい。

フトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲ初心者が生体をお迎えする前にしたこと
フトアゴヒゲトカゲの飼育道具一式
フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なケージや紫外線ライト等の飼育セット
フトアゴヒゲトカゲの飼育ケージ内セッティングと温度設定
ギドラ氏のパッキング
ようこそ我が家へ!初めてのフトアゴヒゲトカゲのお迎え

飼育方法

飼育環境・温度設定

フトアゴヒゲトカゲの飼育環境の良し悪しはケージ内の温度管理で決まります。

自作シェルターに乗るどんぐり氏
900幅ケージでフトアゴを買う時の飼育設備や適切な温度設定

爪切り

フトアゴヒゲトカゲも爪が伸びます。伸びたままにしておくとトラブルの元になる可能性も。

フトアゴヒゲトカゲの爪
怪我やトラブルを防ごう!フトアゴヒゲトカゲの爪切り

温浴

脱皮不全の防止や水分補給にもなる温浴を実施している飼育者は多いようです。

温浴をするフトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲに温浴させる理由と方法

 まとめ

このブログではこれまでフトアゴヒゲトカゲに関する記事をたくさんアップしてきましたが、記事数が多くなるにつれて目的のページを探すのも一苦労。そこで今回は記事への誘導も兼ねて、改めてフトアゴヒゲトカゲについてまとめてみました。

私も含め来週の東レプでフトアゴヒゲトカゲのお迎えを考えている方も多いようです。生体・設備を含めると決して小さな出費ではありません。万全の状態でお迎えするためにこの記事を役立てて頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう