冬の保温に!溶岩プレート大量入荷!!

ギドラ氏引っ越し大作戦!爬虫類用の木製ケージを自作するメリット

流木に登るギドラ氏

ここ最近、気温の上昇と共にギドラ氏が非常に活発化してきました。特に日光浴後は部屋中を走り回り、今まではリビングから出る事はなかったのですが、どんどん活動範囲を広げています。その傾向はケージ内でも同じで、朝一のまだ暗い時間から流木に登ってみたり、ケージ内をぐるぐると歩き回ったりしています。 現在600×450×450のガラスケージを使用しているのですが、最近のギドラ氏を見ていると少し手狭になってきたかなと感じてきました。そこでもう少しのびのびと生活してもらうために、900幅のケージを自作して引っ越しさせようと決心しました。

木製の自作ケージをDIYしようと決めた理由

ガラス製より温度管理しやすい

我が家は冬場も暖房を使わないため、現在使っているガラスケージだと冬場かなり冷え込みます。もちろん暖房をつけたり、保温機具を増やしたり、段ボールを敷いたり、保温シートを巻いたりと対策は可能ですが電気代も手間もかかります。しかし木製ケージだと、素材自体に保温性があるので冬場の保温効果に期待できます。逆に夏場はどうなのでしょう?保温効果があると夏は高温になってしまうのでは?という不安もありますが、そこは自作ケージの強みを生かして解決します。

使い勝手や機能性を重視し、自由自在に設計できる

これから夏に向かいますが気温上昇と共にケージ内の温度管理も難しくなってきました。ギドラ氏のケージも天井のメッシュ部分を半分塞いでいた暖突を撤去し通気性を向上させたのですが、それでも日中の温度が冬場に比べるとすぐに上がってしまいます。現在のガラスケージだと側面も全面ガラスなのですが、例えばこの部分をメッシュにすれば通気性も上がり、メッシュ部分をいつでも塞げるようにしておけば冬場の保温もバッチリ!

このように自作ケージは、何から何まで自分の思い通りに設計する事が出来ます。市販のケージを使っていて『ここがこうなっていたらいいのに…』『ここにこれがあればいいのに…』と言った小さな不満を全て解決できるのです。

とにかく安く作れる

現在使用しているハチクラオリジナルのケージの900×450×450タイプを購入すると26,000円もかかりますが木製の自作ケージだとおそらく半額以下の価格で作れてしまいます。(※工具は除く)この差額13,000円で何が出来るかを考えてみると、この差額は大きいです。

日光浴後のギドラ氏

日光浴を堪能し、部屋中をランニングするため自ら部屋に戻るギドラ氏。

まとめ

以上のような理由から自作ケージをDIYしない手はないと言う結論に達しました。しかし今回木製ケージを自作しようと決心した一番の理由は、ただ単にDIYしたいんです。DIYが好きなんです!ということで、木製自作ケージの企画に入りたいと思います。

続きはこちら

https://matchthebait.com/diy-cage-2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう