初めてのフトアゴヒゲトカゲ-セッティング編-

フトアゴヒゲトカゲ(ヴィティキンスドラゴン)のお迎えに備えて爬虫類倶楽部にて飼育セットを購入しました。すぐにでもお迎えしたいところですが、その前に飼育ケージをセッティングし飼育環境を整えようと思います。

今回セッティングする飼育セットは「初めてのフトアゴヒゲトカゲ-飼育セット編」をご覧ください。

関連記事

1月に爬虫類倶楽部でフトアゴヒゲトカゲと対面し、Lovelyフトアゴ生活入りを決めてから2ヶ月後。春も近付いて来たと言う事でそろそろ受け入れ時期を考え始めました。4月上旬に1週間ほど休暇をとり旅行に行くので生体の受け入れはそれ以降になるとし[…]

フトアゴヒゲトカゲの飼育セット

シェルターや流木などを使ったケージ内の見た目にこだわるのも醍醐味ですが、ここはやはり家主であるフトアゴの住みやすさを最優先してのセッティングを心がけます。

1.飼育ケージを設置する

ケージは完成品なので養生を外せばすぐに使えますが、難航したのはケージを置くケージ台探し。天板サイズに関しては定番サイズなので問題ないのですが、我が家の設置場所は高さに制限があり高さ30センチくらいがベスト。なかなかちょうどいい高さの台が見つかりませんでしたが、ホームセンターで発見したアイリスオーヤマのメタルラックのパーツを組み合わせると、セット販売してもいいんじゃないかと言うくらいのピッタリサイズになりそうな予感。

ケージ台になるメタルラック

天板とケージサイズが1ミリの差もなくピッタリなので、四隅のポールが天板を突き出るとそもそも置く事が出来なくなってしまうので不安でしたが大丈夫でした。ただ天板が思ったより滑りやすく、このままケージを置くとかなりあぶないので四隅に滑り止めを付けます。

滑り止め

ケージを設置してみるとこんな感じですこのケージ専用台なのではないかというくらい見事なマッチ具合。見た目もブラックが映えてクールです。

飼育ケージを置いたケージ台

2.保温球・バスキングライトを設置する

バスキングライトと保温球

人によっては保温球とバスキングライトをそれぞれ逆サイドに設置する人もいるようですが、ケージ内に温度勾配を作るために片側に寄せました。

バスキングライトに関しては「600幅の飼育ケージに最適なバスキングライトを比較検証」でも詳しく解説しています。

関連記事

空き家になっていたギドラ氏の古巣である600幅のケージに新たな生体を迎え入れると決めたものの、まだ何を迎え入れるかは決めていません。しかし候補になっている爬虫類はほぼフトアゴヒゲトカゲと同じ飼育環境で問題はなさそうなので、早速設備を整えてい[…]

バスキングライト

3.紫外線ライトを設置する

ケージの上に設置した紫外線ライト

紫外線ライトはケージのフタの上に乗せるタイプです。フタの網を通すので紫外線が弱まるのではないかと少し不安ですが、あと二つランプを追加する事も出来るのでとりあえず現状で様子を見る事にしました。

紫外線ライトに関しては「フトアゴヒゲトカゲにおすすめの紫外線ライト」で詳しく解説しています。

関連記事

このブログではこれまでフトアゴヒゲトカゲに関する記事をたくさんアップしてきましたが、記事数が多くなるにつれて目的のページを探すのも一苦労。そこでこのページではフトアゴヒゲトカゲに関する記事への誘導も兼ねて、改めてフトアゴヒゲトカゲについてま[…]

フトアゴヒゲトカゲまとめ

4.暖突を設置する

蓋の網に暖突を取り付ける

ケージ全体の保温を補助してくれる「暖突(だんとつ)」はフタの網に直接ビスで止めます。フタを取り外し裏返してビス止めするのですが、配置をよく考えないと紫外線ランプが隠れてしまいます。さらにこのままだと保温球とバスキングランプとの真上に来てしまい、片側だけ高温になってしまうので保温球とバスキングランプは逆側に移動しました。

暖突を取り付け終わった飼育ケージ

特徴や設置方法は「爬虫類の保温器具・暖突(だんとつ)」で詳しく解説しています。

関連記事

冬になるにつれてどんどん気温が下がり、爬虫類にとっては厳しい季節がやってきます。特に真冬はケージ内の保温に気をつけなければなりません。我が家のフトアゴヒゲトカゲのケージは全て保温球と暖突Mを併用して保温しています。爬虫類の保温器具の[…]

暖突Mサイズ

5.サーモスタット(タイマー付き)を設置する

ケージ横に設置したタイマーサーモ

このサーモスタットにはタイマーサーモの二つのソケットが付いています。時間で管理をしてくれるタイマーソケットにはバスキングランプ紫外線ランプを、温度で管理をしてくれるサーモソケットには保温球暖突を差し込みたいのですが、ソケットがそれぞれ一つずつ足りないのでタコ足を使用しました。温度計はケージ内で一番温度が低くなる場所に設置しました。

6.バックボードを設置する

ケージに設置した炭化コルクボード

炭化コルクボードをバックボードとして使用します。サイズがやや大きいのでカッターでカットするのですが、コルクの屑が出るわ出るわ。カットしていない部分からも無限に出てきます。これはちょっと想定外。せっかく買ったのでしばらくは様子を見ますが買い替え候補です。雰囲気はいい感じなのに残念です。

7.床材・シェルター・流木などをレイアウト

シェルター・流木を設置したケージ内

床材にはデザートサンド等雰囲気が出る床材を使いたかったのですが、飼育に慣れるまでは手間のかからないペットシーツを使用する事にしました。シェルターはバスキングライトの直下に置きバスキングスポットに。選定に一時間かかった流木もイメージ通りです。餌入れ・水入れは実際にフトアゴヒゲトカゲが来てから設置する事にしました。

8.ケージ内の環境づくり

起床時間・就寝時間を設定する

サーモスタットのタイマーで自動管理出来ます。我が家では起床9時・就寝21時に設定しました。これで9時〜21時まではバスキングライトと紫外線ライトが照射されて昼間を再現できます。

設置するライトによって照射時間が指定されている場合があります。

温度を設定する

フトアゴヒゲトカゲの飼育で重要なケージ内の温度。ケージ内の色んな場所の温度を計り、出来る限りケージ内で温度勾配が出来るように調整しますが、これがなかなか難しいんです。

ライトの角度や場所を変えながら調整するのですが、なかなか理想の温度環境になりません。どう調整してもバスキングスポットの周辺の温度が50℃を超えてしまうのでハチクラセットに付属していたバスキングランプのワット数を75ワットから50ワットへ変更。すると全てが理想の温度環境になりました。

現在バスキングスポット直下が35℃〜40℃。ケージの中間あたりが30℃、一番涼しいところで25℃といった感じです。サーモの温度は最低気温を27℃に設定する事でこの温度環境を保つ事が出来ました。バスキングライトと紫外線ライトが消えている21時〜翌9時までは25℃〜28℃くらいになるように設定し、ケージ内にも夜を再現します。

9.暗幕(目隠し)を巻く

我が家ではケージをリビングに設置しますが、就寝時間21時以降も明るいため目隠しになる布を巻く事にしました。ユザワヤへ行き遮光生地を探したのですが、オーダーメイドになってしまうと言うことで断念。なるべく光を通さない黒い生地を探しました。実際に店の蛍光灯で透かしながら光を通さない布を選び購入。

暗幕で覆った飼育ケージ

ユザワヤなどの生地屋さんで遮光生地を買うと高くついてしまうことがあるので、ネットで撮影用の暗幕を探したが安く購入できます。

まとめ

不慣れな事ばかりでしたが機材の役割を理解してからセッティングしたのでスムーズに設置出来たと思います。予習って大事ですね。この環境でしばらく試運転し、24時間正常に温度管理出来ているかを確認しましたが問題はありませんでした。

そしてついに念願のフトアゴヒゲトカゲを迎え入れる時が来るのです。

関連記事

飼育環境のセッティングを終え、フトアゴを迎えに行く日までケージの試運転を継続し受け入れ態勢は万全です。セッティングの様子は前回の「初めてのフトアゴヒゲトカゲ-セッティング編」をご覧ください。[sitecard subtitle=関連[…]

パッキングされたフトアゴヒゲトカゲ
関連記事

このブログではこれまでフトアゴヒゲトカゲに関する記事をたくさんアップしてきましたが、記事数が多くなるにつれて目的のページを探すのも一苦労。そこでこのページではフトアゴヒゲトカゲに関する記事への誘導も兼ねて、改めてフトアゴヒゲトカゲについてま[…]

フトアゴヒゲトカゲまとめ

木製ケージ製作します

木製ケージにしたいけど、作り方がわからない!作る時間がない!道具がない!そんな方のために、爬虫類用木製ケージをオーダーメイドで製作致します!!

セッティングと環境作り
フォローして最新情報をチェック!